宮崎大学医学部 看護学科
School of nursing Faculty of Medicine University of Miyazaki

アドミッション・ポリシー等

教育理念(教育理念・目標、育成する人材像)

教育理念

人々の健康と保健医療福祉の向上に貢献できる研究・教育・実践能力の育成を目的とする。そのために、生命の尊厳と幅広い人間理解を基盤に、高い倫理観と批判的思考並びに実践に即した問題解決能力を涵養する。また、地域特性に対応し、学際的思考と国際的視野から、研究成果を世界に向けて発信することにより看護学の発展に寄与する。

教育目標と養成する人材像

本研究科では、看護学の研究と教育及び実践をより推進し、教育理念に沿った人材を育成する
ために次のような教育目標を掲げる。

  1. 看護に関連する諸科学を基礎とし、看護学の体系化に寄与する教育・研究者の育成
  2. 批判的思考力と高度な問題解決能力を持ち、看護現象を学際的に探求し、保健医療福祉の場に還元できる能力を持った人材の育成
  3. 地域特性に対応したチーム医療の担い手として、他職種と協働し保健医療活動の充実に貢献できる人材の育成
  4. 国際的視野を持ち、看護学に関する学術的な交流を通して、研究成果を国内外に向けて発信できる人材の育成

入学者受け入れ方針(求める人材像)

問題解決能力を有する看護実践者の育成と看護学の教育・研究者の素地育成を目的として、各種の医療機関、保健・福祉施設、行政、教育・研究機関などにおいて、看護実践・指導・研究・教育ができる人材の育成を使命としています。したがって、本研究科では、次のような人を求めます。

  1. 専門職業人として看護実践の質向上を図るために、より高度な問題解決能力や実践成果の検証方法の探究を志す人
  2. 看護の分野において、専門的知識と学識及び基本的研究能力を培い、看護領域の教育者・研究者を志す人
  3. 他の分野で培った専門知識・技術を基盤として、地域の保健医療福祉分野での実践、教育、研究の発展に寄与することを志す人

入学者選抜の基本方針

  1. 求める学生像に沿って、専門的知識修得に必要な学力を学力審査で評価し、看護サービスの質を考えるのに必要な感性や資質については面接評価を行い、総合的に選抜します。
  2. 客観的で透明性のある方法によって、公平に選抜します。

〔選抜区分による選抜方法及び評価の観点〕
上記の[入学者受け入れ方針(求める人材像)]で示す能力を有する人を多面的・総合的に評価するため、以下の方法により選抜します。

① 一般選抜
入学者の選抜は、学力検査(共通問題及び専門領域の問題の筆記試験)、面接、書類審査の結果によって総合的に判断して行います。
学力検査(共通問題及び専門領域の問題の筆記試験)では、主として専門領域の知識、判断力、思考力を評価します。
面接では、専門領域への意欲、関心、主体性を評価します。
書類審査では、学問探求への意欲、表現力を評価します。

② 社会人特別選抜
入学者の選抜は、学力検査(共通問題及び専門領域の問題の筆記試験)、面接、書類審査の結果によって総合的に判断して行います。
学力検査(共通問題及び専門領域の問題の筆記試験)では、主として専門領域の知識、判断力、思考力を評価します。
面接では、専門領域への意欲、関心、主体性を評価します。
書類審査では、学問探求への意欲、表現力を評価します。

③ 外国人留学生特別選抜
入学者の選抜は、学力検査(小論文)、面接、書類審査の結果によって総合的に判断して行います。
学力検査(小論文)では、主として専門領域の知識、判断力、思考力を評価します。
面接では、専門領域への意欲、関心、主体性を評価します。
書類審査では、学問探求への意欲、表現力を評価します。

カリキュラムポリシー

  1. 本研究科の教育課程は、高度な看護実践者、教育者・研究者のいずれの進路にも有益となるよう研究者育成コースと実践看護者育成コースをおき、応用性の高い専門科目と、専門教育・研究の基盤となる共通科目で編成しています。
  2. 共通科目は、ヒューマンケアとしての看護学の理解の深化、高度な看護実践の土台の強化、人間科学的な知識・スキルや研究的視点を培う強化、看護実践の質の向上を図るためのより高度な問題解決能力や実践結果の検証方法を用いることができるような科目で編成され、選択科目を12科目配置しています。
  3. 両コースの専門科目は、それぞれの特論と演習、特別研究を設定し、実践看護者育成コースは、さらに実習を設定しています。
  4. 研究者育成コースでは、専門的な高度な知識や技術を体系的に学ぶための科目を配置しています。
  5. 実践看護者育成コースでは、専門看護師として身につけるべき役割遂行能力に関する科目及び、助産師資格を取得するための科目と助産師としての実践力を向上するための科目を配置しています。

実施の方針

  1. 研究者育成コースでは、幅広い知識を得るために主研究領域の他の領域の特論を履修することを課しています。
  2. 学生の能動的学習活動を支援するために学生参加型の授業を展開します。
  3. 特別研究では、学生の状況を鑑みながら修士論文作成への指導・支援を行い、多様な視点からの指導が可能となるよう複数指導教員グループにより指導します。
  4. 有職者が履修可能となるように昼夜開講とし、学生の個別の事情に対応できるよう長期履修制度を設けています。

ディプロマ・ポリシー

本学の規定する修業年限以上在学し、以下の素養を身につけるとともに、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文審査及び最終試験に合格した学生に、修士(看護学)の学位を与える。

  1. 看護に関連する諸科学を基礎とする専門知識・技術をもち、批判的思考力と高度な問題解決能力を備え、看護現象を学際的に探究し、保健医療福祉の場に還元できる。
  2. 地域特性に対応したチーム医療の担い手として他職種と協働できる。
  3. 研究成果を国内外に発信できる。

ページの先頭へ