ドクターカー

ドクターカーとは…

ドクターカーは、傷病者のもとへ医師などの医療スタッフを運ぶための車両です。すでに全国各地で救命救急センターを中心に運用されており、地域の救急医療の一躍を担っています。当院のドクターカーは宮崎県ドクターヘリの補完として平成26年4月17日からドクターカーの運行を開始しました。天候不良や時間外でのドクターヘリ対応困難な事案に対して、ドクターカーによる現場でのより早い医療提供が可能となりました。 ドクターカーはドクターヘリと同様の救命資器材を積載し、医療スタッフが乗り込んで出動します。出動すると赤色灯をつけサイレンを鳴らして緊急走行します。当院が運用しているドクターカーはSUV車を改良した車両で災害現場や、山中での事故現場にも出動することができます。
県内各消防からの要請を受け、出動したドクターカーは、コンビニエンスストアの駐車場などで傷病者を乗せた救急車と合流(ドッキング)します。医療スタッフが救急車両に乗り込み、車内で救急診療を開始します。病状などから搬送先の病院を決定します。医師は搬送先病院に到着するまで、救急車内で治療を行いながら搬送を行います。


ドクターカーの仕組み

ドクターカーの仕組み

カーナースからのメッセージ

ドクターカーが運行開始となって早3年が経ちました。ドクターカーの活動で一番大切だと感じるのはチームワークです。医師、救命士、ドクターカードライバーと協働し、迅速かつ適切な看護を提供できることを目標に活動しています。
私達は救急車内での活動が多く、できるだけ早く安全に医療機関に搬送しなければなりません。しかし、突然の事故や病気の発症は身体的にも精神的にも苦痛が強いため、苦痛を最小限にしてどのような時も常に患者さんに寄り添い、不安が軽減できるように配慮しています。私達ドクターカーナースだからこそ提供できる“命をつなぐ看護”を提供できるように今後も頑張っていきたいと思います。皆様も私達と一緒にドクターカーナースの一員として活動してみませんか?

ドクターカーナースリーダー 木本 典代

ドクターカーナースになり4年目になりました。病院前診療は、人、物、場所も限られていて、その中で自分が患者さんのために何ができるか、出動するたびに考えさせられます。患者さんのもとへいち早く接触する私達だからこそ、短い時間の中で患者さんやご家族に寄り添った看護が提供できるように努力しています。また、私達ドクターカーナースは、医師や消防、救急隊の方と協力し、患者さんの命をつなぐために連携をとりながら活動しています。これからも、“For MIYAZAI”を胸に地域の皆様に貢献できるよう、頑張っていきたいと思います。 

ドクターカーナース 川崎 理香


宮崎大学医学部附属病院救命救急センター