News

過去の記事一覧

2017年6月8日
高宮先生が共同研究を行っていた仕事が Neuron(93:1405-1419.2017)に掲載されました。
Title:GRASP1 regulates synaptic plasticity and learning through endosomal recycling of AMPA receptors.
2017年6月5日
助教の内田琢さんの論文がEpilepsia(2017 Jun 2. doi: 10.1111/epi.13807)に掲載されました。
Title:Abnormal γ-aminobutyric acid neurotransmission in a Kcnq2 model of early onset epilepsy.
2017年5月15日
5月11日-14日に開催された第14回アジア・オセアニア小児神経学会(14th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology, AOCCN2017、福岡市、ヒルトン福岡シーホーク)で以下の内容で発表しました。
Taku Uchida(ポスター発表):Abnormal GABA Neurotransmission in A Kcnq2 Model of Early-Onset Epilepsy
2017年3月31日
3月28日-30日に開催された第94回日本生理学会大会(浜松市、アクトシティ浜松)で以下の内容で発表しました。
若園佳彦(ポスター発表):AMPA受容体のN型糖鎖修飾は受容体の細胞膜の分布とチャネル特性を制御する N-glycosylation of AMPA receptor regulates its membrane distribution and channel property
2017年3月6日
3月3日-4日に開催された平成28年度新学術「神経糖鎖生物学」最終班会議(名古屋市、JPタワー名古屋ホール&カンファレンス)で以下の内容で発表しました。
緑川良介(ポスター発表):Activity-dependent modulation of N-glycans in AMPA receptors is involved in hippocampal synaptic plasticity
Kandel Munal Babu(ポスター発表):Two N-glycosylation sites are essential for proper tetramer formation and cell surface expression of AMPA-type glutamate receptor
大学の案内 宮崎大学 医学部 機能制御学講座 統合生理学分野 〒889-1692 宮崎市清武町木原5200番地  TEL.0985-85-0870 FAX.0985-85-5805
  • 宮崎大学
  • 宮崎大学医学部

ご挨拶スタッフ紹介研究内容業績学生向けアナウンス