研究紹介・業績

2017年実績

著書

  1. 下田和哉:がんの薬物療法.センター便り, 5-7, 2017年
  2. 上運天綾子、下田和哉:骨髄繊維症 疾患概念・病因・病態.貧血学―最新の診断・治療動向―, 311-314, 2017年
  3. 山本章二朗:IBDにおける内視鏡診断.第30回日本消化器内視鏡学会九州セミナーテキスト, 109-117, 2017年
  4. 日髙智徳、下田和哉:6 骨髄増殖性腫瘍.血液疾患最新の治療2017-2019, 140-144, 2017年
  5. 下田和哉:My Mentor Jim Ihle先生.Hematology AGORA(血液の広場)2017年春号,  36-37, 2017年
  6. 三池忠:Question6. 組織型は?.ESDのための食道癌術前診断, 110-115, 2017年
  7. 亀田拓郎、下田和哉:原発性骨髄線維症.1336専門家による私の治療, 706-708, 2017年

原著

  1. Takenaka K, Shimoda K, Uchida N, Shimomura T, Nagafuji K, Kondo T, Shibayama H, Mori T, Usuki K, Azuma T, Tsutsumi Y, Tanaka J, Dairaku H, Matsuo K, Ozawa K, Kurokawa M, Arai S, Akashi K:Clinical features and outcomes of patients with primary myelofibrosis in Japan: report of a 17-year nationwide survey by the Idiopathic Disorders of Hematopoietic Organs Research Committee of Japan.International Journal of Hematology.105(1):59-69,2017
  2. Shimosaki S, Nakahata S, Ichikawa T, Kitanaka A, Kameda T, Hidaka T, Kubuki Y, Kurosawa G, Zhang L, Sudo Y, Shimoda K, Morishita K:Development of a complete human IgG monoclonal antibody to transferrin receptor 1 targeted for adult T-cell leukemia/lymphoma.Biochemical and Biophysical Research Communications.485(1):144-151,2017
  3. Kubuki Y, Shide K, Kameda T, Yamaji T, Sekine M, Kamiunten A, Akizuki K, Shimoda H, Tahira Y, Nakamura K, Abe H, Miike T, Iwakiri H, Tahara Y, Sueta M, Hashimoto K, Yamamoto S, Hasuike S, Hidaka T, Nagata K, Kitanaka A, Shimoda K:Differences in Hematological and Clinical Features Between Essential Thrombocythemia Cases With JAK2- or CALR-Mutations.Annals of laboratory medicine.37(2):159-161,2017
  4. Kawano N, Kuriyama T, Yoshida S, Kawano S, Yamano Y, Marutsuka K, Minato S, Yamashita K, Ochiai H, Shimoda K, Ishikawa F, Kikuchi I:The Impact of a Humanized CCR4 Antibody (Mogamulizumab) on Patients with Aggressive-Type Adult T-Cell Leukemia-Lymphoma Treated with Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation.Journal of clinical and experimental hematopathology.56(3):135-144,2017
  5. Kubuki Y, Yamaji T, Hidaka T, Kameda T, Shide K, Sekine M, Kamiunten A, Akizuki K, Shimoda H, Tahira Y, Nakamura K, Abe H, Miike T, Iwakiri H, Tahara Y, Sueta M, Yamamoto S, Hasuike S, Nagata K, Kitanaka A, Shimoda K:TET2 mutation in diffuse large B-cell lymphoma.Journal of clinical and experimental hematopathology.56(3):145-149,2017
  6. Hasegawa N, Oshima M, Sashida G, Matsui H, Koide S, Saraya A, Wang C, Muto T, Takane K, Kaneda A, Shimoda K, Nakaseko C, Yokote K, Iwama A:Impact of combinatorial dysfunctions of Tet2 and Ezh2 on the epigenome in the pathogenesis of myelodysplastic syndrome.Leukemia.31(4):861-871,2017
  7. Shide K, Kameda T, Yamaji T, Sekine M, Inada N, Kamiunten A, Akizuki K, Nakamura K, Hidaka T, Kubuki Y, Shimoda H, Kitanaka A, Honda A, Sawaguchi A, Abe H, Miike T, Iwakiri H, Tahara Y, Sueta M, Hasuike S, Yamamoto S, Nagata K, Shimoda K:Calreticulin mutant mice develop essential thrombocythemia that is ameliorated by the JAK inhibitor ruxolitinib.Leukemia.31(5):1136-1144,2017
  8. Inokura K, Fujiwara T, Saito K, Iino T, Hatta S, Okitsu Y, Fukuhara N, Onishi Y, Ishizawa K, Shimoda K, Harigae H:Impact of TET2 Deficiency on Iron Metabolism in Erythroblasts.Experimental hematology.49:56-67.e5,2017
  9. Sekine M, Kubuki Y, Kameda T, Takeuchi M, Toyama T, Kawano N, Maeda K, Sato S, Ishizaki J, Kawano H, Kamiunten A, Akizuki K, Tahira Y, Shimoda H, Shide K, Hidaka T, Kitanaka A, Yamashita K, Matsuoka H, Shimoda K:Effects of mogamulizumab in adult T-cell leukemia/lymphoma in clinical practice.European journal of haematology.98(5):501-507,2017
  10. Ueda K, Ikeda K, Ikezoe T, Harada-Shirado K, Ogawa K, Hashimoto Y, Sano T, Ohkawara H, Kimura S, Shichishima-Nakamura A, Nakamura Y, Shikama Y, Mori T, Mason PJ, Bessler M, Morishita S, Komatsu N, Shide K, Shimoda K, Koide S, Aoyama K, Oshima M, Iwama A, Takeishi Y:Hmga2 collaborates with JAK2V617F in the development of myeloproliferative neoplasms.Blood advances.1(15):1001-1015,2017
  11. Yamaji T, Shide K, Kameda T, Sekine M, Kamiunten A, Hidaka T, Kubuki Y, Shimoda H, Abe H, Miike T, Iwakiri H, Tahara Y, Sueta M, Yamamoto S, Hasuike S, Nagata K, Shimoda K:Loss of Tyrosine Kinase 2 Does Not Affect the Severity of Jak2V617F-induced Murine Myeloproliferative Neoplasm.Anticancer research.37(7):3841-3847,2017
  12. Kobayashi T, Nannya Y, Ichikawa M, Oritani K, Kanakura Y, Tomita A, Kiyoi H, Kobune M, Kato J, Kawabata H, Shindo M, Torimoto Y, Yonemura Y, Hanaoka N, Nakakuma H, Hasegawa D, Manabe A, Fujishima N, Fujii N, Tanimoto M, Morita Y, Matsuda A, Fujieda A, Katayama N, Ohashi H, Nagai H, Terada Y, Hino M, Sato K, Obara N, Chiba S, Usuki K, Ohta M, Imataki O, Uemura M, Takaku T, Komatsu N, Kitanaka A, Shimoda K, Watanabe K, Tohyama K, Takaori-Kondo A, Harigae H, Arai S, Miyazaki Y, Ozawa K, Kurokawa M; for National Research Group on Idiopathic Bone Marrow Failure Syndromes:A nationwide survey of hypoplastic myelodysplastic syndrome (a multicenter retrospective study).American Journal of hematology.92(12):1324-1332,2017
  13. Mesa RA, Kiladjian JJ, Catalano JV, Devos T, Egyed M, Hellmann A, McLornan D, Shimoda K, Winton EF, Deng W, Dubowy RL, Maltzman JD, Cervantes F, Gotlib J:SIMPLIFY-1: A Phase III Randomized Trial of Momelotinib Versus Ruxolitinib in Janus Kinase Inhibitor-Na?ve Patients With Myelofibrosis.Journal of clinical oncology.35(34):3844-3850,2017
  14. Ozono Y, Nagata K, Hasuike S, Iwakiri H, Nakamura K, Tsuchimochi M, Yamada Y, Takaishi Y, Sueta M, Miike T, Tahara Y, Yamamoto S, Shide K, Hidaka T, Kubuki Y, Kusumoto K, Ochiai T, Kato J, Komada N, Hirono S, Kuroki K, Shigehira M, Shimoda K:Efficacy and safety of sofosbuvir and ledipasvir in japanese patients aged 75 years or over with hepatitis C genotype 1.World Journal of Hepatology.9(36):1340-1345,2017
  15. Kawano N, Tasaki A, Kawano S, Yoshida S, Tahara Y, Kuriyama T, Yamashita K, Ochiai H, Shimoda K, Kikuchi I:Sequential Organ Failure Assessment(SOFA) score as a prognostic factor for disseminated intravascular coagulation patients with infectious disease treated with recombinant human soluble thrombomodulin(rhTM) in clinical practice.Japanese Journal of Transfusion and Cell Therapy.63(6):763-779,2017

症例

  1. 柴田直哉、南史朗、深尾理、村田隆二、相良誠二、柴田みつみ、杉江悟、山本章二朗、小林伸行:機能性直腸肛門痛に対するプレガバリンの効果.日本大腸肛門病学会雑誌70巻2号:68-72,2017
  2. 山本章二朗、山路卓巳、夏田朱一郎、坂元一樹、中村佳菜子、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、坂口舞、橋本神奈、前村幸輔、安倍弘生、三池忠、田原良博、下田和哉:内視鏡的結紮術が有効であった胃Dieulafoy潰瘍の1例.宮崎県医師会医学会誌41巻1号:54-63,2017
  3. Ishizaki Y, Kubuki Y, Tahira Y, Akizuki K, Hidaka T, Kamiunten A, Tahara Y, Kurihara I, Takeishi G, Sameshima N, Sato Y, Sekine M, Kameda T, Shide K, Abe H, Miike T, Iwakiri H, Yamamoto S, Hasuike S, Nagata K, Asada Y, Takeshima H, Shimoda K:Adult onset multisystem Langerhans cell histiocytosis, whose initial clinical manifestation was central diabetes insipidus.宮崎県医師会医学会誌41巻2号:142-147,2017

総説

  1. 秋月渓一、下田和哉:白血病の治療:日本内科学会雑誌106(3):546-551,2017
  2. Shimoda K, Shide K, Kameda T:Mutant calreticulin causes essential thrombocythemia:Oncotarget8(51):88251-88252,2017
  3. 亀田拓郎:ATL発症におけるTET2の役割:血液内科74(3):339-345,2017
  4. 山本章二朗:消化器の診療(3)潰瘍性大腸炎とクローン病の診断~画像検査を中心に~:宮崎県内科医師会誌91:30-34,2017
  5. 久冨木庸子、下田和哉:特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療選択肢:日本医事新報4862:49,2017
  6. 日髙智徳、下田和哉:第3世代チロシンキナーゼ阻害薬による慢性骨髄性白血病の治療と進歩:日本医事新報4865:60,2017
  7. 幣光太郎、下田和哉:DNAメチル化阻害薬とTP53変異:日本医事新報4869:53,2017
  8. 亀田拓郎、下田和哉:成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)に対するレナリドミド療法:日本医事新報4871:51,2017
  9. 秋月渓一、下田和哉:急性リンパ芽球性白血病治療の進歩:日本医事新報4874:51,2017
  10. 山本章二朗:消化器の診療(4)炎症性腸疾患の治療~潰瘍性大腸炎の治療~:宮崎県内科医会誌92:17-21,2017
  11. 関根雅明、下田和哉:血友病Aの新たな治療法:日本医事新報4880:53,2017

国際学会

  1. Kameda T, Shide K, Sekine M, Yuki T, Kamiunten A, Akizuki K, Shimoda H, Hidaka T, Kubuki Y, Kitanaka A, Shimoda K:HBZ-transgenic Mice Develop Inflammation and Lymphoma.18th International Conference on Human Retorovirology HTLV and Related Viruses Tokyo 2017 2017.3 Tokyo
  2. Sekine M, Kubuki Y, Kameda T, Takeuchi M, Toyama T, Kawano N, Maeda K, Sato S, Ishizaki J, Kawano H, Kamiunten A, Akizuki K, Tahira Y, Shimoda H, Shide K, Hidaka T, Kitanaka A, Yamashita K, Matsuoka H, Shimoda K:Mogamulizumab for Adult T-cell leukemia/lymphoma in Clinical Practice. 18th International Conference on Human Retorovirology HTLV and Related Viruses Tokyo 2017 2017.3 Tokyo
  3. Sekine M, Kubuki Y, Kameda T, Takeuchi M, Toyama T, Kawano N, Maeda K, Sato S, Ishiaki J, Kawano H, Kamiunten A, Akizuki K, Tahira Y, Shimoda H, Shide K, Hidaka T, Kitanaka A, Yamashita K, Matsuoka H, Shimoda K:Mogamulizumab for Adult T-cell Leukemia/Lymphoma in Clinical Practice.The 8th JSH International Symposium 2017 in Miyazaki 2017.5 Miyazaki

総会

  1. 下田和哉:MPNの診断と治療の最適化に向けて.日本造血細胞移植学会総会 2017.3 島根県
  2. 大野梨絵、浦田修平、柴田伸弘、山本雄一朗、千阪智美、畑中真理、谷之木佑歌、田崎智也、高橋沙李、竹迫明子、中島孝治、原口大、川野理沙、田原良博、永井公洋、下田和哉、岩切智美、奥村学、有森和彦:Ruamucirumabによる薬剤性高血圧に関する検討.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017 2017.3 新潟県
  3. 浦田修平、大野梨絵、柴田伸弘、山本雄一朗、千阪智美、畑中真理、谷之木佑歌、田崎智也、高橋沙李、竹迫明子、中島孝治、原口大、川野理沙、田原良博、永井公洋、下田和哉、岩切智美、奥村学、有森和彦:分子標的薬使用に際しての最適な尿蛋白スクリーニングの検討.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017 2017.3 新潟県
  4. 山本雄一朗、柴田伸弘、永井公洋、千阪智美、松元裕子、浦田修平、大野梨絵、山口秀樹、米川忠人、長嶺和弘、川野理沙、三輪真砂子、畑中真理、谷之木佑歌、田原良博、下田和哉、岩切智美、奥村学、有森和彦:Lenvatinibによる有害事象の発現時期の検討.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017 2017.3 新潟県
  5. 幣光太郎、亀田拓郎、本田新、関根雅明、上運天綾子、秋月渓一、田平優貴、日髙智徳、久冨木庸子、北中明、下田和哉:CALR del52 変異はMPLと協調してJAK-STAT経路を活性化し、マウスにETを発症させる.第54回日本臨床分子医学会学術集会 2017.4 東京都
  6. 山本章二朗、坂元一樹、中津留佳菜子、夏田朱一郎、橋本神奈、山路卓巳、安倍弘生、三池忠、田原良博、下田和哉:生物学的製剤投与中のクローン病合併出産例の検討.第114回日本内科学会講演会 2017.4 東京都
  7. 中島知太郎、橋本神奈、黒木健吾、坪内拡伸、宮内俊一、小松弘幸、下田和哉:診断に難渋した小腸悪性リンパ腫の一例.第114回日本内科学会講演会 2017.4 東京都
  8. 永田賢治、蓮池悟、下田和哉:高齢者C型慢性肝炎症例に対するソホスブビル+リバビリン併用療法の有用性の検討.第103回日本消化器病学会総会 2017.4 東京都
  9. 藤原利成、井上輝彦、駒田直人、加藤順也、冷牟田浩二、山本章二朗、下田和哉:Epstein-Barrウイルス感染症の合併が強く疑われた大腸炎の一例.第93回日本消化器内視鏡学会総会 2017.5 大阪市
  10. 岩切久芳、永田賢治、高石優佳、山田優里、土持舞衣、中村憲一、末田光恵、蓮池悟、大園芳範、加藤順也、駒田直人、楠元寿典、落合俊雅、黒木和男、弘野修一、重平正文、下田和哉:高齢C型慢性肝疾患に対するソホスブビル+レジパスビル併用療法の治療成績.第53回日本肝臓学会総会 2017.6 広島市
  11. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍モデルマウスを用いた病態解析と新規治療法開発.第27回日本サイトメトリー学会学術集会 2017.6 神戸市
  12. 三池忠、田原良博、山本章二朗、下田和哉:食道腫瘍に対するNBI観察におけるbackground coloration明瞭化の臨床的な有用性の検討.第71回日本食道学会学術集会 2017.6 長野県
  13. 坂元あい子、稲田直樹、岩切望美、小山田栄子、竹ノ内博之、久冨木庸子、下田和哉:末梢血幹細胞採取の最適な採取時期判断へのHPCの有用性.第65回日本輸血・細胞治療学会総会 2017.6 千葉市
  14. 落合やよい、西原みどり、久冨木庸子、下田和哉:安全な輸血実施のための部署ラウンドと輸血教育.第65回日本輸血・細胞治療学会総会 2017.6 千葉市
  15. 久冨木庸子、日高智徳、田平優貴、秋月渓一、関根雅明、上運天綾子、松岡均、山下清、外山孝典、石崎淳三、佐藤誠一、前田宏一、下田和哉:宮崎県における65歳超の多発性骨髄腫の治療成績.第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 2017.7 神戸市
  16. 外山孝典:ポナチニブの単剤投与が有効であった治療抵抗性Ph陽性ALLの1例.第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 2017.7 神戸市
  17. 秋月渓一、日高智徳、田平優貴、関根雅明、上運天綾子、亀田拓郎、幣光太郎、久冨木庸子、下田晴子、下田和哉:長期の間隔で発症したImmunodeficiency associated Burkitt lymphoma.第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 2017.7 神戸市
  18. 亀田拓郎、幣光太郎、上運天綾子、大園芳範、関根雅明、田平優貴、秋月渓一、下田晴子、日髙智徳、久冨木庸子、北中明、下田和哉:HBZ/PRKCb変異/TET2欠損の多重異常によるマウスモデル作成の試み.第4回日本HTLV-1学会学術集会 2017.8 大阪府
  19. 今泉芳孝、岩永正子、野坂生郷、石塚賢治、宇都宮與、戸倉新樹、仲地佐和子、森内幸美、林正樹、下田和哉、飛内賢正、渡邉俊樹、内丸薫、塚崎邦弘:慢性型およびくすぶり型ATLの予後の検討:第11次全国実態調査の解析結果.第4回日本HTLV-1学会学術集会 2017.8 大阪府
  20. Tomonaga Ichikawa, Obeid Shanab, Shingo Nakahata, Shunsuke Shimosaki, Nawin Manachai, Masaya Ono, Hidekatsu Iha, Kazuya Shimoda, Mohammed Ismail, Ahmed Nassar, Kazuhiro Morishita:Synthetic lethality of PRMT5 inhibition in NDRG2-deficient adult T-cell leukemia through HSP90A dysfunction.第76回日本癌学会学術総会 2017.9 横浜市
  21. 秋月渓一、日高智徳、田平優貴、上運天綾子、関根雅明、亀田拓郎、幣光太郎、下田晴子、久冨木庸子、下田和哉:成人T細胞性白血病に対してATGを用いたハプロ移植後に中枢神経系リンパ腫を発症した1例.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  22. Takuya Ono, Toshie Ogasawara, Kiyotaka Kawauchi, Naoki Mori, Hiroshi Sakura, Kotaro Shide, Kazuya Shimoda:JAK2-negative acute monocytic leukemia developed in essential thrombocythemia with JAK2 mutation.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  23. 濱廣友華、日高智徳、田平優貴、秋月渓一、上運天綾子、関根雅明、亀田拓郎、幣光太郎、下田晴子、久冨木庸子、下田和哉:眼内リンパ腫に対するメトトレキサート硝子体内局所注入および大量メトトレキサート療法の有効性.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  24. Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Masaaki Sekine, Ayako Kamiunten, Takuro Kameda, Kotaro Shide, Haruko Shimoda, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Kazuya Shimoda:Testicular relapse of primary central nervous system lymphoma.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  25. Kotaro Shide, Takuro Kameda, Masaaki Sekine, Ayako Kamiunten, Keiichi Akizuki, Yuki Tahira, Haruko Shimoda, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Arata Honda, Masahito Ikawa, Kazuya Shimoda:Murine CALR mutants Homologous to human CALR mutants activate STATs, but do not develop MPNs in vivo.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  26. Daisuke Shinoda, Yaeko Nakajima-Takagi, Motohiko Oshima, Atsunori Saraya, Goro Sashida, Hironori Harada, Kazuya Shimoda, Haruhiko Koseki, Atsushi Iwama:Deletion of Pcgf1 promotes JAK2V617F-induced myelofibrosis.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  27. Tomonaga Ichikawa, Obeid Shanab, Shingo Nakahata, Shunsuke Shimosaki, Nawin Manachai, Masaya Ono, Hidekatsu Iha, Kazuya Shimoda, Mohammed Ismail, Ahmed Nassar, Kazuhiro Morishita:Targeting PRMT5 inhibits HSP90A function and induces apoptosis in NDRG2-deficient ATL.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  28. Ayako Kamiunten, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Masaaki Sekine, Takuro Kameda, Kotaro Shide, Haruko Shimoda, Tmonori Hidaka, Yoko Kubuki, Kazuya Shimoda:Retrospective analysis of allo-HSCT for ATLL in single center experience.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  29. Takuro Kameda, Kotaro Shide, Masaaki Sekine, Ayako Kamiunten, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Haruko Shimoda, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Kazuya Shimoda:Effect of HBZ and PRKCbD427N in ATLL development.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  30. Noriaki Kawano, Shuro Yoshida, Takuro Kuriyama, Tomonori Shimokawa, Takashi Nakaike, Kiyoshi Yamashita:The impact of HTLV-1 for organ transplantation(BMT and renal transplantation)in our insutitution. 第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  31. Kazuya Shimoda:Introduction to the 2016 revised WHO criteria for MPN.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  32. Masaaki Sekine, Yoko Kubuki, Takuro Kameda, Masanori Takeuchi, Takanori Toyama, Noriaki Kawanom, Kouichi Maeda, Siichi Sato, Junzo Ishizaki, Hiroshi Kawano, Ayako Kamiunten, Keiichi Akizuki, Yuki Tahira, Haruko Shimoda, Kotaro Shide, Tomonori Hidaka, Akira Kitanaka, Kiyoshi Yamashita, Hitoshi Matsuoka, Kazuya Shimoda:Effects of mogamulizumab in adult T-cell leukemia/lymphoma in clinical practice.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  33. Yoshitaka Imaizumi, Masako Iwanaga, Kisato Nosaka, Shigeki Ito, Kenji Ishitsuka, Atae Utsunomiya, Yoshiki Tokura, Sawako Nakachi, Kazuya Shimoda, Kensei Tobinai, Toshiki Watanabe, Kaoru Uchimaru, Kunihiro Tsukasaki:Treatment and prognosis of ATL patients of acute and lymphoma types:A nationwide survey.第79回日本血液学会学術集会 2017.10 東京都
  34. 柴田直哉、南史朗、深尾理、杉江悟、相良誠二、村田隆二、春山幸洋、山本章二朗、柴田みつみ:複雑痔瘻に対する診断と治療.第72回日本大腸肛門病学会 2017.11 福岡市

地方会

  1. 川野理沙、柴田伸弘、千阪智美、松野織江、三輪真砂子、山本雄一朗、谷之木佑歌、田原良博、日髙智徳、永井公洋、下田和哉:血管外漏出リスク因子を有する患者に対する血管外漏出予防対策の成果.第14回日本乳癌学会九州地方会 2017.3 福岡市
  2. 柴田伸弘、柏葉匡寛、玉田修吾、中原浩、齊藤智和、船ケ山まゆみ、前田資雄、駒木幹正、千阪智美、山本雄一朗、田﨑智也、谷之木佑歌、川野理沙、三輪真砂子、田原良博、日髙智徳、永井公洋、下田和哉:前治療歴のあるHER2陽性進行・再発乳癌に対するT-DM1治療成績の検討.第14回日本乳癌学会九州地方会 2017.3 福岡市
  3. 山本章二朗:症例から解説する潰瘍性大腸炎治療の極意.第109回日本消化器病学会九州支部例会/第103回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2017.5 福岡市
  4. 山本章二朗、三池忠、坂元一樹、中村佳菜子、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、夏田朱一郎、坂口舞、橋本神奈、前村幸輔、山路卓巳、安倍弘生、柴田直哉、田原良博、下田和哉:潰瘍性大腸炎に対するサーベイランス内視鏡の現状.第109回日本消化器病学会九州支部例会/第103回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2017.5 福岡市
  5. 藤原利成、山本章二朗、駒田直人、加藤順也、下田和哉、冷牟田浩二:アザチオプリンにアロプリノールを併用した3例.第109回日本消化器病学会九州支部例会/第103回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2017.5 福岡市
  6. 外山孝典、戸井田達典、橋本神奈、熊部智章、福永慎、藤田良佑、西山聖也、味志裕介、坂元一樹、山口哲朗:インフルエンザワクチン接種後に発症した自己免疫性溶血性貧血(AIHA)の1例.第318回日本内科学会九州地方会 2017.8 鹿児島市
  7. 外山孝典、戸井田達典、橋本神奈、熊部智章、福永慎、藤田良佑、西山聖也、味志裕介、坂元一樹、山口哲郎:AML(M3)の地固め療法中に炎症性偽腫瘍を合併した2症例.第319回日本内科学会九州地方会 2017.10 福岡市
  8. 常岡祐希、仲池隆史、下川知則、上田尚靖、河野徳明、山下清:初診時に体液貯留の所見を欠いたTAFRO症候群.第319回日本内科学会九州地方会 2017.10 福岡市
  9. 平田智也、山本章二朗、市成直樹、米澤瑛美、野田貴穂、鈴木翔、坂口舞、夏田朱一郎、安倍弘生、三池忠、田原良博、河上洋、柴田直哉、池田拓人、七島篤志、下田和哉:当科で経験したクローン病関連癌の検討.第110回日本消化器病学会九州支部例会、第104回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2017.11 那覇市
  10. 小川宗一郎、中村憲一、高石優佳、大園芳範、土持舞衣、楠元寿典、岩切久芳、末田光恵、蓮池悟、永田賢治、下田和哉:FDG-PETにて集積を認め肝細胞癌との鑑別が困難であった肝血管筋脂肪腫の一切除例.第110回日本消化器病学会九州支部例会、第104回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2017.11 那覇市
  11. 小村杏奈、後藤敏之、山路卓巳、前村幸輔:潰瘍性大腸炎関連食道潰瘍に対してメサラジン粉砕投与が有効であった一例.第110回日本消化器病学会九州支部例会、第104回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2017.11 那覇市
  12. 市成直樹、三池忠、米澤瑛美、小村杏奈、中村佳菜子、坂元一樹、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、夏田朱一郎、前村幸輔、橋本神奈、山路卓巳、安倍弘生、田原良博、山本章二朗、下田和哉、河上洋、長安真由美、秋山裕:内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除しえた食道類基底細胞癌の一例.第110回日本消化器病学会九州支部例会、第104回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2017.11 那覇市
  13. 永田賢治、蓮池悟、高石優佳、大園芳範、土持舞衣、中村憲一、岩切久芳、末田光恵、下田和哉:当科におけるエンテカビル投与症例の長期成績についての検討.第42回日本肝臓学会西部会 2017.11 福岡市

研究会

  1. 平田智也:治療開始に難渋した食道癌の一例.第8回宮崎消化管セミナー 2017.1 宮崎市
  2. 野田貴穂、大園芳範、山本章二朗:虚血性腸炎後にClostridium difficile腸炎を繰り返した一例.第8回宮崎消化管セミナー 2017.1 宮崎市
  3. 駒田直人:新規薬剤は上部消化管病変をどのように変えたか.第14回宮崎GERD研究会 2017.2 宮崎市
  4. 中村憲一、岩切久芳、鈴木陽香、田島栄美、高石優佳、山田優里、土持舞衣、末田光恵、蓮池悟、永田賢治、三原謙郎、下田和哉:reverse hemangioma sign を呈した肝血管肉腫の一例.第30回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会(JACUA) 2017.4 鳥取県
  5. 秋月渓一:ATGを用いたハプロ移植後に発症した中枢神経リンパ腫.第34回宮崎血液研究会 2017.5 宮崎市
  6. 外山孝典:ポナチニブの単独投与でCRとなった治療抵抗性Ph染色体陽性ALLの1例.第34回宮崎血液研究会 2017.5 宮崎市
  7. 日髙智徳:血液疾患における真菌感染症.第34回宮崎血液研究会 2017.5 宮崎市
  8. 外山孝典:延岡病院におけるVRDの使用経験について.第11回宮崎骨髄腫研究会 2017.7 宮崎市
  9. 外山孝典:PH陰性MPNについて.第72回宮崎血液疾患検討会・学術講演会 2017.7 宮崎市
  10. 山本章二朗:増加するUCにどう取り組むべきか.第6回下関大腸疾患研究会 2017.7 下関市
  11. 下田和哉:ATLの治療.第76回神奈川血液研究会 2017.9 横浜市
  12. 関根雅明:HIVに関連した中枢神経リンパ腫.第28回宮崎造血因子研究会 2017.10 宮崎市
  13. 亀田拓郎:遺伝子変異がATLの予後・病態に及ぼす影響.第5回南九州2大学連携血液疾患研究会 2017.11 宮崎市
  14. 中村憲一、楠元寿典、髙石優佳、土持舞衣、亀田拓郎、末田光惠、岩切久芳、蓮池悟、永田賢治、松浦裕之介、落合俊雅、黒木和男、下田和哉:高齢HCV感染患者における抗ウイルス治療後の介護保険導入に関わる因子の検討.第21回バイオ治療法研究会学術集会 2017.12 福岡市
  15. 夏田朱一郎、山本章二朗:治療に難渋している回腸嚢炎の1例.第49回IBD Club Jr.研究会 2017.12 東京都

講演会、その他

  1. 下田和哉:宮崎県のがん登録の現状について.第2回宮崎県がん診療連携協議会.2017.1 宮崎市
  2. 下田和哉:本態性血小板血症の治療.MPN Forum 2017 in SHIMANE 2017.1 出雲市
  3. 秋月渓一:二次性骨髄線維症におけるハプロ移植とルキソリチニブ中止の経験.アムビゾームエリアフォーラムin MIYAZAKI 2017.1 宮崎市
  4. 上運天綾子:成人T細胞白血病リンパ腫におけるハプロ移植と肺真菌感染症.アムビゾームエリアフォーラムin MIYAZAKI 2017.1 宮崎市
  5. 下田和哉:本態性血小板血症の治療.MPN Forum 2017 in SHIMANE 2017.1 出雲市
  6. 中村佳菜子、山本章二朗、坂元一樹、夏田朱一郎、橋本神奈、山路卓巳、安倍弘生、三池忠、田原良博、下田和哉:腸管ベーチェット病の治療.ベーチャット病フォーラムin宮崎 2017.1 宮崎市
  7. 下田和哉、幣光太郎、北中明、長藤宏司、竹中克斗、赤司浩一:二次性骨髄線維症の全国調査.平成28年度第二回班会議総会 2017.1 東京都
  8. 山本章二朗:IBDにおける内視鏡診療.第30回日本消化器内視鏡学会九州セミナー 2017.1 福岡市
  9. 下田和哉、北中明、亀田拓郎、片岡圭亮、小川誠司、柴田龍弘、十時泰、日高道弘、宇都宮與:ATLLにおける臨床情報と遺伝子変異情報の統合.平成28年度第一回班会議総会(下田班) 2017.2 鹿児島市
  10. 大園芳範:当院におけるC型肝炎の治療成績と院内連携.延岡医学会学術講演会 2017.2 延岡市
  11. 永田賢治:ウイルス肝炎最新情報.延岡医学会学術講演会 2017.2 延岡市
  12. 下田和哉:全例登録を基盤とした臨床情報と遺伝子情報の融合によるATLL予後予測モデル、発症前診断の開発と、ATLLクローン進化機序の解明.HTLV-1 肝連疾患研究領域 研究班合同発表会 2017.2 東京都
  13. 山本章二朗:炎症性腸疾患の診断と治療.延岡医学会学術講演会 2017.3 延岡市
  14. 亀田拓郎:ATLの治療.日秘学術交流会UoM-UPCH共同研究キックオフシンポジウム 2017.3 宮崎市
  15. 岩切久芳:大腸癌化学療法により発症した類洞閉塞症候群の一例.宮崎県肝疾患治療カンファレンス(MLC)特別講演会 2017.3 宮崎市
  16. 駒田直人:当院におけるEBR/GZRの使用成績.宮崎県肝疾患治療カンファレンス(MLC)特別講演会 2017.3 宮崎市
  17. 下田和哉:本態性血小板血症の治療.MPN Conference 2017.3 徳山市
  18. 山本章二朗:クローン病における肛門病変1.第2回IBDAを語る会in鹿児島 2017.3 鹿児島市
  19. Kazuya Shimoda:The Role of Wild and Mutant Calreticulin in Hematopoiesis.MPN Asia The 2nd Annual International Symposium on Myeloproliferative Neoplasms 2017.4 東京都
  20. 蓮池悟:HBV再活性化.第51回宮崎最新医学セミナー 2017.4 宮崎市
  21. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の診断と治療.第16回西濃血液疾患懇話会 2017.4 大垣市
  22. 下田和哉:JAK-STATシグナル伝達系とその破綻.第14回日本橋血液交流会NEXT 2017.4 東京都
  23. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の診断と治療.MPN Case Study Forum in Fukushima 2017.5 福島県
  24. 下田和哉:骨髄線維症の病態と治療.第9回信州血液疾患フォーラム 2017.5 長野県
  25. 上運天綾子:当科で行ったATLに対する造血幹細胞移植の成績.第11回宮崎輸血・細胞治療セミナー 2017.5 宮崎市
  26. 外山孝典:低リスク群MDSに対するEPO療法のまとめ.第11回宮崎輸血・細胞治療セミナー 2017.5 宮崎市
  27. 幣光太郎:骨髄増殖性腫瘍におけるドライバー変異の解析.Miyazaki ET Forum 2017.6 宮崎市
  28. 外山孝典:当院でのアナグレリドの使用経験.Miyazaki ET Forum 2017.6 宮崎市
  29. 市成直樹:内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除しえた食道類基底細胞癌の1例.第3回宮崎内科学術講演会 2017.6 宮崎市
  30. 鈴木翔:H.pylori 未感染早期胃癌の臨床的特徴.第3回宮崎内科学術講演会 2017.6 宮崎市
  31. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の診断と治療.第10回北摂北河内血液セミナー 2017.6 大阪府
  32. 西村沙樹、久冨木庸子:異なるクローンが5年の間隔で発症したImmunodeficiency associated Burkitt lymphoma.第14回先端医療セミナー 2017.7 宮崎市
  33. 貴島翔子、岩切久芳:reverse hemangioma sign を呈した肝血管肉腫の一例.第14回先端医療セミナー 2017.7 宮崎市
  34. 石﨑友梨、米澤瑛美:特異的な内視鏡所見を示した十二指腸癌の一例.第14回先端医療セミナー 2017.7 宮崎市
  35. 濱廣友華、日高智徳:眼内リンパ腫に対するメソトレキセート硝子体内局所注入および大量メソトレキセート療法.第14回先端医療セミナー 2017.7 宮崎市
  36. 小川宗一郎、中村憲一:潜在性肝性脳症を呈した肝内門脈肝静脈瘻の2例.第14回先端医療セミナー 2017.7 宮崎市
  37. 内田泰介、平田智也:アダリムマブにて加療中に回腸穿孔を来たした腸管ベーチェット病の一例.第14回先端医療セミナー 2017.7 宮崎市
  38. 下田和哉、幣光太郎、北中明、長藤宏司、竹中克斗、赤司浩一:二次性骨髄線維症の全国調査.平成29年度第一回班員会議 2017.7 東京都
  39. 坂元一樹、山本章二朗、夏田朱一郎、橋本神奈、中村佳菜子、山路卓巳、三池忠、安倍弘生、田原良博、下田和哉:Infliximabによる加療中に肺癌を生じたCrohn病の1例.第14回IBD Club Jr.Kyushu 2017.7 福岡市
  40. 山本章二朗:潰瘍性大腸炎と発癌.第15回IBD Club Jr.Kyushu 2017.8 福岡市
  41. 下田和哉:がんの薬物療法.第11回内視鏡修練の会 2017.8 長崎市
  42. 久冨木庸子:宮崎県合同輸血療法委員会活動について~アルブミン製剤の適正使用を含めて~.岐阜輸血医学セミナー 2017.8 岐阜市
  43. 下田和哉:HTLV-1感染と成人T細胞性白血病(ATL).岐阜輸血医学セミナー 2017.8 岐阜市
  44. 下田和哉:本態性血小板血症の治療.Omiya ET Conference 2017.9 さいたま市
  45. 幣光太郎:Calreticulin mutant mice develop essential thrombocythemia that is ameliorated by the JAK inhibitor ruxolitinib.第5回ブリストル血液学アカデミー 2017.9 東京都
  46. 亀田拓郎、幣光太郎、上運天綾子、大園芳範、下田和哉:HBZトランスジェニックマウスを基盤としたATL病態モデルマウス作成の試み.F-CHOP2017 2017.9 東京都
  47. 下田和哉、幣光太郎、亀田拓郎、片岡圭亮、小川誠司、柴田龍弘、十時泰、日高道弘、宇都宮與:成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)最適化医療の確立とハイリスクキャリアの同定にむけて.平成29年度第1回班会議 2017.9 東京都
  48. 外山孝典:当院におけるエクリズマブ療法のまとめ.宮崎PNHセミナー 2017.9 宮崎市
  49. 蓮池悟:肝疾患における自覚症状と医療連携の重要性.宮崎肝疾患講演会~レミッチ適応追加2周年記念講演会~ 2017.9 宮崎市
  50. 中村憲一:当院におけるDAA治療SVR後の肝発癌に関する検討.宮崎ウイルス性肝炎治療セミナー 2017.9 宮崎市
  51. 外山孝典:カルフィルゾミブの使用経験.多発性骨髄腫最新治療セミナー in 宮崎 2017.9 宮崎市
  52. 蓮池悟:C型肝炎治療情報のUp to Date.宮崎内科講演会 2017.10 宮崎市
  53. 下田和哉:ウイルスによる発がん-予防と最新治療-.スミセイウェルネスセミナー 2017.10 宮崎市
  54. 山本章二朗:これからの上部消化管疾患.第132回延岡薬学会 2017.10 延岡市
  55. 岩切久芳:C型肝炎の最新治療について.平成29年度宮崎県肝がん撲滅運動市民公開講座 知っておきたい肝臓病の新知識 2017.10 宮崎市
  56. 蓮池悟:肝がんの最新治療について.平成29年度宮崎県肝がん撲滅運動市民公開講座 知っておきたい肝臓病の新知識 2017.10 宮崎市
  57. 久冨木庸子:宮崎県における65歳超の多発性骨髄腫の治療成績.宮崎エムプリシティ発売1周年記念セミナー 2017.11 宮崎市
  58. 外山孝典:移植不適応1stレジメンは?.宮崎エムプリシティ発売1周年記念セミナー 2017.11 宮崎市
  59. 武内正紀:再発難治例への対応.宮崎エムプリシティ発売1周年記念セミナー 2017.11 宮崎市
  60. 外山孝典:AML(M3)の地固め療法中に炎症性偽腫瘍を合併した2症例.宮崎造血フォーラム 2017.11 宮崎市
  61. 外山孝典:骨髄異形性症候群の治療.宮崎市郡内科医学会学術講演会 2017.11 宮崎市
  62. 下田和哉:日常診療に潜む血液疾患.宮崎市郡内科医学会学術講演会 2017.11 宮崎市
  63. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の病態と治療.第17回九州血液セミナー 2017.11 福岡市
  64. 山路卓巳:憩室性大腸炎を疑った1例.リアルダ発売1周年記念講演会 2017.11 宮崎市
  65. 藤原利成:IBD治療薬における副作用的症例.リアルダ発売1周年記念講演会 2017.11 宮崎市
  66. 永田賢治:宮崎県におけるウイルス性肝炎治療の現状と今後の課題.第2回地域におけるC型肝炎治療を考える会 2017.11 宮崎市
  67. 下田和哉:ETの診断と治療.ET Symposium 2017 2017.11 東京都
  68. 山本章二朗:大腸癌の最近の話題.平成29年度宮崎県医師会生活習慣病検診従事者研修会第1回 2017.11 宮崎市
  69. 山本章二朗:大腸癌の最近の話題.平成29年度宮崎県医師会生活習慣病検診従事者研修会第2回 2017.12 宮崎市
  70. 山本章二朗:大腸癌の最近の話題.平成29年度宮崎県医師会生活習慣病検診従事者研修会第3回 2017.12 宮崎市
初診
火曜日・木曜日の午前中
(受付時間 8:30~11:00)
再診
火曜日・木曜日の午前中
(受付時間 8:30~11:00)

※その他の曜日は予約のみ診療

在学生ログイン
学内専用の在学生用ページです。ご覧になるにはログインIDが必要となります。

研修後の先生へ
こちらは研修医の先生専用のページになります。一般の方はご遠慮ください。
このページの先頭へ