研究紹介・業績

2018年実績

著書

  1. 下田和哉、川口辰哉、木崎昌弘、桐戸敬太、高橋直人:慢性骨髄性白血病/骨髄増殖性腫瘍(chronic myeloid leukemia/myeloproliferative neoplasms).造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版,89-120,2018年

原著

  1. Keita Kirito, Shinichiro Okamoto, Kohzhi Ohishi, Tetsuzo Tauchi, Hiroshi Hanada, Shigeki Saito, Katsuto Takenaka, Kazuya Shimoda, Kenji Oritani, Koichi Akashi, Hikaru Okada, Taro Amagasaki,Kazuyuki Suzuki, Toshio Yonezu, Norio Komatsu:Evaluation of the dose and efficacy of ruxolitinib in Japanese patients with myelofibrosis.International journal of hematology.107(1):92-97,2018
  2. Kataoka K, Iwanaga M, Yasunaga JI, Nagata Y, Kitanaka A, Kameda T, Yoshimitsu M, Shiraishi Y, Sato-Otsubo A, Sanada M, Chiba K, Tanaka H, Ochi Y, Aoki K, Suzuki H, Shiozawa Y, Yoshizato T, Sato Y, Yoshida K, Nosaka K, Hishizawa M, Itonaga H, Imaizumi Y, Munakata W, Shide K, Kubuki Y, Hidaka T, Nakamaki T, Ishiyama K, Miyawaki S, Ishii R, Nureki O, Tobinai K, Miyazaki Y, Takaori-Kondo A, Shibata T, Miyano S, Ishitsuka K, Utsunomiya A, Shimoda K, Matsuoka M, Watanabe T, Ogawa S:Prognostic relevance of integrated genetic profiling in adult T-cell leukemia/lymphoma.Blood.131(2):215-225,2018
  3. Oritani K, Ohishi K, Okamoto S, Kirito K, Komatsu N, Tauchi T, Handa H, Saito S, Takenaka K, Shimoda K, Okada H, Amagasaki T, Wakase S, Shimozuma K, Akashi K:Effect of ruxolitinib therapy on the quality of life of Japanese patients with myelofibrosis.Current medical research and opinion.34(3):531-537,2018
  4. Kamiunten A, Shide K, Kameda T, Sekine M, Kubuki Y, Ito M, Toyama T, Kawano N, Marutsuka K, Maeda K, Takeuchi M, Kawano H, Sato S, Ishizaki J, Akizuki K, Tahira Y, Shimoda H, Hidaka T, Yamashita K, Matsuoka H, Shimoda K:Thrombohemorrhagic events, disease progression, and survival in polycythemia vera and essential thrombocythemia: a retrospective survey in Miyazaki prefecture, Japan.International journal of hematology.107(6):681-688,2018
  5. Kawano N, Yoshida S, Kawano S, Kuriyama T, Tahara Y, Toyofuku A, Manabe T, Doi A, Terasaka S, Yamashita K, Ueda Y, Ochiai H, Marutsuka K, Yamano Y, Shimoda K, Kikuchi I:The clinical impact of human T-lymphotrophic virus type 1 (HTLV-1) infection on the development of adult T-cell leukemia-lymphoma (ATL) or HTLV-1-associated myelopathy (HAM) / atypical HAM after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (allo-HSCT) and renal transplantation.Journal of clinical and experimental hematopathology.58(3):107-121,2018
  6. Kamiunten A, Shide K, Kameda T, Ito M, Sekine M, Kubuki Y, Hidaka T, Akizuki K, Tahira Y, Toyama T, Kawano N, Marutsuka K, Maeda K, Takeuchi M, Kawano H, Sato S, Ishizaki J, Shimoda H, Yamashita K, Matsuoka H, Shimoda K:Early/prefibrotic primary myelofibrosis in patients who were initially diagnosed with essential thrombocythemia.International Journal of Hematology.108(4):411-415,2018
  7. Kamiunten A, Sekine M, Kameda T, Akizuki K, Tahira Y, Shide K, Shimoda H, Kato K, Hidaka T, Kubuki Y, Shimoda K:Outcome of allogeneic hematopoietic cell transplantation in patients with adult T-cell leukemia.Hematological oncology.36(4):651-655,2018

症例

  1. 山本章二朗、三池忠、市成直樹、米澤瑛美、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、夏田朱一郎、坂口舞、安倍弘生、田原良博、柴田直哉、河上洋、下田和哉:潰瘍性大腸炎の経過中に発症したカンピロバクター腸炎の早期診断に大腸内視鏡検査が有用であった1例.宮崎県医師会医学会誌42巻1号:73-77,2018

総説

  1. 幣光太郎、下田和哉:原発性および二次性骨髄線維症の本邦における特徴:血液内科76(1):59-65,2018
  2. 下田和哉:The Role of Wild and Mutant Calreticulin in Hematopoiesis:血液フロンティア28(2):92-94,2018
  3. 土持舞衣、岩切久芳、下田和哉:肝硬変・門脈圧亢進症:宮崎県内科医会誌(93):18-21,2018
  4. 山本章二朗:消化器の診療(5)炎症性腸疾患の治療~クローン病の治療~:宮崎県内科医会誌(93):22-27,2018
  5. 坂哲臣、河上洋、久保田良政、芦塚伸也、三池忠、中島孝治、安倍弘生、山本章二朗、稲津東彦:術後再建腸管例に対するinterventional EUSによる総胆管結石除去術:消化器・肝臓内科3(3):246-251,2018
  6. Takenaka K, Shimoda K, Akashi K:Recent advances in the diagnosis and management of primary myelofibrosis:The Korean journal of internal medicine33(4):679-690,2018
  7. 上運天綾子、幣光太郎、下田和哉:骨髄増殖性腫瘍 治療最前線:臨床血液59(6):741-746,2018
  8. 中島孝治、三宮一朗、芦塚伸也、稲津東彦、三池忠、安倍弘生、田原良博、山本章二朗、久保田良政、坂哲臣、河上洋、西田卓弘、七島篤志:光線力学的療法:外科80(8):805-811,2018
  9. 高智徳、上運天綾子、下田和哉:骨髄増殖性腫瘍-WHO2016診断基準の改訂-:臨床血液59(8):1066-1017,2018
  10. 幣光太郎:モデルマウスによるMPNの病態解明:臨床血液59(10):215-223,2018
  11. 山本章二朗、三池忠:炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,Crohn病):レジデントノート増刊20(14):199-205,2018
  12. 幣光太郎、亀田拓郎、下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の病態:Cytometry Research.28(2):7-12,2018

国際学会

  1. Nagata K, Hasuike S, Takaishi Y, Ozono Y, Tsuchimochi M, Nakamura K, Iwakiri H, Sueta M, Shimoda K:Analysis of incident risk of HCC during entecavir therapy in patients with chronic hepatitis B.APASL Single Topic Conference on HCC 2018.5 Yokohama
  2. Miike T, Ichinari N, Yonezawa E, Hirata T, Noda T, Suzuki S, Natsuda S, Abe H, Tahara Y, Yamamoto S, Shimoda K, Kawakami H:Clinical Manifestations of T-Cell Leukemia/Lymphoma Infiltration of Upper Gastorointestinal Tract Lesions.Digestive Disease Week (DDW) 2018 2018.6 Washington, DC
  3. Shide K, Kameda T, Kamiunten A, Sekine M, Ozono Y, Yokomizo T, Akizuki K, Tahira Y, Kubuki Y, Hidaka T, Sashida G, Shimoda K:Haploinsufficiency of Calr Confers Hematopoietic Stem Cells (HSCs) with a Clonal Advantage over Wild-Type Cells, and, in Setting of Myeloproliferative Neoplasms, Compensates for the Functions of HSCs Impaired By the Calr Mutation.60th ASH Annual Meeting and Exposition 2018.12 San Diego
  4. Shinoda D, Nakajima-Takagi Y, Oshima M, Saraya A, Harada H, Koseki H, Shimoda K, Sashida G, Iwama A:Insufficiency of Non-Canonical PRC1 Complex Cooperates with an Activating JAK2 Mutation in the Pathogenesis of Myelofibrosis.60th ASH Annual Meeting and Exposition 2018.12 San Diego
  5. Kameda T, Shide K, Kamiunten A, Tahira Y, Akizuki K, Sekine M, Hidaka T, Kubuki Y, Hidaka M, Utsunomiya A, Ohshima T, Kataoka K, Ogawa S, Shimoda K:TET2 Mutation Associated with Organ Infiltrations in ATLL. 60th ASH Annual Meeting and Exposition 2018.12 San Diego

総会

  1. 秋月渓一、日高智徳、田平優貴、上運天綾子、亀田拓郎、幣光太郎、下田晴子、久冨木庸子、下田和哉:同種骨髄移植後に非代償性肝硬変を発症した成人T細胞性白血病.第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.2 札幌市
  2. 日高智徳、秋月渓一、田平優貴、関根雅明、上運天綾子、亀田拓郎、幣光太郎、下田晴子、久冨木庸子、下田和哉:ルキソリチニブ治療中の二次性骨髄線維症(Post PV-MF)に対する同種造血細胞移植.第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.2 札幌市
  3. 田平優貴、秋月渓一、関根雅明、上運天綾子、亀田拓郎、幣光太郎、日高智徳、久冨木庸子、下田和哉:難治性節外性NK/T細胞リンパ腫に対し、臍帯血移植を行い、寛解となった一例.第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.2 札幌市
  4. Noriaki Kawano, Shuro Yoshida, Takuro Kuriyama, Takashi Nakaike, Tomonori Shimokawa, Kiyoshi Yamashita:Clincal features and treatment outcomes of auto-and allo-HSCT in our institution during 2006-2016.第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.2 札幌市
  5. 下田和哉、上運天綾子、関根雅明、秋月渓一、田平優貴、下田晴子、亀田拓郎、幣光太郎、日高智徳、久冨木庸子:Retrospective analysis of hematopoietic stem cell transplantation for ATL in University of Miyazaki.第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.2 札幌市
  6. 関根雅明、上運天綾子、田平優貴、秋月渓一、亀田拓郎、下田晴子、幣光太郎、日高智徳、久冨木庸子、下田和哉:Allogenic stem cell transplantation for older patients with adult T cell leukemia/lymphoma.第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.2 札幌市
  7. 下田和哉:明らかになってきたETの分子病態と治療戦略.第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.2 札幌市
  8. 山本章二朗、三池忠、安倍弘生:寛解維持治療としてのインフリキシマブを中止した潰瘍性大腸炎の臨床経過.第14回日本消化管学会総会学術集会 2018.2 東京都
  9. 福永幹、蓮池悟、安倍弘生、宮内俊一、小山彰平、坪内拡伸、中島孝治、永田賢治、小松弘幸、下田和哉:肝細胞癌の治療後に発症した後天性凝固第V因子欠乏症の一例.第115回日本内科学会総会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2018京都 2018.4 京都市
  10. 小川宗一郎、山口昌志、小山彰平、坪内拡伸、宮内俊一、安倍弘生、中島孝治、石川哲憲、北村和雄、小松弘幸:冠攣縮誘発試験が陽性であったKounis症候群の1例.第115回日本内科学会総会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2018京都 2018.4 京都市
  11. 柴田菜都子、宇都加寿子、柳重久、坪内拡伸、小山彰平、宮内俊一、安倍弘生、中島孝治、中里雅光、小松弘幸:Lambert-Eaton筋無力症候群とSIADHを合併した進展型小細胞肺癌の一例.第115回日本内科学会総会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2018京都 2018.4 京都市
  12. 福島理紗、宮内俊一、小山彰平、坪内拡伸、中島孝治、安倍弘生、岡山昭彦、小松弘幸:混合性結合組織病の診断13年後に全身性強皮症の病態が顕在化した1例.第115回日本内科学会総会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2018京都 2018.4 京都市
  13. 野田貴穂、山本章二朗、平田智也、鈴木翔、夏田朱一郎、安倍弘生、三池忠、田原良博、河上洋、下田和哉:初発クローン病における上部消化管病変の検討.第115回日本内科学会総会・講演会 2018.4 京都市
  14. 平田智也、山本章二朗、市成直樹、米澤瑛美、野田貴穂、鈴木翔、坂口舞、夏田朱一郎、安倍弘生、三池忠、田原良博、河上洋、宮崎康幸、池田拓人、武野慎裕、七島篤志、下田和哉:アダリムマブにて加療中に回腸穿孔を来した腸管ベーチェット病の一例.第104回日本消化器病学会総会 2018.4 東京都
  15. 中村憲一、永田賢治、高石優佳、大園芳範、土持舞衣、亀田拓郎、末田光恵、岩切久芳、蓮池悟、楠元寿典、松浦裕之介、落合俊雅、黒木和男、下田和哉:高齢C型慢性肝疾患患者におけるDAA治療後の介護保険導入に寄与する因子の検討.第54回日本肝臓学会総会 2018.6 大阪市
  16. 亀田拓郎、幣光太郎、上運天綾子、大園芳範、関根雅明、田平優貴、秋月渓一、日髙智徳、久冨木庸子、北中明、下田和哉:マウスモデルを用いたATLLにおけるTET2欠損の役割の検討.第5回日本HTLV-1学会学術集会 2018.8 東京都
  17. 中畑新吾、下崎俊介、市川朝明、亀田拓郎、日高智徳、久冨木庸子、黒沢仁、下田和哉、森下和広:トランスフェリン受容体抗体はモガムリズマブ治療難治性のATLLの増殖抑制に有効である.第5回日本HTLV-1学会学術集会 2018.8 東京都
  18. パーマタサリ ハッピー、中畑新吾、市川朝永、幣光太郎、亀田拓郎、下田和哉、尾野雅哉、森下和広:Short-form of BCL11B contributes to tumorigenesis of adult T-cell leukemia/lymphoma.第5回日本HTLV-1学会学術集会 2018.9 東京都
  19. 今泉芳孝、岩永正子、野坂生郷、伊藤薫樹、石塚賢治、宇都宮與、戸倉新樹、仲地佐和子、下田和哉、飛内賢正、渡邉俊樹、内丸薫、塚崎邦弘:慢性型・くすぶり型ATLの診療実態.第5回日本HTLV-1学会学術集会 2018.9 東京都
  20. 亀田拓郎、片岡圭亮、三好寛明、幣光太郎、北中明、日高道弘、宇都宮與、柴田龍弘、大島孝一、小川誠司、下田和哉:臨床情報とゲノム情報を統合したaggressive ATLの予後予測.第5回日本HTLV-1学会学術集会 2018.9 東京都
  21. 幣光太郎、亀田拓郎、片岡圭亮、三好寛明、北中明、日高道弘、宇都宮與、柴田龍弘、大島孝一、小川誠司、下田和哉:臨床情報とゲノム情報を統合したaggressive ATLの予後予測.第10回血液疾患免疫療法学会学術集会 2018.9 東京都
  22. Kotaro Shide, Takuro Kameda, Ayako Kamiunten, Masaaki Sekine, Keiichi Akizuki, Yuki Tahira, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Masahito Ikawa, Kazuya Shimoda:CALR haploinsufficiency compensate HSC funtion of CALR-del52 transgenic mice.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  23. Makoto Yoshimitsu, Miho Hachiman, Kotaro Shide, Kazuya Shimoda, Kenji Ishitsuka:JAK2 T875N, a causative novel activating germline mutation for familial essential thrombocytosis.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  24. 秋月渓一、日高智徳、田平優貴、上運天綾子、関根雅明、亀田拓郎、幣光太郎、久冨木庸子、下田和哉:自己末梢血造血幹細胞移植において MCEC による前処置は60歳以上の症例で移植関連死亡が高率である.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  25. Yoko Kubuki, Masaaki Sekine, Ayako Kamiunten, Takanori Toyama, Masanori Takeuchi, Noriaki Kawano, Kouichi Maeda, Seiichi Satou, Junzo Ishizaki, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Takuro Kameda, Kotaro Shide, Haruko Shimoda, Hiroshi Kawano, Kiyoshi Yamashita, Hitoshi Matsuoka, Tomonori Hidaka, Kazuya Shimoda:A retrospective analysis of treatment for patients with newly diagnosed chronic myeloid leukemia.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  26. Takuro Kameda, Kotaro Shide, Ayako Kamiunten, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Masaaki Sekine, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Kazuya Shimoda:The role of TET2 mutation in the pathogenesis of ATLL.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  27. Shingo Nakahata, Shunsuke Shimosaki, Tomonaga Ichikawa, Takuro Kameda, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Gene Kurosawa, Kazuya Shimoda, Kazuhiro Morishita:High efficacy of anti-TFR1 antibody against the growth of mogamulizmab-resistant ATLL cells.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  28. Shigeki Ito, Masako Iwanaga, Kisato Nosaka, Kenji Ishitsuka, Yoshitaka Imaizumi, Kaoru Uchimaru, Atae Utsunomiya, Yoshiki Tokura, Kensei Tobinai, Kazuya Shimoda, Sawako Nakachi, Toshiki Watanabe, Kunihiro Tsukasaki:A nationwide survey of adult T-cell leukemia-lymphoma (ATL) in Japan, 2012-2013.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  29. Daisuke Shinoda, Yaeko Nakajima-Takagi, Motohiko Oshima, Atsunori Saraya, Goro Sashida, Hironori Harada, Kazuya Shimoda, Haruhiko Koseki, Atsushi Iwama:The cooperation between loss of Pcgf1 and an activating JAK2 mutation in the pathogenesis of MPN.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  30. Ayako Kamiunten, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Masaaki Sekine, Takuro Kameda, Kotaro Shide, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Kiyoshi Yamashita, Takanori Toyama, Kouichi Maeda, Hiroshi Kawano, Masanori Takeuchi, Hitoshi Matsuoka, Junzo Ishizaki, Kazuya Shimoda:Clinical features of essential thrombocythemia in Miyazaki.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  31. Masaaki Sekine, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Ayako Kamiunten, Takuro Kameda, Kotaro Shide, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Kazuya Shimoda:Postpartum transplantation for myelodysplastic syndrome during pregnancy: A case report.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  32. 下田和哉:ET治療アルゴリズムのポイント.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  33. 幣光太郎:モデルマウスによるMPNの病態解明.第80回日本血液学会学術集会 2018.10 大阪市
  34. 鈴木翔、上堂文也、石原立:ESDを施行したH.pylori 未感染早期胃癌の臨床病理学的特徴.第60回日本消化器病学会大会 2018.11 神戸市

地方会

  1. 福島理沙、力武真央、高城一郎、川田千紘、岩尾浩昭、相澤彩子、川口剛、梅北邦彦、安倍弘生、岡山昭彦:多発消化管潰瘍を呈した全身性エリテマトーデスの症例.第320回日本内科学会九州地方会 2018.1 福岡市
  2. 藤崎友基也、山路卓巳、小村杏奈、前村幸輔、増田浩一、後藤敏之、丸塚浩助、菊池郁夫:憩室性大腸炎との鑑別を要したアメーバ性大腸炎の1例.第320回日本内科学会九州地方会 2018.1 福岡市
  3. 桑原麻衣、楠元寿典、久保恵是、落合俊雅、石原善三郎、松岡均、今村卓郎:胃全摘術5年後に骨軟化症と診断された1例.第320回日本内科学会九州地方会 2018.1 福岡市
  4. 外山孝典、山口哲朗:AAアミロイドーシスを合併してMDS(RCMD)の1剖検例.第320回日本内科学会九州地方会 2018.1 福岡市
  5. 関根雅明、田平優貴、秋月渓一、上運天綾子、亀田拓郎、幣光太郎、下田晴子、日髙智徳、久冨木庸子、下田和哉:HIVに関連した中枢神経リンパ腫の一例.第8回日本血液学会九州地方会 2018.3 福岡市
  6. 外山孝典、熊部智章、戸井田達典、藤田良佑、橋本神奈、西山聖也、坂元一樹、味志祐介、山口哲朗:当院で経験したTAFRO症候群もどきの1例.第321回日本内科学会九州地方会 2018.5 久留米市
  7. 上條苑子、中村憲一、蓮池悟、高石優佳、大園芳範、土持舞衣、末田光恵、岩切久芳、永田賢治、下田和哉:ACTH産生肺小細胞がんの肝移転による急性肝不全の一剖検例.第111回日本消化器病学会九州支部例会 2018.6 北九州市
  8. 米澤瑛美、三池忠、市成直樹、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、夏田朱一郎、安倍弘生、田原良博、山本章二朗、河上洋、下田和哉、田代耕盛、田中弘之、秋山裕、盛口清香:分化型胃癌に対するESD施行8年後に異時性の低分化型胃癌を認めた一例.第105回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2018.6 北九州市
  9. 高石優佳、永田賢治、大園芳範、土持舞衣、中村憲一、岩切久芳、末田光恵、蓮池悟、下田和哉、和田敬、旭吉雅秀、七島篤志、後藤清香、佐藤勇一郎:術後8年目に多発肝転移をきたした非機能性神経内分泌腫瘍の一例.第111回日本消化器病学会九州支部例会 2018.6 北九州市
  10. 鈴木翔、三池忠、山本章二朗、河上洋、下田和哉:食道ESDにおける誤嚥リスク因子の検討.第105回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2018.6 北九州市
  11. 落合貴裕、矢野公一、田上幸憲、池ノ上実、土持有貴、濱田剛臣、今村直哉、旭吉雅秀、藤井義郎、永田賢治、佐藤勇一郎、七島篤志:末梢の門脈内で進展する再発形式が非常に稀な肝細胞癌の一例.第111回日本消化器病学会九州支部例会 2018.6 北九州市
  12. 若松美仁、永田賢治、土持舞衣、中村憲一、岩切久芳、蓮池悟、佐藤勇一郎、矢野公一、七島篤志、下田和哉:腫瘍生検で診断し、肝腫瘍切除術を施行しえた細胆管細胞癌の1例.第322回日本内科学会九州地方会 2018.8 大分市
  13. 外山孝典、橋本神奈、熊部智章、藤田良佑、山口哲朗:生前に診断が困難であったEBV-LPDの1剖検例.第322回日本内科学会九州地方会 2018.8 大分市
  14. 米澤瑛美、山本章二朗、貴島翔子、坂元一樹、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、坂口舞、夏田朱一郎、安倍弘生、三池忠、田原良博、下田和哉:潰瘍性大腸炎の経過中に発症したカンピロバクター腸炎に内視鏡が有効であった一例.第26回日本大腸検査学会九州支部会 2018.8 福岡市
  15. 山本章二朗:クローン病治療の現状と課題.第43回日本大腸肛門病学会九州地方会、第34回九州ストーマリハビリテーション研究会 2018.10 福岡市
  16. 山本章二朗、安倍弘生、三池忠:カプセル内視鏡検査はクローン病診断に有用か.第43回日本大腸肛門病学会九州地方会、第34回九州ストーマリハビリテーション研究会 2018.10 福岡市
  17. 柴田直哉、春山幸洋、相良隆二、山本章二朗、小林伸行:機能性直腸肛門痛に対するプレガバリンの効果.第43回日本大腸肛門病学会九州地方会、第34回九州ストーマリハビリテーション研究会 2018.10 福岡市
  18. 平田智也、山本章二朗、安倍弘生、三池忠、柴田直哉、池田拓人、七島篤志:アダリムマブ投与中に腹腔内膿腫を合併したクローン病の一例.第43回日本大腸肛門病学会九州地方会、第34回九州ストーマリハビリテーション研究会 2018.10 福岡市
  19. 中村憲一、永田賢治、高石優佳、大園芳範、土持舞衣、末田光恵、岩切久芳、蓮池悟、矢田崇純、稲田由紀子、坂元秀荘、宇都浩文、楠元寿典、落合俊雅、下田和哉:宮崎県で流行したA型肝炎の検討.第112回日本消化器病学会九州支部例会 2018.11 鹿児島市
  20. 平田智也、三池忠、山本章二朗、下田和哉、河上洋:食道粘膜癌における初期浸潤像の内視鏡的検討.第106回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2018.11 鹿児島市
  21. 吉田直樹、河上洋、久保田良政、坂哲臣、三宮一郎、芦塚伸也、中島孝治、三池忠、安倍弘生、田原良博、山本章二朗、稲津東彦:十二指腸乳頭部腺腫に対する内視鏡的乳頭切除術(EP)後の再発病変に対し再度EPを施行し得た1例.第106回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2018.11 鹿児島市
  22. 古賀浩之、河上洋、押川一達、貴島翔子、篠原実成、米澤瑛美、坂元一樹、米澤玲美、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、松本英丈、久保田良政、芦塚伸也、坂哲臣、山本章二朗、稲津東彦:Roux-en-Y 再建腸管における膵頭部周囲病変に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検法.第106回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2018.11 鹿児島市
  23. 久保田瑠璃、永田賢治、高石優佳、大園芳範、土持舞衣、中村憲一、岩切久芳、末田光恵、蓮家悟、下田和哉:自然経過で発症したと考えられる高齢de novo B型肝炎の1例.第112回日本消化器病学会九州支部例会 2018.11 鹿児島市
  24. 田村穂高、米澤瑛美、三池忠、貴島翔子、坂元一樹、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、安倍弘生、田原良博、山本章二朗、下田和哉、河上洋:服薬指導によって改善したダビガトランによる薬剤性食道潰瘍の1例.第106回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2018.11 鹿児島市
  25. 芦塚伸也、三宮一郎、久保田良政、中島孝治、三池忠、安倍弘生、坂哲臣、田原良博、山本章二朗、稲津東彦、河上洋、北村和雄:クローン病診療におけるインフリキシマブ血中濃度と抗TNF抗体測定意義に関する検討.第112回日本消化器病学会九州支部例会 2018.11 鹿児島市
  26. 坂元一樹、山本章二朗、貴島翔子、米澤瑛美、市成直樹、中村佳菜子、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、夏田朱一郎、坂口舞、前村幸輔、橋本神奈、山路卓巳、安倍弘生、三池忠、田原良博、河上洋、下田和哉:生物学的製剤投与中のクローン病合併妊娠出産例の検討.第112回日本消化器病学会九州支部例会 2018.11 鹿児島市
  27. 田原良博、細川歩、中島孝治、柴田伸弘、米澤瑛美、押川一達、坂元一樹、平田智也、米澤玲美、野田貴穂、鈴木翔、三宮一朗、久保田良政、芦塚伸也、安倍弘生、三池忠、坂哲臣、山本章二朗、稲津東彦、河上洋:切除不能膵癌に対する一次化学療法の治療成績.第112回日本消化器病学会九州支部例会 2018.11 鹿児島市

研究会

  1. 中村憲一:当科におけるエンテカビル投与例の肝発癌症例の検討.第3回宮崎肝癌研究会 2018.1 宮崎市
  2. 亀田拓郎、幣光太郎、上運天綾子、大園芳範、下田和哉:遺伝子変異がATLの予後・病態に及ぼす影響.第22回造血器腫瘍研究会 2018.1 横浜市
  3. 秋月渓一:成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)の同種移植成績と合併症.第35回宮崎血液研究会 2018.4 宮崎市
  4. 外山孝典:当院における再生不良性貧血に対するレボレード投与のまとめ.第35回宮崎血液研究会 2018.4 宮崎市
  5. 日髙智徳:クルプトコッカス感染症の診断と治療.第35回宮崎血液研究会 2018.4 宮崎市
  6. 米澤瑛美:分化型胃癌に対するESD施行8年後に異時性の低分化型胃癌を認めた一例.第9回宮崎消化管セミナー 2018.4 宮崎市
  7. 蓮池悟:当院における肝移植フォロー症例の検討.宮崎肝移植勉強会 2018.5 宮崎市
  8. 関根雅明:多発性骨髄腫の治療について.第75回宮崎血液疾患検討会・学術講演会 2018.6 宮崎市
  9. 外山孝典:当院におけるダラザレックスの使用経験.第12回宮崎骨髄腫研究会 2018.7 宮崎市
  10. 秋月渓一:同種骨髄移植後に発症した播種性トキソプラズマ症.第29回宮崎造血因子研究会 2018.9 宮崎市
  11. 野田貴穂、山本章二朗、貴島翔子、米澤瑛美、坂元一樹、中村佳菜子、平田智也、鈴木翔、坂口舞、夏田朱一郎、河上洋、下田和哉:複数の抗TNFα抗体製剤が無効となり、ウステキヌマブによる治療を行ったクローン病の3例.第27回消化器疾患病態治療研究会 2018.9 高知市
  12. 関根雅明:宮崎県における成人T細胞白血病/リンパ腫治療の現状について.第6回南九州2大学連携血液疾患研究会 2018.11 鹿児島市
  13. 秋月渓一、松岡均:宮崎県における多発性骨髄腫治療の現状について.第6回南九州2大学連携血液疾患研究会 2018.11 鹿児島市
  14. 坂元一樹、山本章二朗:TAC投与後に敗血症性ショックを合併し、敗血症改善後に寛解に至った難治性潰瘍性大腸炎の一例.第51回IBD Club Jr.研究会 2018.12 東京都

講演会、その他

  1. 下田和哉、幣光太郎、北中明、長藤宏司、竹中克斗、赤司浩一:二次性骨髄線維症の全国調査.平成29年度第2回合同班会議総会 2018.1 東京都
  2. 夏田朱一郎:治療に難渋している回腸嚢炎の1例.シンポニー潰瘍性大腸炎効能追加講演会in宮崎 2018.1 宮崎市
  3. 下田和哉:成人T細胞性白血病(ATL)の治療.第61回九州支部生涯教育講演会 2018.1 福岡市
  4. 山路卓巳:消化管疾患の治療戦略~炎症性腸疾患の新規治療薬を中心に~.宮崎木曜会新年学術講演会 2018.1 宮崎市
  5. Shide K, Ikawa M, Shimoda K:Generation of Calr mutation knock-in mice using CRISPR/Cas9 system.JSPS-NUS Joint 2nd Symposium 2018.1 熊本市
  6. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の診断と治療.Novartis Hematology Seminar 2018.1 東京都
  7. 久冨木庸子:科学的根拠にもとづく血小板製剤使用ガイドライン.平成29年度宮崎県合同輸血療法委員会研修会 2018.2 宮崎市
  8. 久冨木庸子:CML.第55回宮崎大学最新医学セミナー 2018.2 宮崎市
  9. 永田賢治:知っておきたいC型肝炎の最新情報.宮崎県肝炎対策事業講演会 2018.2 都城市
  10. 下田和哉、幣光太郎、亀田拓郎、片岡圭亮、小川誠司、柴田龍弘、十時泰、日高道弘、宇都宮與:成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)最適化医療の確立とハイリスクキャリアの同定にむけて.平成29年度第2回班会議報告 2018.2 東京都
  11. 外山孝典:症例検討1.第6回宮崎県Myeloma Winter Forum 2018.2 宮崎市
  12. 下田和哉:成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)最適化医療の確立と、ハイリスクキャリアの同定.HTLV-1 関連疾患研究領域 研究班合同発表会 2018.2 東京都
  13. 中村憲一:高齢C型肝炎患者におけるフレイルの検討.アッヴィ肝炎フォーラムin宮崎 2018.3 宮崎市
  14. 畑田紘志:治療に難渋しているクローン病の1例.第31回IBD mini conference 2018.3 福岡市
  15. 山本章二朗:下痢・便秘治療のup to date.第24回児湯内科医会学術集会 2018.3 高鍋町
  16. 下田和哉:本態性血小板血症の治療.MPN Conference in KAWASAKI 2018.3 川崎市
  17. 関根雅明:多発性骨髄腫の病態と治療について.第56回宮崎最新医学セミナー 2018.3 宮崎市
  18. Takuro Kameda:The impact of genetic mutations on the clinical outcome of ATLL.HTLV-1関連疾患特別講演会 2018.4 宮崎市
  19. 蓮池悟:肝臓内科でできること、やってきたこと.宮崎大学最新医学セミナー 2018.4 宮崎市
  20. 三池忠:食道癌診療のup to date.宮崎胃と腸懇話会 2018.5 宮崎市
  21. Kazuya Shimoda:Role of wild-type and CALR mutation in pathogenesis in MPNs.The 6th TSH International Symposium 2018.5 Bangkok
  22. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の診断と治療.Novartis Hematology Seminar in Sakurayama 2018.5 名古屋市
  23. 楠元寿典:肝臓内科でできること、やってきたこと.宮崎大学最新医学セミナー 2018.5 宮崎市
  24. 関根雅明:血液内科医の考えていること.宮崎大学最新医学セミナー 2018.5 宮崎市
  25. 外山孝典:ポテリジオが奏功した赤芽球ろう合併PTCLの一例.第12回宮崎輸血・細胞治療セミナー 2018.6 宮崎市
  26. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の診断と治療.MPN Case Study Forum in KANAGAWA 2018.6 横浜市
  27. 赤司浩一、沼田晃彦、竹中克斗、下田和哉、幣光太郎:わが国における原発性骨髄線維症全国調査フォローアップ経過報告.平成30年度第1回合同班会議総会 2018.6 東京都
  28. 下田和哉、幣光太郎、北中明、長藤宏司、竹中克斗、赤司浩一:二次性骨髄線維症の全国調査.平成30年度第1回合同班会議総会 2018.6 東京都
  29. 外山孝典:当院での各抗体薬のポジショニングについて.2018 Hematology Seminar in Miyazaki 2018.6 宮崎市
  30. 亀田拓郎:血液内科でできること、やってきたこと.宮崎大学最新医学セミナー 2018.6 宮崎市
  31. 山本章二朗:消化器内科でできること、やってきたこと.宮崎大学最新医学セミナー 2018.6 宮崎市
  32. 山本章二朗:炎症性腸疾患とは?.宮崎市郡薬剤師会学術講演会 2018.7 宮崎市
  33. 下田和哉:本態性血小板血症の診断と治療.Okayama MPN Forum 2018.7 岡山市
  34. 夏田朱一郎:潰瘍性大腸炎の日常診療.都城UCセミナー 2018.7 都城市
  35. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の病態と治療.第9回日本血液学会関東甲信越地方会特別講演 2018.7 埼玉県
  36. 大園芳範:高齢C型慢性肝疾患患者におけるハーボニー配合錠の治療成績.宮崎県ウイルス性肝炎セミナー 2018.7 宮崎市
  37. 久保田瑠璃、関根雅明:18年の寛解期間を経て再発した急性前骨髄球性白血病.第15回先端医療セミナー 2018.7 宮崎市
  38. 福永幹、蓮池悟:肝細胞癌の治療後に発症した後天性凝固第V因子欠乏症の一例.第15回先端医療セミナー 2018.7 宮崎市
  39. 畑田紘志、平田智也:アダリムマブ投与中に腹腔内膿瘍を合併したクローン病の一例.第15回先端医療セミナー 2018.7 宮崎市
  40. 若松美仁、上運天綾子:脾腫と骨髄浸潤で発症したB細胞性リンパ腫.第15回先端医療セミナー 2018.7 宮崎市
  41. 上條苑子、蓮池悟:ACTH産生肺小細胞がんの肝移転による急性肝不全の一剖検例.第15回先端医療セミナー 2018.7 宮崎市
  42. 猿渡英美、米澤瑛美:内視鏡より診断できた潰瘍性大腸炎の経過中に発症したカンピロバクター腸炎の1例.第15回先端医療セミナー 2018.7 宮崎市
  43. 田原良博:当科における膵がん化学療法の現状.膵・消化管神経内分泌腫瘍セミナー 2018.8 宮崎市
  44. 大園芳範:肝臓内科でできること、やってきたこと.宮崎大学最新医学セミナー 2018.7 宮崎市
  45. 幣光太郎:血液内科でできること、やってきたこと.宮崎大学最新医学セミナー 2018.7 宮崎市
  46. 下田和哉:造血器腫瘍治療ガイドライン改訂のポイント.本態性血小板血症治療のいまを考える 2018.8 東京都
  47. 鈴木翔:クローン病治療におけるクリニカルクエスチョン.クローン病トピックスレクチャー 2018.8 宮崎市
  48. 山本章二朗:変わりつつある便秘の診療.日向市東臼杵郡医師会学術講演会 2018.8 日向市
  49. 古賀浩之、平田智也、山本章二朗:アダリムマブ投与中に腹腔内膿腫を来たしたクローン病の1例.第32回IBD mini conference 2018.8 福岡市
  50. 幣光太郎、下田和哉:CALR変異によるMPN発症メカニズムの解明.F-CHOP2018 2018.9 東京都
  51. 秋月渓一:宮崎県における多発性骨髄腫治療の現状について.宮崎多発性骨髄腫セミナー 2018.9 宮崎市
  52. 外山孝典:当院におけるニンラーロの適正使用について.宮崎多発性骨髄腫セミナー 2018.9 宮崎市
  53. 秋月渓一:血液疾患に合併した難治性感染症治療の経験.第58回宮崎最新医学セミナー 2018.9 宮崎市
  54. 小村杏奈:心タンポナーデをきたした潰瘍性大腸炎の一例.第4回宮崎内科学術講演会 2018.9 宮崎市
  55. 岩切久芳:当科における肝細胞癌に対する分子標的治療.第6回宮崎大学がん診療部医療連携講演会~テーマ:がん治療の最前線~ 2018.9 宮崎市
  56. 秋月渓一:同種造血幹細胞移植前のアザシチジン療法の経験.宮崎造血フォーラム 2018.10 宮崎市
  57. 大園芳範:C型肝炎における最新の治療とハーボニー配合錠の治療成績.日向地区C型肝炎治療セミナー 2018.10 日向市
  58. 幣光太郎:MPN診断・治療のup to date.長崎MPN Seminar 2018.10 長崎市
  59. 永田賢治:お酒と食事と肝臓病.平成30年度宮崎県肝がん撲滅運動市民公開講座 知っておきたい肝臓病の最新知識 2018.10 延岡市
  60. 大園芳範:C型肝炎の最新の治療について.平成30年度宮崎県肝がん撲滅運動市民公開講座 知っておきたい肝臓病の最新知識 2018.10 延岡市
  61. 岩切久芳:肝がん・肝硬変の最新治療について.平成30年度宮崎県肝がん撲滅運動市民公開講座 知っておきたい肝臓病の最新知識 2018.10 延岡市
  62. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の病態と治療.MPN case discussion Forum 2018~MPN治療の実際と今後を考える~ 2018.10 東京都
  63. 下田和哉:真性多血症の新しい診断基準と、血栓予防を目指した治療.NOVARTIS HEMATOLOGY WEB SEMINAR 2018.10 福岡市
  64. 下田和哉、幣光太郎、亀田拓郎、上運天綾子、片岡圭亮、小川誠司、柴田龍弘、十時泰、日高道弘、宇都宮與:成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)最適化医療の確立とハイリスクキャリアの同定にむけて.平成30年度第1回班会議報告 2018.10 東京都
  65. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍-WHO診断基準および造血器腫瘍診療ガイドライン改訂をふまえて-.熊本臨床検査セミナー 2018.10 熊本市
  66. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の病態と治療.第33回静岡県東部血液セミナー 2018.11 静岡県
  67. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の診断と治療.MPN EXPERT CONFERENCE IN 愛媛 2018.11 愛媛県
  68. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の診断と治療.第14回大隅血液セミナー 2018.11 鹿屋市
  69. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の病態と治療.Novartis MPN web seminar 2018.11 つくば市
  70. 山本章二朗:更に増加するIBD診療にどう取り組むか.第5回八腸会 2018.11 北九州市
  71. 山本章二朗:IBDにおける診断と治療.松山IBD Meeting 2018.12 松山市
  72. 幣光太郎:骨髄増殖性腫瘍の診断~WHO2017診断基準、改訂の要点~.Novartis MPN web seminar 2018.12 宮崎市
  73. 下田和哉:ガイドラインに基づくMPN治療.Novartis MPN web seminar 2018.12 宮崎市
  74. 下田和哉:本態性血小板血症の診断・治療.Shire MPN e-Academy from Mito 2018.12 水戸市
  75. 下田和哉:真性多血症、本態性血小板血症.骨髄増殖性腫瘍患者・家族会(MPN-JAPAN)勉強会/交流会 in 福岡 2018.12 福岡市
初診
火曜日・木曜日の午前中
(受付時間 8:30~11:00)
再診
火曜日・木曜日の午前中
(受付時間 8:30~11:00)

※その他の曜日は予約のみ診療

在学生ログイン
学内専用の在学生用ページです。ご覧になるにはログインIDが必要となります。

研修後の先生へ
こちらは研修医の先生専用のページになります。一般の方はご遠慮ください。
このページの先頭へ