5月21日土曜日日本超音波医学会第95回学術集会:新人賞表彰式

5月20日から3日間、名古屋国際会議場で日本超音波医学会第95回学術集会が開催されました。宮崎大学のチームも参加・発表し、活気ある学術集会でした。
会場にて、昨年10月3日宮崎開催の九州地方会で第11回新人賞候補に選出された研修医2年目の三嶋悠佳先生の演題発表・表彰式が執り行われました。おめでとうございます!指導にあたった山村先生、お疲れさまでした。これからも頑張りましょう。

テキストのご案内 ー新 いまさら聞けない 心エコー図ー

新 いまさら聞けない 心エコー図
ーメジカルビュー社ー

この本は、”日々のちょっとした疑問”や”今さら面と向かって聞きづらい疑問”を心エコー図のエキスパートの先生方が答えてくださるような一冊です。
当教室教授 渡邉望も、長友慶子先生(宮崎大学医学部内科学講座循環器・腎臓内科学)や木村俊之先生(宮崎市郡医師会病院循環器内科副部長)と共に、心エコー図を見る際の注意すべきポイントやコツについて執筆しています。ぜひ手に取ってみてください。

医学研究者育成専門委員会委員長賞!!

昨日行われた「医学研究者育成コース研究発表会」では、4名の学生の口頭発表と3名の学生のポスター発表がありました。学長や医学部長をはじめ、多くの長先生方、研究者育成コースに参加している学生などが聴講する中、堂々とした発表を行う当研究室の学生2人。するどい質問を受けるという経験をすることもできました。
そして、医学研究者育成専門委員会委員長賞を見事に受賞♪
おめでとう!
後輩にとってもいい刺激になったようで、来年は僕もと闘志を燃やしておりました。
ちなみに、、、発表での質問を受けて、さっそく追加実験に取り掛かっています。

良い機会をいただけたことに感謝です。

テキストのご紹介 ‟ハートバルブ・カンファレンス”

弁膜症診療の”キモ”がわかる ハートバルブ・カンファレンス
渡邉教授が編集・執筆に携わった本がメジカルビュー社から発売されています。

この本は、各症例に対するチーム・カンファレンスの内容が会話形式で表示されており、治療方針の決定の流れがわかりやすくなっています。症例提示用に用いたデータが画像だけでなく、動画でも確認できるようになっているので、より実践的な形で見ていただけるのではないかと思います。ぜひ手に取ってみてください。

アメリカ心エコー学会発刊テキストのお知らせ(渡邉教授チャプター執筆)

ASE’s Comprehensive Echocardiography, 3rd ed.
アメリカ心エコー学会(ASE: American Society of Echocardiography)のテキスト最新版が発刊されました。第2版に引き続き、Takotsubo cardiomyopathy -chapter75- を渡邉教授が担当しています。

Takotsubo cardiomyopathy(たこつぼ心筋症)とは、突然発症する左心室心尖部の一過性収縮低下をきたす心疾患のことです。左室収縮末期像がたこつぼに似ていることから命名されました。