ドクターカー

ドクターカーとは…

ドクターカーは、傷病者のもとへ医師などの医療スタッフを運ぶための車両です。すでに全国各地で救命救急センターを中心に運用されており、地域の救急医療の一躍を担っています。当院のドクターカーは宮崎県ドクターヘリの補完として平成26年4月17日からドクターカーの運行を開始しました。天候不良や時間外でのドクターヘリ対応困難な事案に対して、ドクターカーによる現場でのより早い医療提供が可能となりました。 ドクターカーはドクターヘリと同様の救命資器材を積載し、医療スタッフが乗り込んで出動します。出動すると赤色灯をつけサイレンを鳴らして緊急走行します。当院が運用しているドクターカーはSUV車を改良した車両で災害現場や、山中での事故現場にも出動することができます。
県内各消防からの要請を受け、出動したドクターカーは、コンビニエンスストアの駐車場などで傷病者を乗せた救急車と合流(ドッキング)します。医療スタッフが救急車両に乗り込み、車内で救急診療を開始します。病状などから搬送先の病院を決定します。医師は搬送先病院に到着するまで、救急車内で治療を行いながら搬送を行います。


ドクターカーの仕組み

ドクターカーの仕組み

カーナースからのメッセージ

ドクターカーの運航が開始になり5年目になりました。 宮崎大学医学部附属病院のドクターカーは年間約100件出動しています。 私達ドクターカーナースは、経験を積みながら日々成長できるよう努力しています。 当センターには、救急車両内を再現して診断・治療訓練ができるシミュレーション室があります。 プレホスピタルナースを育成するために、シミュレーショントレーニングを重ね、平成30年4月に新たに3名のドクターカーナースが誕生しました。 突然の病気や事故により受傷した患者さんの身体的・精神的苦痛を軽減し、家族の不安も軽減できるよう看護を提供することを今後も心がけていきたいと思います。 また、今年度はリーダーとして、スタッフを取りまとめ、医師や消防、ドライバー、関係する職種の皆様と連携し、患者さんの命を救えるよう努めていきたいと思います。

ドクターカーナースリーダー 関 義典

ドクターヘリスタッフとして6年間活動し、今年度は、ドクターカーナースの育成のため、サブリーダーに任命されました。 昨年度までは、フライトナースリーダーとして、宮崎県民の救急医療に貢献できるように努めて参りました。 現場活動では、救急隊や消防隊、警察、地域の人々との連携により救急医療が成り立っていることを実感し、誇れる仕事にやりがいを持って活動してきました。 今年度からは、フライトナースを兼任しながら、ドクターカーサブリーダーとして活動し、1日でも早く社会復帰できる患者さんやご家族の笑顔を多く見られるように、頑張っていきたいと思います。 また、現場での経験やシミュレーションを通して、多くのスタッフが成長できるように人材育成に取り組み、自覚と責任を持って、救急医療に貢献していきたいと思います。 

ドクターカーナースサブリーダー 木下 俊太


宮崎大学医学部附属病院救命救急センター