一般の方へ

口唇裂・口蓋裂

口唇口蓋裂に対するチーム医療

宮崎大学医学部附属病院では、口唇・口蓋裂のお子様とそのご家族に安心しておすこやかな日々をお送りいただけるよう、多領域の専門家が連携し一貫した治療を行っています。

  • 歯科口腔外科・矯正歯科での口腔管理・治療
  • 小児科・内科での全身精査・管理
  • リハビリテーション部(言語聴覚士)と連携した心身の発達支援・構音訓練
  • 耳鼻咽喉科での聴覚診断・治療
  • 精神科と連携したこころのケア

など、適切な時期に適切なし診断・治療を行うことにより、口の“かたち”と“はたらき”を良好な状態に導くとともに、心身すべての健全育成を図ります。

  • 出生直後から成人にいたるまでの一貫治療
  • 複数診療科・多職種連携のチーム医療

多領域・多職種連携による集学的治療が重要

歯科

口腔外科、矯正歯科、一般歯科、歯科衛生士

各医科の専門診療科の医師・看護師

産婦人科、NICU、小児科、耳鼻咽喉科、小児外科、放射線科、麻酔科、ICU、内科、外科、精神科、皮膚科

中央専門施設・専門スタッフ

リハビリテーション部(言語聴覚士・理学療法士)、遺伝カウンセリング部、栄養管理部、薬剤師

口唇口蓋裂治療の流れ

出生直後 歯科初診

産婦人科・小児科・連携病院等から紹介、必要時はNICU管理

1-3日 哺乳指導、口唇牽引テープ開始 Hotz床・NAM床装着

両親や家族へのオリエンテーション

1-14日 小児科対診
  • 他の合併奇形の有無をチェック(特に口蓋裂症例では、心奇形などの頻度が高い)
  • 発達程度の評価
  • 場合に応じて、入院加療が必要な場合もあり(4F東小児科病棟。/哺乳指導)
耳鼻咽喉科対診

口蓋裂児はほぼ全員滲出性中耳炎になる

(1)口蓋裂により耳管開口部周辺が汚染されて炎症を起こす
(2)口蓋裂により耳管を開く口蓋帆張筋の形成が不十分

  • 軽度の聴力障害(ほぼ伝音性難聴)
  • 言語習得に影響
リハビリテーション(言語聴覚士)

出生直後から哺乳・口腔周囲機能訓練、言語聴覚療法、発達訓練を開始

2か月 予防接種開始(最寄りの小児科等)・手術時期の検討
3-6か月 口唇形成術(口腔外科、鼓膜チュービング:耳鼻科)

Cronin 法、Millard法、Millard 変法, Manchester 法 など個々の形態に応じて最適な手術法を選択


1歳3~6か月 口蓋形成術

主にFurlow法

3~6歳 咬合管理・矯正治療

手術の瘢痕により、上顎歯列の狭窄上顎の劣成長を生じる。

裂隙の周辺で歯の欠損捻転転位などの歯列不正を生じる。

早ければ3~4歳頃から矯正治療を開始

※矯正治療にはすべて健康保険が適用される。
※18歳の誕生日まで自立支援医療制度(旧育成医療制度)も適用可。

6-12歳頃 顎裂がある場合は8~12歳頃に顎裂部へ腸骨移植手術を行う

外科的矯正治療

骨格性の反対咬合や著しい歯列狭窄がある場合、外科的矯正手術を行う。

鼻口唇の修正術
18歳頃 動的治療終了

言語聴覚療法について

構音のベースになる口腔機能の発達は、出生直後から始まっている。

  • 出生直後から、言語聴覚士と連携し、口唇マッサージや機能訓練、精神発達を含めた言語発達の評価と訓練を行う
  • 口蓋形成術後、鼻咽腔閉鎖機能の獲得を含め、本格的な構音訓練を開始

構音補助装置を用いるケースもある。

構音補助のための軟口蓋挙上装置
言語聴覚療法

口唇口蓋裂患者の術前顎矯正



両側性口唇口蓋裂

ページトップへ