文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

妊娠と薬外来の方へ

厚生労働省の事業として、2005年10月より国立成育医療研究センターに「妊娠と薬情報センター」が設置され、医薬品が胎児へ与える影響などについて、最新の情報を収集・評価するとともに、その情報に基づいて、これから妊娠を希望している方や妊娠されている方の相談に応じる事業が実施されています。当院は、2014年4月よりこの妊娠と薬情報センターの拠点病院の一つとして指定され、「妊娠と薬外来」を開設、2018年9月より、「授乳と薬外来」を開始いたしました。妊娠中に使用した薬の影響や、妊娠を希望されている方の薬の使用について、また授乳中の薬の使用について医師・薬剤師が相談にお答えします。

「妊娠と薬情報センター」について詳しくはこちらをご覧ください。

相談内容

  • 持病でお薬を飲んでいるが、妊娠しても赤ちゃんに影響はないか。
  • 妊娠していることを知らずに、お薬を飲んでしまった。
  • 薬の使用中に、授乳をしても赤ちゃんに影響はないか。

など、妊娠中の方や、妊娠を希望されている方、授乳中の方の薬の相談を受け付けています。

相談までの流れ

※外来の予約を取る前に「妊娠と薬情報センター」への申し込みが必要です。先ず問診票をご準備ください。

詳しくは「妊娠と薬情報センター」のホームページをご確認ください。

  1. 「妊娠と薬情報センター」のホームページより問診票をダウンロードして必要事項を記入します。問診票の「7.相談方法のご希望」では、□妊娠と薬外来での相談希望を選択し、ご希望の協力病院欄に宮崎大学医学部附属病院とご記入ください。
  2. 必要書類を妊娠と薬情報センターへ郵送します。 ①問診票 ②返信用封筒(住所・氏名をご記入の上、84円切手をお貼りください)
    送付先
    〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1 国立成育医療研究センター内 妊娠と薬情報センター
  3. 妊娠と薬情報センターより「相談方法のお知らせ」が届きます。
  4. 「相談方法のお知らせ」をもとに宮崎大学医学部附属病院「妊娠と薬外来」の予約をお取りください。
  5. 外来予約日に外来棟1階受付窓口へお越しください。

外来日および費用

外来日
毎週水・金曜日(完全予約制:祝日は除く)
時 間
13:00~16:00
費 用
妊娠と薬外来 5,500円(自費診療、税込)
授乳と薬外来 2,310円(自費診療、税込)

お問合わせ

利用方法については、当院産婦人科外来または薬剤部へお問合わせください。

TEL:0985-85-9332(産婦人科外来)、0985-85-1512(薬剤部)

 

相談方法や問診票の記入方法など、ご不明な点は下記へお問合わせください。

国立成育医療センター内 妊娠と薬情報センター TEL:03-5494-7845(平日10:00~12:00、13:00~16:00)

〒889-1692
宮崎県宮崎市清武町木原5200番地
TEL:0985-85-1512
FAX:0985-84-3361

職員・研修生募集情報
お知らせ

研修受入施設

  • 日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師研修施設
  • 日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設
  • 日本医療薬学会認定薬剤師研修施設
  • 日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師研修施設
  • 日本薬剤師研修センター薬局・病院実務実習研修受入施設