入局案内

現場で活躍する先生方

スポーツ現場で一緒に活躍する仲間を探しています!

プロ・アマチュアをとわずスポーツにおける、チームドクター、遠征、大会時の帯同ドクターの需要は今後伸びる一方です。 当医局にも様々なスポーツ種目より、整形外科医師派遣要請があります。派遣は海外遠征時には長い時で3~4週間という場合もあります。県内のトップレベルの学校やクラブのメディカルサポートも実施しており、一年を通してスポーツ選手との交流を深めています。

宮崎大学整形外科医局は、帖佐教授の方針でこのようなスポーツ現場への整形外科医師派遣要請にはできるだけ対処するように努力しており、帯同ドクターにて常勤医師が不在になる場合、当医局で関係機関にご迷惑がかからないようバックアップできる体制を整えております。

また、プロ野球チーム、サッカーJリーグチームのキャンプシーズンには、キャンプ地周辺の関連病院に、後方支援病院として協力して頂いております。 スポーツに興味のある先生方、大学時代ばりばりスポーツをやっていた先生方にとっては、魅力ある仕事場となることでしょう。

この他にも先生方の活躍場所はたくさんあります。事実、現在も医局員の不足により、スポーツ現場への医師派遣要請に十分応えられていない状況です。

先生方と、いっしょにスポーツ現場で働けることを願っています。

スポーツ現場で活躍している先生方の紹介

実際にスポーツの現場で活躍している宮大の先生方をご紹介します!

田島卓也先生

平成9年宮崎医科大学卒業
宮崎大学医学部整形外科勤務
ラグビー日本代表帯同ドクター
高鍋高校ラグビー部チームドクター

主な活動
1999年 国体宮崎県代表チームラグビー競技少年の部チームドクター
2002年 ラグビー日本選抜チーム、チームドクター
・第18回アジア大会帯同 (タイ:2002)
2003年~2004年 U-19ラグビー日本代表チーム、チームドクター
・第35回ラグビージュニアワールドチャンピオンシップ帯同 (フランス:2003)
・第8回U19アジア大会帯同 (マレーシア:2003)
・第36回ラグビージュニアワールドチャンピオンシップ帯同 (南アフリカ:2004)
2004年~2014年 宮崎県ラグビーフットボール協会メディカル委員長
2004年~2007年 ラグビー日本代表チーム、チームドクター
・欧州遠征帯同 (スコットランド、ウェールズ、ルーマニア:2004)
・南米遠征帯同 (アルゼンチン、ウルグアイ:2005)
・欧州遠征帯同 (フランス:2006)
・パシフィック5ネーションズカップ帯同 (ニュージーランド:2006)
・第6回ラグビーワールドカップアジア最終予選帯同 (香港:2006)
・ アジア3カ国対抗戦帯同 (東京:2007)
・パシフインクネーションズカップ帯同 (フィジー、豪州:2007)
・欧州遠征帯同 (イタリア:2007)
・第6回ラグビーワールドカップ帯同 (フランス、ウェールズ:2007)
2008年~ 全国高校ラグビー大会本部ドクタ― (大阪)
2009年 第2回ラグビージュニアワールドチャンピオンシップマッチドクター (日本)
2010年~ 全国ジュニアラグビー大会本部ドクター (大阪)
2011年~ 日本ラグビーフットボール協会メディカルコミッティ委員
2012年~2013年 ジャパンラグビートップリーグメディカルコントロール部会委員
2012年 ゴールデンオールディーズ・ラグビーワールドフェスティバル本部ドクター (福岡)
2013年 (財)宮崎県体育協会 スポーツ医科学委員会委員
2013年~ 日本ラグビーフットボール協会代表事業部メディカルディレクター
ジャパンラグビートップリーグメディカルコントロール部会長
河原勝博先生

宮崎大学医学部整形外科勤務
国体関連の帯同

宮崎県体育協会からの依頼で秋の国民体育大会ならびに冬季の国民体育大会(スキー競技)の帯同を行っています。基本的に現場に行って会場ならびに宿舎で診察や相談を受け、選手がパフォーマンスを発揮できるようにサポートを行っています。また、秋の国体終了後には国体候補の少年に対してメディカルチェックを行っています。

山口奈美先生

平成13年宮崎医科大学卒業
宮崎大学医学部整形外科勤務
U-17女子サッカー日本代表帯同ドクター
U-19女子サッカー日本代表帯同ドクター
サッカーなでしこJAPAN帯同ドクター

 

主な活動
2003年 サッカーU-19日本代表帯同ドクター、サッカーなでしこJAPAN帯同ドクター、サッカーU-17日本代表帯同ドクター
2004年 サッカーなでしこJAPAN帯同ドクター (オーストラリア)
2005年3月 なでしこJAPAN オーストラリア遠征 (オーストラリア・シドニー)
2006年2月~3月 U-19サッカー女子日本代表 AFC U-19女子選手権 予選 (台湾・台北)
2006年4月 U-19サッカー女子日本代表 AFC U-19女子選手権2006 (マレーシア・クアラルンプール)
2007年1月 U-16サッカー女子日本代表 オーストラリア遠征 (オーストラリア・シドニー)
2007年3月 U-16サッカー女子日本代表 AFC U-16女子選手権 (マレーシア・クアラルンプール)
2007年8月 U-16サッカー女子日本代表 アメリカ遠征 (アメリカ・ロサンゼルス)
2011年8月 ユニバーシアードサッカー女子日本代表 第26回ユニバーシアード競技大会 (中国・深圳)
2013年4月~5月 U-16サッカー女子日本代表 コスタリカ遠征 コスタリカ
2013年9月~10月 U-16サッカー女子日本代表 AFC U-16女子選手権 (中国・南京)
2014年3月~2014年4月 U-17サッカー女子日本代表 FIFA U-17女子ワールドカップ優勝 (コスタリカ)
小島岳史先生

宮崎善仁会病院 整形外科勤務

略歴(サッカー歴)

小学校5年生よりサッカーを初め、以降中学3年、高校3年、大学6年とサッカー部に所属。ポジションはずっとGK。


主な活動
2003年 宮崎大学医学部卒業、宮崎医科大学付属病院整形外科教室に入局
2004年~ JFA U12・U14トレセン帯同
2007年 U16日本代表ウクライナ遠征帯同 JFLロッソ熊本(現ロアッソ熊本)帯同
2009年~ 宮崎国体サッカー少年男子チームドクター件GKコーチ
2010年 U14日本代表候補韓国遠征帯同
2011年~ U18日本代表チームドクター
小島先生からのメッセージ

チーム帯同ドクターは、チームの一員として練習・試合・遠征に帯同し、外傷・障害の初期診断・初期治療~コンディショニング管理までを仕事としています。
病院内のドクターと決定的に違うところは、初期診断のときに時間的な余裕がないこと(試合中は特に)、現場ではレントゲンやMRIなどの診断をサポートするものがないことです。信じるのは自分の診察能力のみということになります。
もちろんその競技のルールを熟知していること、さらに試合の流れを読む能力も大事になってきます。サッカーチーム帯同ドクターに求められることは診断能力とは別に、いかに学生時代に、より高いレベルでサッカーをしていたかどうか、チームの一員としての奉仕の精神が持てるかどうか(医師にとってはこれが一番難しいかも)だと考えています。
もうひとつ、過酷な環境下での海外遠征に耐えうる体力を持っていることも大事になります。

 

吉川 大輔

平成14年宮崎医科大学卒業
藤元総合病院整形外科勤務
高鍋高校ラグビー部帯同ドクター

主な活動
2009年 第89回全国高校ラグビー大会高鍋高校帯同ドクター
2011年 第91回全国高校ラグビー大会高鍋高校帯同ドクター
2012年 第92回全国高校ラグビー大会高鍋高校帯同ドクター
2013年 第93回全国高校ラグビー大会高鍋高校帯同ドクター
鳥取部 光司

宮崎医大 S62卒業
宮崎大学医学部附属病院リハビリテーション部
准教授

  
 

主な活動
パラリンピック日本選手団
2006年5月4日~5月8日 VISA パラリンピックワールドカップ  イギリス・マンチェスター
2008年8月30〜9月19日 パラリンピック競技大会  中国・北京
樋口潤一先生

平成2年久留米大学卒業
Mスポーツ整形外科クリニック 院長
U-19サッカー日本代表ドクター
JFLホンダロックチームドクター

主な活動
1998年~ 宮崎県サッカー協会スポーツ医学委員会委員長
宮崎県少年選抜チーム
1999年~ ホンダロックサッカー部
サッカー日本高校選抜欧州遠征
2001年 U-16女子日本代表アメリカ遠征
2002年 U-16日本代表
ドイツ代表チームリエゾンドクター(2002日韓ワールドカップ)
U-16日本代表 モンタギュー国際トーナメント (フランス)
2003年 宮崎県体育協会スポーツ医科学委員
2003年5月 U-15宮崎県選抜 ドイツ遠征 (ドイツ)
2004年5月 U-19日本代表 アジア遠征 (UAE/マレーシア)
2004年9月〜10月 U-19日本代表 AFCユース選手権2004 (マレーシア)
2005年1月 U-20日本代表 カタール国際トーナメント (カタール・ドーハ)
2005年6月 U-18日本代表 リスボン国際トーナメント (ポルトガル・リスボン)
2006年1月 U-19日本代表 カタール国際トーナメント (カタール・ドーハ)
2006年4月 U-19日本代表 中国遠征 (中国・長沙)
2006年7月 U-19日本代表 サウジアラビア遠征 (サウジアラビア・ジェッダ)
2007年3月 U-20日本代表 Campo Verdesトーナメント U-20 (ポルトガル)
2007年5月 U-20日本代表 ツーロン国際大会 (フランス・ツーロン)
2008年2月 日本代表(A代表) 東アジア選手権 (中国・重慶)
2008年11月 日本代表(A代表) ワールドカップアジア最終予選 (カタール・ドーハ)
2009年1月 日本代表(A代表) AFCアジアカップ予選 (バーレーン・マナマ)
2009年9月 日本代表(A代表) オランダ遠征 (オランダ)
2010年1月 日本代表(A代表) アジアカップ予選 (イエメン・サヌア)
2011年4月 U-18日本代表 ダラスカップ (アメリカ・ダラス)
2011年9月 U-18日本代表 タイ遠征 (タイ・バンコク)
2011年10月〜11月 U-18日本代表 AFCユース選手権グループE (タイ・バンコク)
2012年5月〜6月 U-19日本代表 8 Nations International Tournament (南アフリカ・ケープタウン)
2012年6月 U-22日本代表 AFC U-22選手権 (インドネシア・ペカンバル)
2012年10月〜11月 U-19日本代表 AFC U-19選手権決勝ラウンド (UAE・ラスアルハイマ)

働くお母さんのバックアップ体制も万全です!

働く女性が増えた今日、整形外科医として働く女医さんも増えてきております。外科系というとどうしても、「きつい、きたない、きけん」と言った仕事場を想像される女医さん方も多いと思います。 当医局では、毎年のように新入局者を迎えて現在16名の女医さんがおります。入局したあとの、結婚は?出産は?子育ては?仕事はあるのか?等の不安を持たれている女医さんもいらっしゃることでしょう。 当医局ではそのような心配は一切無用です。働く子持ち女医さんのバックアップ体勢も整えております。

近藤梨紗先生

私は、H16年に東京女子医大を卒業後、地元の宮崎に戻り、卒後臨床研修を経て、当医局に入局しました。
現在、7歳の男の子を育てながら、大江整形外科病院で常勤医として働いています。

医師3年目に結婚、妊娠しましたので、初期にしっかりとした研修が受けられませんでしたが、産休後に、職場復帰させていただきました。

復帰時は、整形外科医としては何も分からない状態で、不安もありましたが、医局の先生方からしっかり指導していただき、関連病院での研修を積み、3年前に整形外科専門医を取得することができました。
子育てをしながらの常勤での勤務は、時には過酷でもありましたが、当医局は進路についても希望を考慮していただき、結婚、出産後も仕事を続けることができております。

整形外科は力仕事、男性の職場というイメージが強いですが、当医局は子育てをしながら働く女性医師も多いですし、医局の先生方も子育てと仕事の両立に非常に理解、協力をして下さるので、女性でも働きやい職場です。また大学病院には、託児所も併設されておりますので、環境も整っています。

現在は、おもに外来診療をしておりますが、週に一回、大学病院の教授外来で勉強させていただき、少しづつ新しいことを学び成長する機会をいただいております。

当医局では、バリバリ手術される女医さんから、時短勤務で働かれる女医さんまで、働き方は多様ですので、女性医師だから、整形外科はちょっと、と二の足を踏んでいる方は、是非一度見学、研修に来てください。

 

PAGE TOP

患者様の個人情報に関するお知らせサイトマップ