日本超音波医学会 第31回九州地方会学術集会

2021年10月3日(日)、シーガイアコンベンションセンターにて開催予定でありましたが、この度完全WEB開催とし、盛会のうちに終えることができました。ありがとうございました。

沢山の演題登録をいただき、予定されたすべてのプログラム・演題を無事に配信し、九州地区内外から多くのみなさまにご参加いただけたのは、おひとりおひとりのご理解とご協力のおかげと、心より感謝申し上げます。

各賞の受賞者をHPに掲載しています。

大学院生募集中!

私達と一緒に臨床・基礎研究をやってみませんか?

循環動態生理学講座では、様々なテーマでの研究をしています。宮崎大学のスローガンである、「世界を視野に、地域から始めよう」をモットーに、国際的なフィールドで、宮崎発のアカデミックな研究成果を発信していくことを目標にしています。

教室紹介

  • 開学以来、生理学一般に関する医学生教育に力を入れるとともに、微小循環、凝固線溶系の基礎研究において多くの業績を残してきた教室です。納豆やミミズに含まれる線溶酵素に血栓症の予防効果があることを見出すなど、宮崎発のユニークな研究でも知られます。近年は分子細胞生理学的な技術を用いたテーマに取り組み成果もあげてきました。
  • 2021年4月からは、基礎研究に加え、循環動態生理学分野として、循環器関連の診療科のほか、産婦人科教室や獣医学科とのコラボレーションによる共同研究を行うなど、診療科の垣根を超えた、また基礎と臨床を融合した形での領域横断型の幅広い研究テーマでの活動に取り組んでいます。

教授紹介

渡邉 望(わたなべ のぞみ)

Nozomi Watanabe, MD, PhD, FJCC, FACC, FESC

2021年4月1日に、機能制御学講座循環動態生理学分野 教授として赴任致しました。私は、1990年に始まった宮崎医科大学(当時)のいわゆる「ユニーク入試」一期生として入学した第17回卒業生です。先々代の美原 恒教授と先代の丸山眞杉教授には、医学部在学中に学生としてお世話になりました。研修医の1年目を過ごしたのち大学を離れ、この春24年ぶりに母校に戻ってきました。 私は循環器内科医で、専門は心臓超音波(心エコー図)です。特に弁膜症に関しては専門的立場として国際的フィールドで活動し、心臓外科医やカテーテル治療医と共に先進医療に携わってきました。アカデミックな分野では、主に冠循環生理や心血行動態、弁膜疾患などの心臓疾患に関連する病態生理をテーマに研究を進めてきました。現在はCirculation: Cardiovascular ImagingというAHA(American Heart Association)発刊の国際トップジャーナルのAssociate Editorとしての責務を担い、学術的な分野での経験を積んでいます。
  • 医学博士
  • AHA Journal, Circulation: Cardiovascular Imaging Associate Editor
  • 日本内科学会認定内科認定医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本心エコー図学会SHD心エコー図認証医
  • 日本心エコー図学会認定心エコー図専門医
  • 日本超音波医学会認定超音波専門医
  • Fellow of the American College of Cardiology
  • Fellow of the Japanese College of Cardiology
  • Fellow of the European Society of Cardiology
  • 日本循環器学会九州支部評議員
  • 日本心臓病学会代議員
  • 日本心エコー図学会理事
  • 日本超音波医学会理事・九州地方会運営委員長
  • 日本心臓弁膜症学会運営委員

教室員紹介

准教授 Associate Professor

中島 融一

Yuichi Nakajima, DVM, Ph.D

専門分野
生理学、分子生物学
資格
博士(獣医学)
所属学会
日本生理学会
日本分子生物学会
日本血栓止血学会
日本癌学会
日本がん分子標的治療学会
研究主題
老化したがん間質細胞とがん微小環境との相互作用 新規老化因子としてのチミジンホスホリラーゼの解析
細胞の老化は発がん抑制機構の一つとして知られてきた。しかし近年、老化細胞は単に細胞増殖を停止しているだけでなく、SASP(senescence-associated secretary phenotype)と呼ばれる現象を引き起こし、慢性炎症や加齢性疾患の一因となることがわかってきた。現在、がん領域で研究をしてきたThymidine phosphorylaseの細胞老化と個体老化への影響をKOマウスや分子生物学的な手法を用いて解析をしている。

助教 Assistant Professor

Radha Madhyastha

Ph.D

Field of Specialty
Molecular Biology
Qualification
Ph.D. (Zoology)
Ph.D. (Medicine)
Membership
Japanese Society for Wound Healing
Physiological Society of Japan
Japan Society on Thrombosis and Hemostasis
Fellowships/Awards/Recognitions
Japanese Government Monbusho Invited Research Fellow
Women Researcher Encouragement Award, University of Miyazaki
Research Theme
Role of microRNAs (miRNAs) in inflammation and wound healing. MiRNAs are major regulators of gene expression and have clinical importance both as biomarkers and therapeutic targets. Currently, I am investigating the molecular mechanisms / signal pathways that are involved in the synergistic interaction between miRNAs and inflammasomes, that result in chronic inflammation and poor healing of dermal wounds. In addition, I am also investigating the efficacy of phytochemicals to negate the miRNA-inflammasome interaction, and thus prevent chronic inflammation.
It is my passion to inspire and encourage young women researchers to take up an active research career in medical sciences. Thanks to JST (Japan Science and Technology Agency)’s Sakura Science Plan, this dream is being realized. So far, about 50 young women researchers, teachers and students from India have had the privilege of visiting our department for hands-on experience and interaction with Japanese women researchers working at the University of Miyazaki. I look forward for many more successful exchanges.

助教 Assistant Professor

Harishkumar Madhyastha

Ph.D, FBRSI

Field of Specialty
Bio-interface mechanism of nanodrug.
Qualification
Ph.D. (Bioscience)
Ph.D. (Medicine)
Membership
Japanese Society for Biomaterials
Physiological Society of Japan
Japan Society on Thrombosis and Hemostasis
Biotechnology Research society of India
Society Biomaterials and Artificial Organs India.
Nepal Biotechnology Society
Fellowships/Awards
University Grant Commission- Junior research Fellowship-India
Senior research fellowship- Council of Scientific and Industrial research-India
Fellow- Biotechnology Research Society of India.
Patents
Indian Patent on Spirulina Cultivation and Technology
Japanese Patent on Hyuganatsu metabolites
Research Theme
Interdisciplinary area of medical science and environmental pollutants. I am studying the potentials of nano sized and surface modified metallic biomaterials for tissue regeneration in the area of cardiovascular disease, dermatology and osteoporosis; and revealing the bio-interface mechanism mainly focusing on tissue stress and its resilience mechanism.
I am a fellow of Biotechnology Research Society of India (FBRSI). I am currently engaged with Indo-Japan collaborative projects on environment and human health funded by the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS). I am appointed as a support member of Public Relations Office to focus on International Relations of University of Miyazaki, and am mainly taking a role as an Indo-Japan academic spokesperson. I am happy to be able to contribute to the international outreach programs like Sakura Science Plan (SSP), and Semester Abroad Project (SAP).
  • 大学院生 Doctoral Course

    Queen Intan Nurrahmah

    MSc

    I’m a fourth-year PhD student. My current research focuses on understanding the molecular mechanisms of bioactive components in LPS-infected wounds and analyzing the functional role of microRNA as a biomarker of treatment failure or as therapeutic agents for successfully treating non-healing infected wounds. I’m also studying the molecular mechanisms of nano-naturaceuticals in inflammation management. When I’m not in the lab, I like to picnic and spend my time with my family and cooking.
  • 大学院生 Doctoral Course

    Bethasiwi Purbasari

    MD

    I am a graduate student pursuing my Ph.D. in medicine. My Ph.D. dissertation research focuses on the role of cholinergic agonists in macrophage inflammasome modulation. I intend to be a physician-scientist because integrating the two disciplines can integrate biomolecular research and medical science to be used in the clinical application for patient care. This department motivates me to accomplish my goal because they have extensive experience collaborating with many international experts in various fields. In my spare time, I enjoy watching movies with my family.
  • 技能補佐員(研究補助・事務担当)

    丸山智子

    Tomoko Maruyama, MSc

    今までの経験を活かして研究室のサポートができ、嬉しく思います。学生時代は、両生類の個体発生と体液調節にかかわる膜タンパク質の変遷について研究をしていました。日々のコミュニケーションで英語力がUPしている気がします!自分の世界が広がる研究室です。
  • 共同研究大学院生 Master’s Course

    松永悠里

    Yuri Matsunaga, RDCS

    獣医内科学研究室 所属 社会人大学院1年目です。 臨床検査技師ですが、専門は微生物検査なので、生理学は研修の頃を思い出しながら再勉強中です。猫4頭と暮らしていて、写真の子は今年20歳になるおじいちゃんです。
  • 共同研究大学院生 Master’s Course

    松﨑美南

    Minami Matsuzaki

    フロンティア科学総合研究センター生理活性物質探索病態解析分野所属 管理栄養士免許を取得後、大学院に進学しました。渡邉先生をはじめとする素敵なメンバーとの出会いに恵まれ、毎日楽しく過ごしています。今後は心エコーや血圧変動性について貪欲に学びを深めていこうと思います。 (写真は趣味の部屋キャンプで焼いたパンケーキです。涼しくなったら外のキャンプに行きたいです。)
  • 医学研究者育成コース

    原田和将

    Kazumasa Harada

    医学部医学科3年 研究室の明るくて優しい雰囲気に心惹かれ入室しました。素晴らしい先生方の下で多くの事を吸収し、将来役立つような技術や知識(特に心エコー)を身に付けたいです。学生の特権を使い幅広く様々な事に挑戦します!
  • 医学研究者育成コース

    成竹祐季

    Yuki Naritake

    医学部医学科1年 本大学の教育システムの一つである研究者育成コースに参加し、研究に取り組んでいます。研究室の雰囲気は国際色豊かで自分の英語力を試せる場だとワクワクしています。まだ未熟ではありますが先生達にしっかりとついていって努力していこうと思います。
  • 医学研究者育成コース

    渡邉知佳

    Chika Watanabe

    医学部医学科6年 文系の大学を卒業後、2年間の社会人経験を経て医学部に進学しました。循環動態領域が大の苦手だった私ですが、かねてから密かに憧れていた渡邉先生に偶然学外実習でお会いしたことが、入室のきっかけです。心エコー図検査を通しながら多くの症例を経験させていただく中で、心血行動態のダイナミックな変化を目の当たりにし、だんだんと循環動態領域の奥深さ、面白さに惹かれていきました。 学会での症例発表など、少し前の自分には夢にも思わなかったような世界に挑戦させていただいています。この恵まれた環境で、精一杯勉強し多くのことを学んでいきたいと思います。