救命救急センターについて

救命救急センター

 救命救急センターは、平成24(2012)年4月9日に開所式を行い、4月10日に稼働を始めました。救命救急センターのベッド数は20床で、スタッフステーションを取り囲むような形でオープンフロアにベッドを16台配置し、個室4つを設けています。また、2つの処置室を有する救急外来とはドアで仕切られ隣接した構造になっています。
ベッドは、患者さんの身体のご負担を軽減する体圧分散マットレスをすべてのベッドに設置し、皮膚排泄ケア認定看護師と連携を図りながら、日々褥瘡予防や皮膚トラブルの防止に努めています。細やかなケアが継続できるように電子カルテシステムを活用して、日々の変化に注意しながら、看護ケアを提供しています。
看護体制は二交代でPNS(Partnership・Nursing・System)を取り入れています。看護師が安全で質の高い看護を提供することを目的に2人(新人を含めると3人)の看護師が良きパートナーとして、対等な立場で、互いの特性を活かし、相互に補完し、協力しあって看護ケアを行っています。また、緊急入院された患者さんが早期に回復できるように、急性期の救急看護を実践し、社会復帰を考えて、あらゆる職種の方と連携を取り、多方面から介入していくことを心がけております。看護を行う中では、患者さんの“笑顔”や“前向きな反応”が私たちに看護の“やりがい”を実感させていただくことも多くあります。一人でも多くの患者さんの命を救う!つながれた命を大切に、心ある看護ケアを行うことを使命として、日々努力していきます。
ユニフォームは、白衣ではなくスクラブという動きやすいユニフォームを着て業務をしています。このユニフォームの背中には、「For MIYAZAKI」の文字がプリントしてあります。宮崎県のためにチーム一丸となり救急医療を行う!という気持ちが込められています。広い心で細やかな配慮ができるスタッフとして誇りを持ち、患者さんに寄り添う救急医療チームを象徴するユニフォームとなっております。

救命救急センターのご案内

 救命救急センターは、ドクターヘリ・ドクターカーによる重症患者受け入れに加え、初期救急医療機関及び二次救急医療機関の後方支援として、紹介患者を常時受け入れています。また、入院時よりメディカルソーシャルワーカー(MSW)と連携し、転院調整や様々な社会的背景のある患者さんへの対応を行い、常に救急患者の受け入れができるようチームで取り組んでいます。
平成28年度4月より、宮崎市立田野病院から毎週火曜日に田野病院医師、看護師の訪問を受け、当院の地域連携センタースタッフ、MSW、救命救急センター医師、看護師長、ナースリーダーで転院可能な患者情報を共有し、転院調整を図るなど、退院支援に向けての調整を行っています。

救命救急センターで扱う主な疾患

1.重症外傷、多発外傷
2.脳血管障害、急性心筋梗塞、致死的不整脈
3.敗血症、多臓器不全
4.急性呼吸循環不全
5.急性代謝性疾患
6.劇症肝炎、重症肝不全
7.神経及び筋疾患の急性期
8.急性薬物中毒
9.重症熱傷
10.その他の緊急を有する重症疾患

スタッフステーション

 救命救急センターの看護師は平成28年4月現在47名です(看護師長1名、副看護師長3名(救急看護認定看護師1名)、看護師43名(救急看護認定看護師1名、フライトナース8名、ドクターカーナース12名))。
救命救急センターのベッド数は20床で、4対1看護体制をとっています。平成24年4月にドクターヘリを導入してから重症度・緊急度の高い患者の受け入れが増加し、救急患者を連続して受け入れることもあります。そのため、救命救急センターから外来応援を行うなどフレキシブルに対応しています。外来における緊急手術にも対応できるようにしていますが、外来処置室が狭小であることやセンター内の療養環境の問題も含め、今後改善に向けて取り組んでいく予定です。

ヘリポート棟

 ドクターヘリの運航開始から遅れること1年。平成25年3月に救命救急センター外来にエレベーターで直結するヘリポート棟が完成し、出動時間と外来診療室搬入時間の大幅な短縮が可能となりました。

外部航空機関との連携

 救急車やドクターヘリ、ドクターカーによる患者の受け入れだけでなく、宮崎県防災救急ヘリコプター「あおぞら」や海上保安庁ヘリコプター「まなづる」が救助した患者の収容も積極的に行っております。
 平成26年度のこれらの機関からの要請で当センターに収容患者数は28人となります。平成25年度には、より緊密な連携を目指して、ドクターヘリホットラインを宮崎県防災救急ヘリコプター「あおぞら」とも共有できるシステムを構築し、ドクターヘリの重複要請時には当院のフライトドクターが「あおぞら」に搭乗して出動するピックアップ運用もスピーディに行えるようになりました。


宮崎大学医学部附属病院救命救急センター