婦人科腫瘍スペシャリスト

婦人科腫瘍スペシャリスト

目標

良性疾患のみならず悪性疾患の全体的な管理を行うチーム医療のリーダーおよび高度先進医療・地域医療の中心的な担い手となる医師になるために必要な技能・知識・態度を修得する。

  • 悪性腫瘍の病態把握と手術適応の有無や、悪性腫瘍手術の第1助手を行う。
  • 良性疾患や初期の悪性腫瘍の執刀を行う。
  • 化学療法におけるレジメの選択、全身管理、効果判定などを中心的立場で行う。
  • ラジカルな骨盤外科手術、放射線治療、化学療法などの幅広い知識と技術を習得する。
  • 学会認定専門医の資格を得る。
  • 国内関連施設:癌研究会附属病院、茨城県立中央病院ガンセンター

ページの先頭へ