教室案内

消化器グループ

永田 賢治

 私たち消化器グループは主に肝臓病のグループと,消化管のグループで構成されています。肝臓グループでは、ウイルス性肝炎に対して抗ウイルス療法であるインターフェロンフリーの治療や、核酸アナログによる治療を積極的に行い、肝癌の予防に取り組むとともに、肝癌の早期発見、治療病態に応じた集学的治療に取り組んでいます。肝硬変の患者さんに対しては,栄養療法、合併症である食道静脈瘤や肝性脳症の治療を行っています。肝癌に関しては当院外科、放射線科の先生方ともHCCカンファレンスを通して治療レベルの向上を目指しています。当院は宮崎県肝疾患診療連携拠点病院の指定されており,肝疾患センターと協力して、県内の肝疾患対策の活動を行っています。

 消化管グループでは、食道、胃、小腸、大腸、すべての消化管疾患の診療に従事しております。うち、1. 炎症性腸疾患の診断と治療、2. 消化管腫瘍に対する内視鏡診断及び内視鏡治療 3. 小腸疾患に対するカプセルおよびダブルバルーン内視鏡、4. 消化管癌に対する化学療法の4つに力をいれています。炎症性腸疾患、内視鏡治療適応の消化管腫瘍、小腸疾患の患者数は年々増加しており、このため、内視鏡の件数も日ごとに増え続けています。内視鏡検査は、消化管グループ全員で行っておりますが、特に3~5年目(入局1~3年目)の医師がメインで検査に携わります。これ以外にも、炎症性腸疾患や消化管腫瘍においては、多施設ならびに当科独自の臨床研究を積極的に行っております。 

専門的な診療は各グループで行っていますが、入局した先生には腹部エコーや内視鏡検査など消化器の基本検査や消化器の一般的疾患は一通り研修し、消化器病学会専門医を取得できるように消化器全般に対応できるような研修を組んでいます。宮崎での消化器内科診療に興味のある方は是非ご連絡ください。

消化器グループ

 

 

 

 

初診
火曜日・木曜日の午前中
(受付時間 8:30~11:00)
再診
火曜日・木曜日の午前中
(受付時間 8:30~11:00)

※その他の曜日は予約のみ診療

在学生ログイン
学内専用の在学生用ページです。ご覧になるにはログインIDが必要となります。

研修後の先生へ
こちらは研修医の先生専用のページになります。一般の方はご遠慮ください。
このページの先頭へ