6月29日(土)開催!弁形成セミナー日本心臓弁膜症学会@web

日本心臓弁膜症学会会員限定の特別セミナー『弁形成セミナー』が6月29日(土)に開催されます。今年のテーマは”人工腱索How to and why”
弁形成術のエキスパートが大集結し、みなさんがどのような理論に基づいて、人工腱索を用いた再建術を行っているのかを共有していきます。
まだ会員ではないよという方は会員登録をしていただき、是非ご参加ください。熱い時間を共有しましょう!
詳しくは日本心臓弁膜症学会HPへ

6月22日に 川南町福祉まつりに参加します!

6/22(土)川南町総合福祉センターにて川南町社会福祉協議会が主催する、第66回川南町社会福祉大会が開催されます。
本大会は、長年にわたり社会福祉活動の発展に功労のあった方々を表彰し、福祉関係者がこれからの福祉のあり方について考えることを目的に開催します。
また、社会福祉大会と共に川南町福祉まつりが同時開催されます。
10時からはキャラバン隊・隊長の渡邉望先生が『かくれ心房細動』ゼロ!!作戦をテーマに講演を行います。
事前申し込みで6/13(木)締め切りです。(申し込みについてはこちらから)
川南町福祉まつりでは、福祉に関するブースの出展や動物ふれあいコーナー、飲食ブースなど楽しいブースがたくさん出展します!
キャラバン隊も心電図モニターチェックとロコモ度チェックで参加します。
皆様是非遊びに来てください!

詳細は以下をご覧ください↓

6月9日(日) 宮崎大学医学部音楽祭開催@清武半九ホール

今年も恒例の医学部音楽祭が開かれます。
顧問を務める管打楽器部が今年も40名以上の迫力の演奏を披露します。医学部の勉強をしながら練習時間を確保し、皆で心を合わせて音楽を奏でる医学生の姿は、本当に輝いていて、毎年元気をもらいます。
入場無料ですので、皆さんどうぞお立ち寄りください。
今年開講50周年を迎える宮崎大学医学部、これからもどうぞ応援してくださいね。
<50周年記念CM☆サークル編>

Wishing a bright future!

インドのVIT大学より修士の特別研究生として留学しているVaishnaviさん。留学期間である5か月はあっという間に過ぎ、帰国の日がやってきました。とても努力家で、何事にも積極的に取り組んでいました。研究の腕と日本語の上達がすさまじく、明るい雰囲気を作り上げてくれていました。ありがとう。日本語と英語を交えての楽しいランチも思い出の一つです。
この教室での経験が今後の力となりますように。Wishing you a bright future!

日本心エコー図学会 in 姫路!

4月19日-21日の3日間、日本心エコー図学会第35回学術集会が開催されました。レトロモダンなアクリエ姫路の開放的な会場で全国から集まった仲間が笑顔で行き交い、大会長:川合宏哉先生のカラーで彩られた学術集会でした。川合先生肝入りの地域の絆セッションは九州沖縄がトップバッター。磯谷先生・坂本先生の司会で私たちのこれからに続くとても良い時間となりました。宇宿先生、當間先生、ご講演ありがとうございました!
私が主催する九州沖縄循環器画像診断アカデミーは、各県基幹病院のエコーラボをハブとしてクリニックまでつながる蜘蛛の巣のイメージで立ち上げました。今回心エコー図学会で九州沖縄地区の絆とエネルギーをしっかり感じ、とても嬉しく思いました。それぞれの県に合った形でネットワークを育て、地域の力を皆で上げていきたいですね。

宮崎大学からの発表はディスカッションも充実し、やり遂げた喜びと共に新たな出会いもあり、明日の力になったと思います。また来年に向けてハートセンター一丸となり頑張って行きたいですね!
その他、委員長を務める学術プロジェクト委員会セッションでは、まさかの尾辻豊先生研修医時代!の写真から始まる「回想〜私の初めての論文」と言う、普段聞くことのできない貴重な内容でした。論文を世に残すことの大切さと共に、今をときめくリーダーの先生方にも皆「初めての一本」があったことが伝わり、励ましになったのではと思います。
また、私が座長を務めた「心エコー図を外科手術に活かす」では、最前線で活躍されている内科医外科医から素晴らしい画像とともに手術に必要な知識やコツを学び、私自身も新たな学びを沢山いただきました。
海外学会の仲間も多く参加され、活気にあふれた3日間でした。川合先生、ありがとうございました!(渡邉)

日本心エコー図学会学術集会 in 姫路:九州沖縄の皆さん、地域の絆セッションに集合!

4月19日(金) ~ 21日(日) にアクリエ姫路で日本心エコー図学会第35回学術集会が開催されます。
今回、大会長 川合宏哉先生の肝入りで、地域の絆をテーマにしたセッションが企画されました。
九州沖縄地区は熊本大学の宇宿弘輝先生にセッション構成を担当していただき、次世代を担う若手の先生方にご登壇いただきます。
九州沖縄地区ならではの繋がりと元気を発揮できると期待しています。
私は応援隊長として最前列で参加します🚩
九州・沖縄地区の皆さん、
「九州・沖縄の絆を心エコーで結ぶ」
19日金曜日 午後4時50分~【第5会場】
に集まりましょう!!!横断幕も大歓迎です!
その他の地区の皆さんも、それぞれの地区のセッションがありますのでチェックして下さいね。
(渡邉)

ハートセンターNEWS

附属病院ハートセンター心エコー検査室に新しい仲間が加わりました!
これから一緒に勉強し、皆でハートセンターを盛り上げていきます。
日々の診療に加え、学会発表にも積極的に取り組みます。今年度もよろしくお願いいたします!

研究発表@第88回日本循環器学会

循環動態生理学教室が発足して早3年、教室での研究も少しずつ形になってきました。そして今回、今までの研究成果を第88回日本循環器学会において発表しました。興味を持ってくださった先生から質問をいただきました。ありがとうございます。
また、博士課程生のソウミヤさんも積極的に質疑を行っており、この3日間でいろんなことを吸収してきたことが、彼女の様子からも伝わってきました。次回大会で発表できるよう、これからも頑張っていきましょう。

循環器内科・ハートセンターからも多くの発表があり、当教室博士課程の木村先生(宮崎市郡医師会病院)も2演題発表、論文作成に取り掛かっています。
医師会病院時代から共同研究を続けていた産業医科大学の赤司先生は国際YIAで2位を獲得されました。おめでとうございます!
日本循環器学会は国際学会であり、留学生の活躍する場も沢山あります。
これからますます皆で力を合わせ、宮崎大学循環器グループとして世界に発信していきます!

研究発表の他には、渡邉教授がAssociate Editorを務めるAHA journalのCirculation: Cardiovascular Imagingのオリジナルセッションが昨年に引き続き開催され、Editor-in-ChiefのGropler先生、シドニー大学の根岸先生と共に、編集の裏話や日ごろ聞けないトップジャーナル掲載のヒントなど、楽しく学ぶセッションになりました。AHAのCEO, Ms. Nancy Brownも参加され、大変いい交流の機会となりました。
来年の学術集会に向けて今年度もひとつひとつの課題に取り組んでいきますので、応援お願いします!

3月9日(土)は脈の日!3月9日~3月15日(金)は心房細動週間です‼

3月9日から3月15日は心房細動週間です。
これを機に自己検脈を習慣づけてみませんか?
元気家族が自己検脈を行ったところ…

つづきはキャラバン隊ホームページ4コマ漫画をチェック。

さて、宮崎県庁では心房細動週間にあわせて、3月9日(脈の日)に県庁本館がライトアップされます!日没後から午後10時まで赤色のライトで照らされます。
お近くの方は是非見に行ってくださいね。

また、えびの市では市役所ロビーで『心房細動週間』におけるパネル展を実施します。みやざき健康キャラバン隊ポスターや自己検脈ポスターなども設置される予定です。

心房細動週間を通して心房細動について知ってもらい、脳卒中予防の為の健康習慣に取り組んでもらえると嬉しいです。

修士論文審査会

先日、当教室所属の修士学生の審査会が行われました。2年間取り組んできたことをまとめ、発表することはやはり緊張しますね。審査いただく先生方からは鋭い質問の他、今後の展開につながるような問などをいただきました。ありがとうございます。
この2年間で得たものを活かして、二人がそれぞれに活躍してくれることをこれからも応援しています!お疲れ様でした☆