看護部紹介

看護部長挨拶

看護部長 福満 美和

 宮崎大学医学部附属病院看護部は、「愛と和」をモットーに「信頼される質の高い看護」を目指しています。

 看護部理念に掲げる「愛と和」は、看護職が人を大切にした倫理性のある行動ができること、看護職間のチームワークや他職種とのチーム医療など、より良い看護を提供するうえでの連携や協働することを示しています。

 当院は高度な医療を提供する県内唯一の大学病院として、宮崎県の医療の発展に寄与し、県民の「最後の砦」としてその使命を担っております。
 看護部は、看護の専門性を発揮し、常に患者さんとそのご家族に寄り添い、信頼される看護が提供できるよう取り組んでおります。また、専門職として自律し、人間性豊かな看護職員と成長できるよう、キャリアアップ体制を整えています。
 今後ますます医療ニーズが多様化してくる中で、当院看護職員は、院内だけでなく地域の方々とのチーム医療を推進すべく、人とひとを「絆ぐ」という役割も担っていきたいと考えています。

看護部組織図

看護部理念・看護部基本方針

看護部理念

『愛と和』をモットーに『信頼される質の高い看護』をめざします

看護部基本方針

  • 患者中心の心のこもった看護実践
  • 地域の人々の要求にこたえる看護
  • 知識・技術・人間性豊かな看護職員としての研鑚
  • お互いを尊重しチームワークのとれた職場環境づくり

看護体制

全看護単位が、2交代の勤務体制をとっています。
7対1看護師配置(平成19年5月1日より入院基本料を算定)

看護方式

平成23年度よりPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入しています。

ページの先頭へ