早期体験実習(1年次・2年次)

医学科の早期体験実習は、1年生で学内早期体験実習、2年生で早期地域医療体験実習としてそれぞれ実施されます。これらの実習により、入学早期から医学生に将来医師として社会的役割を果たしていく自覚を明確に意識付けてもらいます。 医学科1年生の学内早期体験実習では、本学医学部附属病院の外来・病棟および中央診療施設での実習を通じて、①看護師勤務体験から準夜~深夜帯にかけての患者さんの入院生活を理解する、②患者さんとのコミュニケーションの大切さを知る、③医療現場における多職種連携の重要性を理解する、④医療人としての最低限のマナー(挨拶・時間厳守・清潔な服装と院内感染への留意など)を習得する、を学習目標としています。本実習は以下に示す講義と実習により実施されます。

医学科1年生 学内早期体験実習で学んでほしいこと

学内早期体験実習

医学科1年生 学内早期体験実習 【H28年の例】

日程 講義テーマ
4月8日 オリエンテーション
  医療人としてのマナー
4月15日 『ディア・ドクター』を見て
  「医師とは何か」を考える
4月22日 医療安全
  院内感染対策
5月6日 (予備日)
5月13日 医師・患者コミュニケーション
  看護について
日程 講義テーマ
5月20日 実習スケジュールの説明
5月27日 実習①
6月3日 実習②
6月10日 実習③
6月17日 実習④
6月24日 実習⑤
7月1日 実習⑥
7月8日 実習まとめ発表会準備
7月15日 実習まとめ発表会

医学科2年生の早期地域医療体験実習では、宮崎県内の老人福祉施設や身体障害者施設における4日間の実習を通じて、医療従事者と医療・福祉を受ける者あるいは地域住民とが、どのような関わり方を持っているのかを学びます。また、この実習により、医療・福祉に従事する者として必要なマナー、コミュニケーション、豊かな人間性、社会的使命感・責任感、感染予防などを習得させることを学習目標としています。本実習は以下に示す講義と実習により実施されます。

医学科2年生 早期地域医療体験実習で必要なこと

学外早期体験実習

日程 講義テーマ
6月8日 事前説明・オリエンテーション
6月15日 地域を知る、患者さんを知る
  医療人としてのマナー
6月22日 高齢者医療と介護
  認知症患者との接し方
6月29日 『ディア・ドクター』を見て
  「医師とは何か」を考える
7月6日 重症心身障害者への接し方
日程 講義テーマ
7月13日 現役医師からの講話
  実習要項配布・注意事項説明
8月15~18日 学外施設実習(前半グループ)
8月22~25日 学外施設実習(後半グループ)
ページトップへ