研究紹介・業績

2016年実績

著書

  1. 下田和哉:真性赤血球増加症, 本態性血小板血症,原発性骨髄線維症.今日の治療指針2016年版 私はこう治療している,704-405,2016年
  2. 日髙智徳、久冨木庸子、下田和哉:造血器疾患に見られる免疫異常 骨髄線維症 Myelofibrosis.免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-Ⅱ,766-770,2016年
  3. 下田和哉:白血球系の異常.イヤーノート2017 内科・外科編,G-42-66,G73-77,2016年
  4. 山本章二朗、 三池忠、下田和哉:薬剤性腸炎(抗菌薬による)Imaging Atlas -診断の極意と鑑別のポイント-.炎症性腸疾患 Imaging Atlas,210-211,2016年
  5. 亀田拓郎、下田和哉:骨髄増殖性腫瘍 4.骨髄線維症の治療.診断と治療のABC113 慢性骨髄背白血病 骨髄増殖性腫瘍,190-198,2016年
  6. 久冨木庸子:第1章 骨髄線維症の概念・定義・分類・疫学 2.疫学.骨髄線維症(MF)~分子病態の解明から新規薬物治療薬の開発まで~,27-30,2016年
  7. 幣光太郎、下田和哉:第2章 骨髄線維症の基礎 3.骨髄線維症のマウスモデル.骨髄線維症(MF)~分子病態の解明から新規薬物治療薬の開発まで~,46-52,2016年
  8. 下田和哉:Ⅰ.Ph陰性骨髄増殖性腫瘍の疫学と診断基準.Ph陰性骨髄増殖性腫瘍~分子病態と治療の最前線~,8-16,2016年
  9. 久冨木庸子、下田和哉:Ⅲ.白血病 E.骨髄増殖性腫瘍(MPN)骨髄線維症の治療.EBM 血液疾患の治療2017-2018,176-180,2016年
  10. 日髙智徳、下田和哉:骨髄増殖性腫瘍 骨髄線維症の治療.白血病学(下)-最新の基礎,臨床研究-,191-195,2016年
  11. 亀田拓郎、下田和哉:白血病における遺伝子ゲノム研究の動向 骨髄増殖性腫瘍.白血病学(下)-最新の基礎,臨床研究-,191-195,2016年

原著

  1. Kitanaka A, Takenaka K, Shide K, Miyamoto T, Kondo T, Ozawa K, Kurokawa M, Akashi K, Shimoda K:Splenic irradiation provides transient palliation for symptomatic splenomegaly associated with primary myelofibrosis: a report on 14 patients.International Journal of Hematology.103(4):423-428,2016
  2. Obayashi N, Arai K, Nakano N, Mizukami T, Kawai T, Yamamoto S, Shimizu H, Nunoi H, Shimizu T, Tang J, Onodera M:Leopard Skin-Like Colonic Mucosa:A Novel Endoscopic Finding of Chronic Granulomatous Disease-Associated Colitis. Journal of pediatric gastroenterology and nutrition.62(1):56-59,2016
  3. Nagata Y, Kontani K, Enami T, Kataoka K, Ishii R, Totoki Y, Kataoka TR, Hirata M, Aoki K, Nakano K, Kitanaka A, Sakata-Yanagimoto M, Egami S, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Shiozawa Y, Yoshizato T, Suzuki H, Kon A, Yoshida K, Sato Y, Sato-Otsubo A, Sanada M, Munakata W, Nakamura H, Hama N, Miyano S, Nureki O, Shibata T, Haga H, Shimoda K, Katada T, Chiba S, Watanabe T, Ogawa S:Variegated RHOA mutations in adult T-cell leukemia/lymphoma.Blood.127(5):596-604,2016
  4. Oshima M, Hasegawa N, Mochizuki-Kashio M, Muto T, Miyagi S, Koide S, Yabata S, Wendt GR, Saraya A, Wang C, Shimoda K, Suzuki Y, Iwama A: Ezh2 regulates the Lin28/let-7 pathway to restrict activation of fetal gene signature in adult hematopoietic stem cells.Experimental hematology.44(4),282-296,2016
  5. Uehara N, Yano T, Ishihara A, Saijou M, Suzuki T: Fatal Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome:An Autopsy Case Report.Reprinted from Internal Medicine.55,831-838,2016
  6. Mihara K, Yoshida T, Ishida S, Takei Y, Kitanaka A, Shimoda K, Morishita K, Takihara Y, Ichinohe T:All-trans retinoic acid and interferon-α increase CD38 expression on adult T-cell leukemia cells and sensitize them to T cells bearing anti-CD38 chimeric antigen receptors.Blood cancer journal.6(5),e421,2016
  7. Kataoka K, Shiraishi Y, Takeda Y, Sakata S, Matsumoto M, Nagano S, Maeda T, Nagata Y, Kitanaka A, Mizuno S, Tanaka H, Chiba K, Ito S, Watatani Y, Kakiuchi N, Suzuki H, Yoshizato T, Yoshida K, Sanada M, Itonaga H, Imaizumi Y, Totoki Y, Munakata W, Nakamura H, Hama N, Shide K, Kubuki Y, Hidaka T, Kameda T, Masuda K, Minato N, Kashiwase K, Izutsu K, Takaori-Kondo A, Miyazaki Y, Takahashi S, Shibata T, Kawamoto H, Akatsuka Y, Shimoda K, Takeuchi K, Seya T, Miyano S, Ogawa S:Aberrant PD-L1 expression through 3′-UTR disruption in multiple cancers.Nature.534(7607),402-406,2016
  8. Kawano N, Kuriyama T, Sonoda KH, Yoshida S, Yamashita K, Ochiai H, Shimoda K, Ishikawa F, Ueda A, Kikuchi I:Clinical Impact of a Humanized CCR4 Antibody (Mogamulizumab) in 14 Patients with Aggressive Adult T-cell Leukemia-lymphoma Treated at a Single Institution During a Three-year Period (2012-2014).Internal medicine.55(11),1439-1445,2016
  9. Kawano N, Yoshida S, Kawano S, Kuriyama T, Yamashita K, Ochiai H, Shimoda K, Ishikawa F, Ueda A, Kikuchi I:Clinical Features and Treatment Outcomes of 51 Patients with Chronic Myeloid Leukemia Treated with a Tyrosine Kinase Inhibitor at a Single Institution from 2002 to 2014.Journal of clinical and experimental hematopathology.56(1),34-42,2016
  10. Sashida G, Wang C, Tomioka T, Oshima M, Aoyama K, Kanai A, Mochizuki-Kashio M, Harada H, Shimoda K, Iwama A:The loss of Ezh2 drives the pathogenesis of myelofibrosis and sensitizes tumor-initiating cells to bromodomain inhibition.The Journal of experimental medicine.213(8),1459-1477,2016
  11. Komatsu N, Kirito K, Shimoda K, Ishikawa T, Ohishi K, Ohyashiki K, Takahashi N, Okada H, Amagasaki T, Yonezu T, Akashi K:Assessing the safety and efficacy of ruxolitinib in a multicenter, open-label study in Japanese patients with myelofibrosis.International Journal of Hematology.105(3),309-317,2016

症例

  1. Moritake H, Takagi M, Kinoshita M, Ohara O, Yamamoto S, Moriguchi S, Nunoi H:Autoimmunity Including Intestinal Behçet Disease Bearing the KRAS Mutation in Lymphocytes: A Case Report.Pediatrics137(3):e1-e5,2016
  2. 久冨木庸子、日髙智徳、上運天綾子、関根雅明、秋月渓一、亀田拓郎、幣光太郎、北中明、下田和哉:骨髄移植後にHHV-6脳炎、髄液内再発をきたしたATLLの一例.宮崎県医師会医学会誌40巻2号:173-177,2016

総説

  1. 蓮池悟,永田賢治,下田和哉:B型肝炎ウイルスの再活性化について:宮崎県内科医会誌89号:29-33,2016
  2. 山本章二朗:消化器診療(1)潰瘍性大腸炎とクローン病の概念・歴史・疫学:宮崎県内科医会誌89号:34-37,2016
  3. 久冨木庸子,下田和哉:遺伝子解析に基づくがん治療 骨髄増殖性腫瘍(MPN/CML):がん分子標的治療Vol.14 No.1:49-53,2016
  4. 北中明,下田和哉:Ⅱ.本態性血小板血症の治療―アナグレリドの位置付け―:癌と化学療法43(5):535-538,2016
  5. 山本章二朗,三池忠,橋本神奈,安倍弘生,田原良博,下田和哉:クローン病-手術適応と手術後の治療方針(2)内科医が術後フォローする立場から:臨牀消化器内科31(6):715-720,2016
  6. 秋月渓一,下田和哉:骨髄増殖性腫瘍に対するテロメラーゼ阻害薬imetelstatの効果:血液フロンティア26(6):84-88,2016
  7. 関根雅明,下田和哉:MPNの治療は,いつ開始すべきか?:血液内科73(1):57-62,2016
  8. 駒田直人、藤原利成、冷牟田浩司、下田和哉:ペクチン含有消化態栄養剤の臨床的有用性:宮崎県医師会医学会誌40(2):135-139,2016
  9. 幣光太郎、下田和哉:JAK2, MPL, CALR変異による骨髄増殖性腫瘍:日本臨牀増刊号74(8):329-333,2016
  10. 久冨木庸子、下田和哉:骨髄増殖性腫瘍のWHO分類:日本臨牀増刊号74(8):381-385,2016
  11. 山本章二朗:消化器の診療(3)潰瘍性大腸炎とクローン病の診断~問診を中心に~:宮崎県内科医師会誌90号:21-25,2016

国際学会

  1. Yamada Y, Ozono Y, Tsuchimochi M, Nakamura k, Kusumoto K, Iwakiri H, Sueta M, Hasuike S, Nagata K, Akasu I, Ochiai T, Hirono S, Shimoda K:The Combination Therapy of Daclatasvir and Asunaprevir for Chronic HCV genotype 1b Infection.25st Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2016.2 Tokyo
  2. Miike T, Yamamoto S, Miyata Y, Hirata T, Noda Y, Noda T, Suzuki S, Takeda S, Sakaguchi M, Natsuda S, Maemura K, Hashimoto K, Yamaji T, Abe H, Tahara Y, Arimura Y, Shimoda K:Clinical Endoscopic Practice:Complication.Digestive Disease Week (DDW) 2016 2016.5 San Diego
  3. Nagata K, Hasuike S, Takaishi Y, Yamada Y, Tsuchimochi M, Nakamura K, Shimoda K, Sueta M, Kusumoto K, Ochiai T, Kato J, Komada N, Oozono Y, Hirono S, Kuroki K, Shigehira M, Shimoda K:Efficacy and safety of sofosbuvir and ledipasvir in the treatment of elderly Japanese patients with hepatitis C genotype 1 infected.AASLD 2016.11 Boston
  4. Yamada Y, Hasuike S, Takaishi Y, Tsuchimochi M, Oozono Y, Nakamura K, Kusumoto K, Shimoda K, Sueta M, Nagata K, Shimoda K:Prevention system of acute exacerbation of chronic hepatitis B infection in patients receiving chemotherapy and immunosuppressive therapy in Miyazaki,Japan. AASLD 2016.11 Boston
  5. Sekine M, Kubuki Y, Kameda T, Takeuchi M, Toyama T, Kawano N, Maeda K, Sato S, Ishizaki J, Kawano H, Kamiunten A, Akizuki K, Tahira Y, Shimoda H, Shide K, Hidaka T, Kitanaka A, Yamashita K, Matsuoka H, Shimoda K:Mogamulizumab for adult T-cell leukemia/lymphoma in clinical practice.58th ASH Annual Meeting & Exposition 2016.12 San Diego
  6. Shide K, Kameda T, Sekine M, Kamiunten A, Akizuki K, Tahira Y, Hidaka T, Kubuki Y, Honda A, Sawaguchi A, Kitanaka A, Shimoda K:Physiological Expression of Calr Mutant Increases Cell Growth and Cytokine Independency in Human Cell Lines Expressing Mpl, and Develops Essential Thrombocythemia in Mice. 58th ASH Annual Meeting & Exposition 2016.12 San Diego

総会

  1. 市成直樹、安倍弘生、山本章二朗、三池忠、田原良博、下田和哉:複数の薬剤による間質性肺炎を繰り返した潰瘍性大腸炎の1例.第113回日本内科学会講演会 2016.4 東京都
  2. 坂元あい子、小山田栄子、竹ノ内博之、久冨木庸子、下田和哉:クリオプレシピートの使用状況と輸血効果の評価.第64回日本輸血・細胞治療学会総会 2016.4 京都府
  3. 落合やよい、西原みどり、久冨木庸子、下田和哉:輸血・細胞治療部での看護師業務における問題点と課題.第64回日本輸血・細胞治療学会総会 2016.4 京都府
  4. 中津留佳奈子:女性内視鏡医の目指すアウトカム.第91回日本消化器内視鏡学会/第2回女性内視鏡医のキャリアサポートを目指した教育研修体制確立に関する研究会 2016.5 東京都
  5. 永田賢治、山田優里、土持舞衣、中村憲一、岩切久芳、蓮池悟、下田和哉:宮崎県における肝炎検査陽性者follow upの取り組み.第52回日本肝臓学会 2016.5 千葉県
  6. 中村憲一、山田優里、土持舞衣、岩切久芳、蓮池悟、永田賢治、大園芳範、楠元寿典、落合俊雅、末田光恵、赤須郁太郎、弘野修一、下田和哉:C型肝炎におけるダグラタスビル・アスナプレビル併用療法の成績と副作用に関する検討.第52回日本肝臓学会 2016.5 千葉県
  7. 山本章二朗:検診と外来で発見された大腸がんにおける臨床的特徴の相違.第55回日本消化器がん検診学会総会 2016.6 鹿児島市
  8. 藤原利成、山本章二朗、駒田直人、加藤順也、井口厚司、下田和哉:潰瘍性大腸に対する経口5-ASA製剤の併用療法.第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2016.7 京都府
  9. 秋月渓一、日髙智徳、関根雅明、上運天綾子、松岡均、山下清、外山孝典、石崎淳三、佐藤誠一、前田宏一、下田 和哉:宮崎県における多発性骨髄腫の治療成績.第14回日本臨床腫瘍学会学術集会 2016.7 神戸市
  10. 柴田伸弘、田原良博、川野理沙、竪山智代美、松野織江、千阪智美、日髙智徳、永井公洋、七島篤志、下田和哉:Efficacy and Safety of FOLFIRINOX in Patients with Locally Advanced and Matastatic Pancreatic Cancer 局所進行または遠隔転移を有する膵癌に対するFOLFIRINOXの有効性と安全性の検討.第14回日本臨床腫瘍学会学術集会 2016.7 神戸市
  11. 川野理沙、柴田伸弘、千阪智美、松野織江、竪山智代美、河潟富士枝、田原良博、日髙智徳、永井公洋、下田和哉:血管外漏出リスク因子の評価と当院外来化学療法室における予防対策効果の検討.第14回日本臨床腫瘍学会学術集会 2016.7 神戸市
  12. 蓮池悟、山田優里、大園芳範、土持舞衣、中村憲一、末田光恵、永田賢治、下田和哉:当院における化学療法時のHBV再活性化対策の現状.第14回日本臨床腫瘍学会学術集会 2016.7 神戸市
  13. 片岡圭亮、白石友一、武田洋平、坂田征二、永田安伸、北中明、糸永英弘、今泉芳孝、宮崎泰司、柴田龍弘、赤塚美樹、下田和哉、竹内賢吾、瀬谷司、宮野悟、小川誠司:成人T細胞性白血病リンパ腫および様々な悪性腫瘍におけるPD-L1ゲノム異常による免疫回復機構.第3回日本HTLV-1学会学術集会 2016.8 鹿児島市
  14. 関根雅明、武内正紀、外山孝典、前田宏一、佐藤誠一、山下清、石崎淳三、上運天綾子、田平優貴、秋月渓一、亀田拓郎、幣光太郎、日髙智徳、久冨木庸子、北中明、下田和哉:ATLに対するモガムリズマブの効果.第3回日本HTLV-1学会学術集会 2016.8 鹿児島市
  15. 亀田拓郎、幣光太郎、関根雅明、山路卓巳、田平優貴、秋月渓一、上運天綾子、下田晴子、日髙智徳、久冨木庸子、北中明、下田和哉:TET2欠損はHBZトランスジェニックマウスの病態を増悪させる.第3回日本HTLV-1学会学術集会 2016.8 鹿児島市
  16. 越智陽太郎、片岡圭亮、永田安伸、北中明、安永純一朗、岩永正子、野坂生郷、糸永英弘、今泉芳孝、幣光太郎、宮崎泰司、高折晃史、下田和哉、松岡雅雄、渡邉俊樹、小川誠司:ATLにおける網羅的遺伝子プロファイルが予後に与える影響の解析.第3回日本HTLV-1学会学術集会 2016.8 鹿児島市
  17. 綿谷陽作、佐藤康晴、西田賢司、三好寛明、永田安伸、北中明、白石友一、高折晃史、宮野悟、松岡雅雄、渡邉俊樹、下田和哉、大島孝一、吉野正、小川誠司、片岡圭亮:ATLおよびT細胞リンパ腫における遺伝子変異プロファイルの解析.第3回日本HTLV-1学会学術集会 2016.8 鹿児島市
  18. 中武彩子、阪本訓代、須藤幸夫、西片一朗、中畑新吾、武本重毅、岩永正子、相良康子、天野正宏、前田宏一、末岡栄三朗、岡山昭彦、宇都宮與、下田和哉、渡邉俊樹、森下和宏:AlphaLISA法を用いた血中可溶型CADM1測定系の開発とATLの診断応用への検討.第3回日本HTLV-1学会学術集会 2016.8 鹿児島市
  19. 関根雅明、北中明、秋月渓一、上運天綾子、亀田拓郎、下田晴子、幣光太郎、日髙智徳、久冨木庸子、下田和哉:急性リンパ芽球性白血病/リンパ芽球性リンパ腫に対するhyper-CVAD/MA療法の経験.第56回日本リンパ網内系学会総会 2016.9 熊本市
  20. 久冨木庸子、日髙智徳、関根雅明、上運天綾子、外山孝典、山下清、下田和哉:宮崎県における多発性骨髄腫の治療成績.第56回日本リンパ網内系学会総会 2016.9 熊本市
  21. Yotaro Ochi, Keisuke Kataoka, Yasunobu Nagata, Akira Kitanaka, Junichiro Yasunaga, Masako Iwanaga, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Aiko Sato-Otsubo, Masashi Sanada, Hiroko Tanaka, Hiromichi Suzuki, Yusuke Sato, Yusuke Shiozawa, Tetsuichi Yoshizato, Kenichi Yoshida, Kisato Nosaka, Masakatsu Hishizawa, Yoshitaka Imaizumi, Tomonori Hidaka, Tsuyoshi Nakamaki, Shuichi Miyawaki, Kensei Tobinai, Yasushi Miyazaki, Akifumi Takaori-Kondo, Tatsuhiro Shibata, Satoru Miyano, Kazuya Shimoda, Masao Matsuoka, Toshiki Watanabe, Seishi Ogawa:Prognostic Relevance of Integrated Molecular Profiling in Adult T-cell Leukemia/Lymphoma.第75回日本癌学会学術総会 2016.10 横浜市
  22. Keisuke Kataoka, Yasunobu Nagata, Akira Kitanaka, Yuichi Shiraishi, Teppei Shimamura, Junichiro Yasunaga, Yasushi Totoki, Toshiki Watanabe, Tatsuhiro Shibata, Masao Matsuoka, Satoru Miyano, Kazuya Shimoda, Seishi Ogawa:Integrated genetic analysis of adult T-cell leukemia/lymphoma.第75回日本癌学会学術総会 2016.10 横浜市
  23. Nagisa Hasegawa, Motohiro Oshima, Goro Sashida, Hirotaka Matsui, Shuhei Koide, Atsunori Saraya, Changshan Wang, Tomoya Muto, Kiyoko Takane, Atsushi Kaneda, Kazuya Shimoda, Chiaki Nakaseko, Koutaro Yokote, Atsushi Iwama:Impact of combined dysfunction in epigenetic regulators Tet2 and Ezh2 in the pathogenesis of MDS.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  24. Ayako Kamiunten, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Masaaki Sekine, Takuro Kameda, Kotaro Shide, Haruko Shimoda, Omonori Hidaka, Yoko Kubuki, Kazuya Shimoda:Four cases of intravascular large B-cell lymphoma.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  25. Yotaro Ochi, Keisuke Kataoka, Yasunobu Nagata, Akira Kitanaka, Junichiro Yasunaga, Masako Iwanaga, Yuichi Shiraishi, Masashi Sanada, Tetsuichi Yoshizato, Kenichi Yoshida,Kisato Nosaka, Masakatsu Hishizawa, Hidehiro Itonaga, Yoshitaka Imaizumi, Wataru Munakata, Kotaro Shide, Yoko Kubuki, Tomonori Hidaka, Takuro Kameda, Tsuyoshi Nakamaki, Ken Ishiyama, Shuichi Miyawaki, Kensei Tobinai, Yasushi Miyazaki, Akifumi Takaori-Kondo, Tatsuhiro Shibata, Satoru Miyano, Masao Matsuoka, Kazuya Shimoda, Toshiki Watanabe, Seishi Ogawa:Prognostic relevance of integrated molecular profiling in adult T-cell leukemia/lymphoma.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  26. Yosaku Watanani, Yasuharu Sato, Kenji Niahida, Hiroaki Miyoshi, Yasunobu Nagata, Akira Kitanaka, Kotaro Shide, Yuichi Shitaishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Tetsuichi Yoshizato, Kenichi Yoshida, Masashi Sanada, Yasushi Miyazaki, Akifumi Takaori-Kondo, Tatsuhiro Shibata, Satoru Miyano, Masao Matsuoka, Toshiki Watanabe, Kazuya Shimoda,Koichi Oshima, Tasashi Yoshino, Seishi Ogawa, Keisuke Kataoka:Comparative mutational profiling of ATL and other PTCLs.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  27. Takuro Kameda, Kotaro Shide, Masaaki Sekine, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Ayako Kamiunten, Haruko Shimoda, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Akira Kitanaka, Kazuya Shimoda:HBZ-transgenic mice develop inflammation and lymphoma.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  28. Masaaki Sekine, Keiichi Akizuki, Ayako Kamiunten, Takuro Kameda, Haruko Shimoda, Kotaro Shide, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Akira Kitanaka, Kazuya Shimoda:Efficacy of CRD for relapse/refractory multiple myeloma.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  29. Keiichi Akizuki, Tomonori Hidaka, Yuki Tahira, Ayako Kamiunten, Masaaki Sekine, Takuro Kameda, Haruko Shimoda, Kotaro Shide, Yoko Kubuki, Kazuya Shimoda:Bridging to hematopoietic cell transplantation with azacitidine.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  30. 日髙智徳、田平優貴、秋月渓一、上運天綾子、関根雅明、亀田拓郎、幣光太郎、下田晴子、久冨木庸子、北中明、下田和哉:成人T細胞性白血病リンパ腫に対する同種移植では高頻度にウイルス感染を合併する.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  31. Katsuto Takenaka, Kazuya Shimoda, Naoyuki Uchida, Taizo Shimomura, Koji Nagafuji, Tadakazu Kondo, Hirohiko Shibayama, Hitomi Dairaku, Akira Kitanaka, Keitaro Matsuo, Keiya Ozawa, Mineo Kurokawa, Shunya Arai, Koichi Akashi:Clinical outcome of patients with primary myelofibrosis: a nationwide survey in Japan.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  32. Keita Kirito, Shinichiro Okamoto, Kohshi Ohishi, Tetsuzo Tauchi, Hiroshi Handa, Shigeki Saito, Katsuto Takenaka, Kazuya Shimoda, Kenji Oritani, Noriko Komatsu, Hikaru Okada, Taro Amagasaki, Kazuyuki Suzuki, Toshio Yonezu, Koichi Akashi:Evaluation of the dose and efficacy of ruxolitinib in Japanese patients with myelofibrosis.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  33. Koki Ueda, Kazuhiko Ikeda, Kazuei Ogawa, Yuko Hashimoto, Soji Morishita, Norio Komatsu, Kotaro Shide, Kazuya Shimoda, Atsushi Iwama, Yasuchika Takeishi:The role of oncogene HMGA2 in the pathogenesis of myeloproliferative neoplasms(MPN).第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  34. Kotaro Shide, Takuro Kameda, Masaaki Sekine, Ayako Kamiunten, Keiichi Akizuki, Yuki Tahira, Haruko Shimoda, Tomonori Hidaka, Yoko Kubuki, Arata Honda, Akira Kitanaka, Kazuya Shimoda:CALRdel52 mutation activates the JAK-STAT pathway in coordination with MPL, and causes ET in mice.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  35. Kei Sito, Kyoko Inokura, Tohru Fujiwara, Shunsuke Hatta, Yoko Okitsu, Noriko Fukuhara, Yasushi Onishi, Kenichi Ishizawa, Kazuya Shimoda, Hideo Harigae:Impact of TET2 on iron metabolism in erythroblasts: A potential link to ring sideroblast formation.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  36. Yoko Kubuki, Tomonori Hidaka, Yuki Tahira, Keiichi Akizuki, Ayako Kamiunten, Masaaki Sekine, Takuro Kameda, Kotaro Shide, Haruko Shimoda, Akira Kitanaka, Kazuya Shimoda, Kiyoshi Yamashita, Takanori Toyama, Kouichi Maeda,Hitoshi Matsuoka, Hiroshi Kawano, Seiichi Satou, Junzo Ishizaki:Clinical features of patients younger than 65 years with multiple myeloma in Miyazaki Predecture.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  37. Keisuke Kataoka, Yuichi Shiraishi, Yohei Takeda, Seiji Sakata, Misako Matsumoto, Seiji Nagano, Takuya Maeda, Yasunobu Nagata, Akita Kitanaka, Kenichi Yoshida, Masashi Sanada, Hidehiro Itonaga, Yoshitaka Imaizumi, Wataru Munakata, Kotaro Shide, Yoko Kubuki, Tomonori Hidaka, Takuro Kameda, Koichi Kashiwase, Koji Izutsu, Akifumi Takaori-Kondo, Yasushi Miyazaki, Satoru Takahashi, Tatsuhiro Shibata, Hiroshi Kawamoto, Yoshiki Akatsuka, Kazuya Shimoda, Kengo Takeuchi, Tsukasa Seya, Satoru Miyano, Seishi Ogawa:Aberrant PD-L1 expression via 3′-UTR disruprion in aggressive lymphomas.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  38. Yoshitaka Imaizumi, Masako Iwanaga, Kisato Nosaka, Shigeki Ito, Kenji Ishitsuka, Atae Utsunomiya, Yoshiki Tokura, Takeaki Tomoyose, Kazuya Shimoda, Kensei Tobinai, Toshiki Watanabe, Kaoru Uchimaru, Kunihiro Tsukasaki:Nationwide survey of ATL in Japan on the prognosis and therapeutic interventions.第78回日本血液学会学術集会 2016.10 横浜市
  39. 柴田伸弘、永井公洋、千坂智美、川野理沙、山口秀樹、米川忠人、長嶺和弘、中里雅光、松元裕子、谷之木佑歌、松野織江、三輪真砂子、田原良博、日髙智徳、下田和哉:RR-DTC,MTおよびATCに対するLenvatinibの使用経験:5例の報告.第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10 横浜市
  40. 船ヶ山まゆみ、柏葉匡寛、斉藤智和、玉田修吾、前田資雄、駒木幹正、中原浩、秋月渓一、柴田伸弘、林透:PTHrP高値による高カルシウム血症をきたした乳がん肝転移の1例.第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10 横浜市
  41. 岩切久芳、永田賢治、高石優佳、山田優里、土持舞、中村憲一、末田光恵、蓮池悟、加藤順也、駒田直人、大園芳範、黒木和男、楠元寿典、落合俊也、赤須郁太郎、弘野修一、重平正文、下田和哉:C型慢性肝疾患に対するソホスブビル+レジパスビル併用療法の臨床的有用性の検討.第20回日本肝臓学会大会 2016.11 神戸市
  42. 駒田直人、永田賢治、高石優佳、山田優里、土持舞、中村憲一、岩切久芳、末田光恵、蓮池悟、大園芳範、黒木和男、楠元寿典、落合俊也、赤須郁太郎、加藤順也、弘野修一、重平正文、下田和哉:C型慢性肝疾患に対するソホスブビル+リバビリン併用療法の臨床的有用性の検討.第20回日本肝臓学会大会 2016.11 神戸市
  43. 三池忠、山本章二朗、下田和哉:消化管病変を有するATL/Lの臨床像と浸潤例の検討.第58回日本消化器病学会大会 2016.11 神戸市

地方会

  1. 外山孝典、戸井田達典、熊部智章、中嶋淑心、中嶋啓、大園芳範、皆川明大、山口哲朗:急性骨髄性白血病を合併した全身性肥満細胞症の1例.第312回日本内科学会九州地方会 2016.1 福岡市
  2. 落合彰子、松岡均、河野浩、武内正紀、楠元寿典、今村卓郎:右上顎洞腫瘍で発症した成人T細胞白血病リンパ腫症例.第312回日本内科学会九州地方会 2016.1 福岡市
  3. 押川一達、楠元寿典、武内正紀、伊藤歌織、河野浩、稲津明美、松岡均、今村卓郎、石原善三郎:レボフロキサシンによる両側アキレス腱断裂の1例.第312回日本内科学会九州地方会 2016.1 福岡市
  4. 内藤敦、栗山拓郎、河野徳明、山下清:high risk APLに対してATRA+ATOで治療を行った1例.第6回日本血液学会九州地方会 2016.3 福岡市
  5. 日高弘登、日髙智徳、上運天綾子、秋月渓一、関根雅明、亀田拓郎、幣光太郎、下田晴子、久冨木庸子、北中明、下田和哉:真性多血症による二次性骨髄線維症に対するルキソリチニブ療法中に合併した重症マイコプラズマ肺炎.第6回日本血液学会九州地方会 2016.3 福岡市
  6. 植野尭、日髙智徳、上運天綾子、秋月渓一、関根雅明、亀田拓郎、幣光太郎、久冨木庸子、北中明、下田和哉:多発脳梗塞と副腎腫瘍を来した血管内大細胞型B細胞リンパ腫.第313回日本内科学会九州地方会 2016.5 北九州市
  7. 日高弘登、永田賢治、高石優佳、山田優里、土持舞衣、中村憲一、岩切久芳、蓮池悟、井原祐二、下田和哉:インターフェロンフリー療法が著効した潰瘍性大腸炎合併C型慢性肝炎の1例.第313回日本内科学会九州地方会 2016.5 北九州市
  8. 坂元貴道、楠元寿典、久保衣里奈、落合俊雅、松岡均、今村卓郎、中村恵理子、浅田祐士郎:難治性腹水を来したNodular regenerative hyperplasia(NRH)の1剖検例.第313回日本内科学会九州地方会 2016.5 北九州市
  9. 外山孝典、戸井田達典、熊部智章、中嶋淑心、中嶋啓、大園芳範、鈴木翔、皆川明大、山口哲郎:生前に診断が困難であった成人T細胞性白血病の1例.第313回日本内科学会九州地方会 2016.5 北九州市
  10. 前村幸輔、三池忠、安倍弘生、田原良博、山本章二朗、下田和哉:食道腫瘍の内視鏡診断における異常血管間色調変化(Background coleriation)の有用性に対する検討.第101回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2016.6 佐賀市
  11. 蓮池悟、永田賢治、高石優佳、山田優里、大園芳範、土持舞衣、中村憲一、岩切久芳、末田光恵、楠元寿典、落合俊雅、加藤順也、駒田直人、赤須郁太郎、弘野修一、黒木和男、重平正文、下田和哉:C型慢性肝疾患に対するソホスブビル併用療法の臨床的有用性の検討.第107回日本消化器病学会九州支部例会 2016.6 佐賀市
  12. 佐藤文明、中村憲一、平田智也、野田貴穂、山田優里、竹田幸子、土持舞衣、橋本神奈、前村幸輔、山路卓巳、安倍弘生、三池忠、岩切久芳、末田光恵、田原良博、山本章二朗、蓮池悟、永田賢治、下田和哉:胆石症にて入院加療中に発疹と高度の黄疸にて発症したDIHSの一例.第107回日本消化器病学会九州支部例会 2016.6 佐賀市
  13. 市成直樹、前村幸輔、三池忠、坂元一樹、中津留佳奈子、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、夏田朱一郎、橋本神奈、山路卓巳、安倍弘生、田原良博、山本章二朗、下田和哉:上咽頭癌の化学放射線療法により影響をうけた食道癌のサルベージESDの一例.第107回日本消化器病学会九州支部例会 2016.6 佐賀市
  14. 植野尭、山本章二朗、平田智也、坂元一樹、中津留佳奈子、野田貴穂、野田裕子、鈴木翔、竹田幸子、坂口舞、夏田朱一郎、橋本神奈、前村幸輔、山路卓巳、安倍弘生、三池忠、田原良博、下田和哉:アダリムマブ初回投与後に帯状疱疹を発症した潰瘍性大腸炎の1例.第107回日本消化器病学会九州支部例会 2016.6 佐賀市
  15. 藤原利成、山本章二朗、駒田直人、加藤順也、井口厚司、下田和哉:治療に難渋した潰瘍性大腸炎の1例.第107回日本消化器病学会九州支部例会 2016.6 佐賀市
  16. 外山孝典、戸井田達典、熊部智章、大園芳範、福永慎、野田貴穂、藤田良佑、山口哲朗:AITLに対する化学療法後に背景にあったEBV感染B細胞からDLBLを発症した1例.第314回九州地方会 2016.8 宮崎市
  17. 石田翔太郎、久冨木庸子、秋月渓一、上運天綾子、関根雅明、亀田拓郎、幣光太郎、下田晴子、日髙智徳、下田和哉:5年間の間隔で発症したImmunodeficiency associated Burkitt lymphoma.第314回九州地方会 2016.8 宮崎市
  18. 坂口亮介、関根枝里子、高橋聡、宮内俊一:周期的な腹痛・発熱を主訴として来院し、コルヒチンが奏功した家族性地中海熱の1例.第314回九州地方会 2016.8 宮崎市
  19. 山本章二朗、坂元一樹、中津留佳奈子、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、夏田朱一郎、橋本神奈、前村幸輔、山路卓巳、三池忠、安倍弘生、田原良博、下田和哉:潰瘍性大腸炎の経過中に発症したカンピロバクター腸炎の診断に大腸内視鏡検査が有用であった1例.第24回日本大腸検査学会九州支部会 2016.8 大分市
  20. 岩佐一真、安倍弘生、山本章二朗、山路卓巳、三池忠、下田和哉:FK506血中トラフ値が上昇せず治療に難渋した潰瘍性大腸炎の1例.第41回日本大腸肛門病学会九州地方会 2016.10 久留米市
  21. 柴田直哉、南史朗、山本章二朗、村田隆二、相良誠二、深尾理、杉江悟、柴田みつみ:当院での複雑痔瘻手術について.第41回日本大腸肛門病学会九州地方会 2016.10 久留米市
  22. 岩切久芳、田島栄美、鈴木陽香、高石優佳、山田優里、土持舞、中村憲一、蓮池悟、永田賢治、下田和哉:オキサリプラチン関連類洞閉塞症候群を合併した大腸癌肝移転の一例.第26回日本超音波医学会九州地方会学術集会 2016.10 長崎市
  23. 岩切久芳、田島栄美、鈴木陽香、高石優佳、山田優里、土持舞、中村憲一、蓮池悟、永田賢治、下田和哉:超音波ガイド下肝腫瘍生検にて診断し得た肝血管肉腫の一例.第26回日本超音波医学会九州地方会学術集会 2016.10 長崎市
  24. 外山孝典、戸井田達典、熊部智章、大園芳範、福永慎、野田貴穂、藤田良佑、山口哲朗:ペルフィルグラスチムの至適投与量の検討.第315回日本内科学会九州地方会 2016.11 熊本市
  25. 松敬介、松岡均、河野浩、武内正紀、楠元寿典、今村卓郎:頭部腫瘤を契機に診断された多発性形成質細胞腫の1例.第315回日本内科学会九州地方会 2016.11 熊本市
  26. 山口亜希、仲池隆史、下川知則、河野徳明、山下清:t(11;14)転座を有するCD20陽性IgD-λ型多発性骨髄腫の1例.第315回日本内科学会九州地方会 2016.11 熊本市
  27. 岩佐一真、田原良博、夏田朱一郎、橋本神奈、山路卓巳、安倍弘生、三池忠、山本章二朗、下田和哉:高齢者切除不能膵癌に対するFOLFIRINOX療法の投与経験.第315回日本内科学会九州地方会 2016.11 熊本市
  28. 山本章二朗、三池忠、中津留佳奈子、坂元一樹、平田智也、野田貴穂、鈴木翔、夏田朱一郎、坂口舞、前村幸輔、橋本神奈、山路卓巳、安倍弘生、柴田直哉、田原良博、下田和哉:インフリキシマブ倍量投与を行ったクローン病の臨床経過.第108回日本消化器病学会九州支部例会、第102回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2016.11 熊本市
  29. 中村憲一、岩切久芳、蓮池悟、永田賢治、下田和哉:当科における孤立性胃・十二指腸静脈瘤急性出血例に対する内視鏡的ヒストアクリル注入法の治療成績.第108回日本消化器病学会九州支部例会、第102回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2016.11 熊本市
  30. 田中友梨、中村憲一、高石優佳、中津留佳奈子、坂元一樹、山田優里、夏田朱一郎、土持舞衣、橋本神奈、山路卓巳、三池忠、安倍弘生、岩切久芳、末田光恵、山本章二朗、蓮池悟、永田賢治、下田和哉:潜在性肝性脳症を呈した肝内門脈静脈瘻の2例.第108回日本消化器病学会九州支部例会、第102回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2016.11 熊本市
  31. 藤原利成、山本章二朗、駒田直人、加藤順也、冷牟田浩二、下田和哉:潰瘍性大腸炎中等症以上に対する経口5-ASA製剤の併用効果.第108回日本消化器病学会九州支部例会、第102回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2016.11 熊本市
  32. 夏田朱一郎、三池忠、中津留佳奈子、坂元一樹、橋本神奈、山路卓巳、安倍弘生、田原良博、山本章二朗、下田和哉:食道表在癌に対する糸付クリップを併用した食道ESDの有用性の検討.第108回日本消化器病学会九州支部例会、第102回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2016.11 熊本市
  33. 田崎萌、竹ノ内博之、坂元あい子、小山田栄子、金丸恭子、岩切望美、稲田直樹、久冨木庸子、下田和哉:カラム凝集法のオモテ検査で異常反応を呈したA2B型の2症例.日本輸血・細胞治療学会九州支部例会第63 回総会・第84 回例会 2016.12 宮崎市
  34. 稲田直樹、岩切望美、田崎萌、金丸恭子、小山田栄子、坂元あい子、竹ノ内博之、久冨木庸子、下田和哉:フローサイトメーターを用いた新生児のI抗原とA及びB抗原の解析.日本輸血・細胞治療学会九州支部例会第63 回総会・第84 回例会 2016.12 宮崎市

研究会

  1. 中村憲一:肝がん治療症例に対するダクルインザ・スンベプラ併用療法の有用性.第1回宮崎肝癌研究会 2016.1 宮崎市
  2. 鈴木翔:虫垂腫瘍と鑑別が困難であった盲腸Mucinous adenocarcinomaの1例.第7回宮崎消化管セミナー 2016.2 宮崎市
  3. 前村幸輔:上咽頭癌の化学放射線療法により影響をうけた食道癌のサルベージESD症例.第7回宮崎消化管セミナー 2016.2 宮崎市
  4. 下田和哉:ruxolitinibの安全性対策と日本人治験データ統合解析に関する討議.ruxolitinib安全性/A2202 AJP-01統合解析Advisory Board Meeting 2016.2 東京都
  5. 橋本神奈:肺腫瘍を合併した進行食道癌の一例.第12回宮崎GERD研究会 2016.2 宮崎市
  6. 関根雅明:急性リンパ芽球性白血病/リンパ芽球性リンパ腫に対するHyper-CVAD/MA療法の経験.第68回宮崎血液疾患検討会・学術講演会 2016.2 宮崎市
  7. 平田智也:食道病変の一例.第17回南九州消化管臨床と病理研究会 2016.3 人吉市
  8. 岩切久芳、神崎陽香、廣岡智子、野田貴穂、山田優里、土持有貴、土持舞衣、中村憲一、今村直哉、安倍弘生、末田光恵、蓮池悟、大内田次郎、永田賢治、七島篤志、下田和哉:オキサリプラチン関連類洞閉塞症候群を合併した大腸癌肝移転の一例.第29回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会 2016.4 宮崎市
  9. 中村憲一、蓮池悟、大園芳範、山田優里、土持舞衣、岩切久芳、永田賢治、下田和哉:C型慢性肝炎を基礎に発症したlymphoepithelioma-like carcinomaの一例.第29回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会 2016.4 宮崎市
  10. 秋月渓一:5年の間隔で発症したImmunodeficiency associated Burkitt lymphoma.第33回 宮崎血液研究会 2016.4 宮崎市
  11. 外山孝典:当科で経験した比較的まれと思われるリンパ増殖性疾患の報告.第33回 宮崎血液研究会 2016.4 宮崎市
  12. 下田和哉:ATLLの病態と治療.第38回滋賀血液疾患研究会 2016.5 滋賀県
  13. 柴田伸弘:進行・再発大腸癌における分子標的薬の選択-これからの日常診療で迷わないために-.第10回宮崎がん治療フロンティア 2016.7 宮崎市
  14. 山本章二朗:抗TNF-α抗体療法施行中のクローン病合併妊娠・出産症例.第14回九州消化管疾患治療研究会 2016.8 福岡市
  15. 外山孝典:腫瘤形成がないため診断に苦慮したマントル細胞リンパ腫に対するリツキシマブ、ベンダムスチン併用療法の検討.第27回宮崎造血因子研究会 2016.9 宮崎市
  16. 市成直樹、山本章二朗、安倍弘生、坂元一樹、中津留佳菜子、夏田朱一郎、山路卓巳、橋本神奈、三池忠、田原良博、下田和哉:FK506血中トラフ値が上昇せず治療に難渋した潰瘍性大腸炎の1例.第1回九州IBD治療研究会 2016.9 福岡市
  17. 田原良博:食道がんの一例~集学的アプローチを必要とした化学放射線療法症例~.第1回宮崎食道癌研究会 2016.10 宮崎市

講演会、その他

  1. 坂元秀荘:当院における肝疾患領域のかゆみ治療について.宮崎肝疾患講演会~レミッチ適応追加記念講演会~ 2016.1 宮崎市
  2. 赤司浩一、竹中克斗、長藤宏司、北中 明、下田和哉:原発性骨髄線維症の全国調査報告.平成27年度第二回班会議総会(黒川班) 2016.1 東京都
  3. 下田和哉、北中 明、長藤宏司、竹中克斗、赤司浩一:二次性骨髄線維症の全国調査.平成27年度第二回班会議総会(黒川班) 2016.1 東京都
  4. 久冨木庸子:宮崎県におけるMyelomaの治療成績.第4回宮崎県Myeloma Winter Forum 2016.1 宮崎市
  5. 下田和哉:前例登録を基盤とした臨床情報と遺伝子情報の融合によるATLL予後予測モデル、発症前診断の開発と、ATLLクローン進化機序の解明.HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会 2016.2 東京都
  6. 柴田伸弘:クリニカルクエスチョンから考える胃癌補助化学療法.消化器癌化学療法カンファレンス2016 2016.2 長野県
  7. 駒田直人:シメプレビル併用3剤の治療成績について.宮崎県アッヴィシンポジウム 2016.2 宮崎市
  8. 柴田伸弘:スキルアップ胃癌化学療法-最新治療を自分のものにするためのコツ-.胃癌化学療法セミナー 2016.2 都城市
  9. 蓮池悟:DAAs再治療について.都城C型肝炎治療を考える会 2016.3 都城市
  10. 永田賢治:C型肝炎の最新の治療について.都城C型肝炎治療を考える会 2016.3 都城市
  11. 柴田伸弘:膵癌におけるNab-PTX+GEM併用療法の使用経験.HPB Scientific Forum 2016.3 宮崎市
  12. 永田賢治:C型肝炎治療の歴史と最新情報-新たな治療選択DAAs製剤-.宮崎市郡薬剤師会学術講演会 2016.3 宮崎市
  13. 下田和哉:MPNの診断と治療.MPN Conference 2016.3 徳島市
  14. 大園芳範:当院におけるC型肝炎の治療成績.延岡C型肝炎治療を考える会 2016.3 延岡市
  15. 永田賢治:C型肝炎の最新の治療について.延岡C型肝炎治療を考える会 2016.3 延岡市
  16. 外山孝典:ペグフィルグラスチムの至適投与量の検討.消化器・血液・腫瘍研究会 特別講演会 2016.3 宮崎市
  17. 松岡均:当院での高齢者急性骨髄性白血病患者のまとめ.宮崎造血フォーラム 2016.3 宮崎市
  18. 秋月渓一:同種造血幹細胞移植前のアザシチジン療法の経験.宮崎造血フォーラム 2016.3 宮崎市
  19. 外山孝典:当科におけるGDP療法のまとめ.第15回大分血液講演会 2016.3 大分県
  20. 下田和哉:ETの治療.Saitama ET Conference 2016.4 さいたま市
  21. 外山孝典:形質細胞腫を合併して再燃した多発性骨髄腫にパノビノスタットを投与した一例.Miyazaki Hematology Seminar 2016.4 宮崎市
  22. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の病態と治療.Novartis Hematology Seminar in Sapporo 2016.5 北海道
  23. 山本章二朗:これからの上部消化管疾患.西都市西児湯医師会学術講演会 2016.5 西都市
  24. 山本章二朗:潰瘍性大腸炎診療の現状.西三河IBDセミナー 2016.6 豊田市
  25. 下田和哉:ETの治療.ET Forum 2016 in OKINAWA 2016.6 沖縄県
  26. 日髙弘登、日髙智徳:真性多血症による二次性骨髄線維症に対するルキソリチニブ療法中に合併した重症マイコプラズマ肺炎.第13回先端医療セミナー 2016.7 宮崎市
  27. 黒木智文、田原良博:切除不能水癌に対し長期のFOLFIRINOX療法投与が可能であった一例.第13回先端医療セミナー 2016.7 宮崎市
  28. 佐藤文明、中村憲一:胆石症にて入院加療中に発疹と高度の黄疸にて発症したDIHSの一例.第13回先端医療セミナー 2016.7 宮崎市
  29. 植野尭、日髙智徳:多発脳梗塞と副腎腫瘍をきたした血管内大細胞型B細胞リンパ腫.第13回先端医療セミナー 2016.7 宮崎市
  30. 市成直樹、三池忠:上咽頭癌の化学放射線療法により影響をうけた食道癌のサルベージESD一例.第13回先端医療セミナー 2016.7 宮崎市
  31. 米澤瑛美、蓮池悟:FDG-PETにて集積を認め肝細胞癌との鑑別が困難であった肝血管筋脂肪腫の一切除例.第13回先端医療セミナー 2016.7 宮崎市
  32. 野田貴穂、大園芳範、石原明:貧血精査中に指摘され内視鏡的切除を行った胃過誤腫の1例.第2回宮崎消化器学術講演会 2016.7 宮崎市
  33. 下田和哉:ETの治療.CHIBA MPN Forum 1st Announcement 2016.7 千葉県
  34. 赤司浩一、竹中克斗、下田和哉、長藤宏司:原発性骨髄線維症の全国調査報告.平成28年度第一回班会議 2016.7 東京都
  35. 下田和哉、幣光太郎、北中明、長藤宏司、竹中克斗、赤司浩一:二次性骨髄線維症の全国調査.平成28年度第一回班会議 2016.7 東京都
  36. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の治療.第55回生涯教育講演会 2016.7 札幌市
  37. 坂元一樹、山本章二朗、夏田朱一郎、橋本神奈、中津留佳奈子、山路卓巳、三池忠、安倍弘生、田原良博、下田和哉:IFXによる加療中に肺癌を生じたCrohn病の一例.第14回 IBD Club Jr.Kyushuプログラム 2016.7 福岡市
  38. 山本章二朗:ディスカッション.第2回 Expert Meeting in 南九州 2016.8 鹿児島市
  39. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の病態と治療.NOVARTIS HEMATOLOGY Forum in GUNMA 2016.8 前橋市
  40. 幣光太郎、亀田拓郎、下田和哉:CALR変異マウスは本態性血小板血症を発症する.F-CHOP 2016 2016.9 東京都
  41. 柴田伸弘:抗がん剤・分子標的薬による有害事象への対策~がん診療部における支持療法の取り組み~.第4回宮崎大学がん診療部医療連携講演会~分子標的治療と皮膚障害~ 2016.9 宮崎市
  42. 蓮池悟:血液疾患におけるB型肝炎再活性化について.2016 Hematology Seminar in Miyazaki 2016.9 宮崎市
  43. 外山孝典:DRMMに対するポマリドマイド,ファノビノスタットの治療成績.2016 Hematology Seminar in Miyazaki 2016.9 宮崎市
  44. 藤原利成:5-ASA製剤の併用について.第17回宮崎IBD講演会 2016.9 宮崎市
  45. 駒田直人:血小板減少・肝機能障害を認め、診断・治療に至ったⅠ型ゴージェ病の1例.第2回宮崎ライソゾーム病Forum 2016.10 宮崎市
  46. 久冨木庸子:血液内科から見たゴージェ病.第2回宮崎ライソゾーム病Forum 2016.10 宮崎市
  47. 河野徳明、下川知則、仲池隆史、山下清、丸塚浩助、菊池郁夫:皮膚筋炎様症状を呈したEBウイルス関連NK/T細胞リンパ増殖症/リンパ腫に対して造血幹細胞移植を施行し寛解を維持している一例.第2回宮崎県Hematologyセミナー 2016.10 宮崎市
  48. 日髙智徳:同種移植に合併した感染症.第2回宮崎県Hematologyセミナー 2016.10 宮崎市
  49. 藤原利成:潰瘍性大腸炎治療の今後を考える.宮崎胃と腸懇話会 2016.10 宮崎市
  50. 河野徳明、下川知則、仲池隆史、田崎哲、山下清、菊池郁夫:当院の播種性血管内凝固症候群(DIC)治療に対する遺伝子組換えトロンボモジュリン(rTM)の効果-136例(感染症103例と血液疾患33例)の解析-.DIC講演会 2016.10 宮崎市
  51. 山本章二朗:増加を続ける炎症性腸炎疾患に対する治療戦略.都城市北諸県郡医師会内科医会学術講演会 2016.10 都城市
  52. 下田和哉:がんの薬物療法.都城健康サービスセンター開設44周年記念講演会 2016.10 都城市
  53. 駒田直人:当院におけるC型肝炎治療の現状.MIYAZAKI-LIVER-FORUM(NO MORE HEPATOMA) 2016.10 宮崎市
  54. 中村憲一:悪性腫瘍に合併した深部静脈血栓症に対するDOACの使用経験について.宮崎がんセミナー~がん患者のVTE治療を考える~ 2016.11 宮崎市
  55. 下田和哉:骨髄増殖性腫瘍の病態.第9回先進血液学レクチャー 2016.11 東京都
  56. 永田賢治:ウイルス肝炎最新情報.南那珂内科医学会学術講演会 2016.11 日南市
  57. 岩切久芳:C型肝炎の最新治療について.市民公開講座 知っておきたい肝臓病の新知識 2016.11 宮崎市
  58. 蓮池悟:肝がん撲滅のために.市民公開講座 知っておきたい肝臓病の新知識 2016.11 宮崎市
  59. 蓮池悟:B型肝炎ウイルス感染者への対応と薬剤による再活性化について.Abbvieセミナー 2016.11 宮崎市
初診
火曜日・木曜日の午前中
(受付時間 8:30~11:00)
再診
火曜日・木曜日の午前中
(受付時間 8:30~11:00)

※その他の曜日は予約のみ診療

在学生ログイン
学内専用の在学生用ページです。ご覧になるにはログインIDが必要となります。

研修後の先生へ
こちらは研修医の先生専用のページになります。一般の方はご遠慮ください。
このページの先頭へ