診療内容紹介

1.循環器疾患

・急性心筋梗塞の急性期集中治療
・経皮的冠動脈インターべンション(心臓カテーテル治療)

バルーンカテーテルを用いて冠動脈の狭窄病変を拡張させ、必要に応じてステントを留意します。
急性心筋梗塞を含めた虚血性心疾患に対して本治療を行っています。

・経皮的腎動脈形成術(PTRA)・経皮的下肢動脈形成術(PTA)
・頻拍性不整脈に対するカテーテル焼灼術

特殊なカテーテルを用いて副伝導路を高周波で焼灼することにより、WPW症候群、
発作性心房細動等の頻脈性不整脈を根治します。

・致死的不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)治療
・恒久的ペースメーカー植え込み術
・両室ペーシング施行術
・肺高血圧症の診断と治療

2.高血圧疾患

・高血圧緊急症を含む重症高血圧の治療
・二次性高血圧の診断と治療(特に原発性アルドステロン症)
・血圧日内変動、動脈硬化指標の評価と治療への応用
・末梢動脈疾患に対する血管再生治療(先進医療)

3.腎臓疾患

・腎生検に基づく腎疾患治療

慢性腎炎及びネフローゼ症候群等の腎疾患を対象に腎生検を行ない、
病理組織診断に基づき治療方針を決定します。

・難治性ネフローゼ症候群に対するLDL吸着療法
・末期腎不全に対する透析導入
・透析患者の合併症に対する治療