総合周産期母子医療センターの特徴

NICU neonatal intensive care unit

出生体重1000g未満の超低出生体重児に対する未熟児医療から、病的新生児対する医療まで集中管理体制をとっています。

子宮内胎児診断と治療 Intauterine fetal diafnosis and therapy

胎児採血(臍帯穿刺)や胎児の腹水・胸水の採取あるいは羊水穿刺を施行し、胎児から直接得られた検体をもとに胎児診断を行っています。

同様の手技を行い、胎児への薬物投与、輸血、胸腹水の除去等の胎児治療を行っています。

周産期医療システム Regionalization of the perinatal care system

子宮内の胎児から新生児まで、一連の流れを統一して治療し“児”を中心としたユニットとして機能しています。

ページの先頭へ