Welcome to

宮崎大学医学部解剖学講座
超微形態科学分野
Department of Anatomy, Ultrastructural Cell Biology
Faculty of Medicine, University of Miyazaki, Japan

バイオメディカル電顕リサーチサイト Bio-Medical EM Research Website

子顕微鏡の優れた空間分解能を活用しながら、iPS細胞をはじめとする再生医療研究を加速し、
その臨床応用に資する『再生臓器品質電顕評価システム』を構築すると共に、
最新ゲノム編集技術の応用研究に寄与する『細胞形態/組織構築電顕評価システム』を提供します

バイオメディカル電顕リサーチサイトへ 
Bio-Medical EM Research Website 

iPS細胞由来血小板製剤開発と臨床応用に資する電子顕微鏡解析
Electron Microscopical Evaluation of iPS Cell-Derived Human Blood Platelets for Clinical Transfusion

京都大学iPS細胞研究所(CiRA):江藤浩之教授ラボならびに株式会社メガカリオン、株式会社日立ハイテクとの産学連携事業として、iPS細胞由来血小板製剤開発と臨床応用の早期実現に向け、血小板とその前駆細胞である巨核球の超微形態解析を遂行しております。

詳しくはこちらをご参照下さい

標的生体物質の局在を可視化する新たな金ナノ粒子標識法の開発
Novel in situ Strategy for Biomedical Target Localization via Nanogold Nucleation and Secondary Growth

酵素抗体法を用いて免疫組織化学染色された光顕用パラフィン切片に塩化金酸処理を施して形成された金ナノ粒子を成長させ、標的生体物質の局在を電子顕微鏡で容易に可視化する新たな金ナノ粒子標識法を開発しました。

Coming soon!

光顕用パラフィン切片から
高解像で立体構築を可視化

低真空 走査型電子顕微鏡
LVSEM:Low Vacuum Scanning
Electron Microscopy

組織や細胞の簡便・迅速な
形態学的品質評価を可能に

走査型電顕 反射電子撮像
BSEM:Back Scattered
Electron Microscopy

細胞内の微細構造解析には
最高位の空間分解能を応用

透過型電子顕微鏡
TEM:Transmission
Electron Microscopy

再生組織を構築する細胞の
微細構造を立体的に可視化

走査型電顕 二次電子撮像
SEM:Scanning
Electron Microscopy


ヒト末梢血:血小板電顕試料作製法
EM sample preparation of
          human blood platelets

ヒト末梢血:血小板電顕試料作製法へ 


接着性培養細胞:電顕試料作製法
EM sample preparation of
          adhesive cultured cells

接着性培養細胞電顕試料作製法へ 

監修・制作協力:公益社団法人 日本顕微鏡学会
DVD全3巻「動画で分かる!細胞が見える!電子顕微鏡解析技術」

最新の再生臓器開発研究における形態分化や、ゲノム編集技術の応用がもたらす形質変化をはじめ、細胞単位の微細構造を可視化する電子顕微鏡(電顕)解析が果たす役割は計り知れません。初歩的な試薬調整法から高度な技術を要する超薄切片作製に至るまで、丁寧に撮影された動画と説明スライドの組み合わせによって分かり易く解説されており、これから電顕解析を始められる方にお奨めです。
「動画で分かる!細胞が見える!電子顕微鏡解析技術」ウェブサイトへ



厚切りパラフィン切片 高解像立体画像集
Informative 3D Imaging of Cell/Tissue Architectures




宮崎大学フロンティア科学総合研究センター バイオイメージングラボ
  Bio-Imaging Laboratory in Frontier Science Research Center

CLEM:Correlative Light and Electron Microscopy
光顕スクリーニング観察から得られた最適な視野を電顕レベルで狙い撃ち!

形態学的解析では、まずはじめに光学顕微鏡レベルで観察対象の全体像を掌握し、その上で電子顕微鏡レベルで詳細を観察することが推奨されます。また、学術論文においても、光顕画像と並んで同一視野の電顕画像が提示できれば説得力が上がります。トルイジンブルー染色を施した準超薄切片を光顕で観察・撮影し、樹脂に再包埋して電顕解析を行うCLEM:Correlative Light and Electron Microscopyの概要を紹介します。

Coming soon!


金コロイド結合抗体調製法
Peparation of Colloidal Gold
         Conjugated Antibody

Coming soon!


金コロイド結合抗体標識法
Immunolabeling with Colloidal Gold
         Conjugated Antibody

Coming soon!

   RESEARCH 研 究

電子顕微鏡の優れた空間分解能を活かし、美しい「生命のかたち」を探究しています

電顕超微形態解析
Electron Microscopy

最新の電子顕微鏡を駆使しながら細胞の超微形態解析に取り組んでいます

高圧凍結技法
High-pressure Freezing

超微形態と生体物質の保存に優れた高圧凍結技法の応用研究に取り組んでいます

免疫電顕標識
Immuno-Gold Labeling

標的物質を金コロイド結合抗体で標識し、電顕レベルで局在を明らかにします

研究業績
Publications

これまでに発表された学術論文リストをご紹介します

大学院生(博士課程/修士課程)募集
Accepting Graduate Students ( Ph.D. course/ Master's course )

大学院生(博士課程/修士課程)を募集しています。
事前相談や研究室見学は随時、お問い合わせ下さい。

   EDUCATION 教 育

医学の基礎を築き、高度最先端医療に通じる解剖学教育と社会への貢献が使命です

医学科 肉眼解剖学
Gross Anatomy

医学科1年次の系統講義と2年次の解剖学実習指導を担当しています

地域貢献 医療専門者養成
Anatomy for Paramedics

医療専門者養成学校生を対象に解剖学標本示説実習を実施しています 

社会貢献 スポーツ・アナトミー
Anatomy for Sports Science

スポーツトレーナーの技術向上をはかる解剖学標本示説研修を実施しています 

篤志献体 宮崎大学白菊会
Willed Body Program

医学の教育と発展に深いご理解をお寄せいただく献体活動を支援しております

   MEMBER メンバー紹介

Faculty Staff




教 授
澤口 朗
Akira Sawaguchi
Professor
詳細へ . . . To detailLinkIcon

ラグビーで医学部合格 !?
Unique admission

解剖学研究と教育の道へ
My Road to Anatomy

海外留学のすすめ
Experiences in UC Berkeley

哲学堂公園のご紹介
TETSUGAKUDOU Park

えっ、10段階?
Awakening

声をあわせて♪
La La La Corus club

講 師
豊嶋 典世
Fumiyo Toyoshima
Assoc. Professor

詳細へ . . . To detailLinkIcon

講 師
髙橋 伸育
Nobuyasu Takahashi
Assoc. Professor

詳細へ . . . To detailLinkIcon

助 教
生沼 勉
Tsutomu Oimuma
Assist. Professor

事務員
戸髙 靖代
Yasuyo Todaka
Secretary

大学院生  Graduate PhD course student

整形外科
今里 浩之
Hiroyuki Imazato
Orthopaedic Surgery


   CONTACT US 連絡先


〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町5200
宮崎大学医学部解剖学講座 超微形態科学分野

TEL 0985-85-1784   FAX 0985-85-8406

Department of Anatomy, Ultrastructural Cell Biology
Faculty of Medicine, University of Miyazaki
Miyazaki 889-1692, Japan
TEL +81-985-85-1784   FAX +81-985-85-8406