ごあいさつ

宮崎大学医学部附属病院感染制御部部長 岡山 昭彦

 院内感染(病院感染)対策の重要性は近年特に強く認識されています。適切な院内感染対策は患者、医療従事者の安全、医療コストの軽減、地域における耐性菌の発生予防に大変重要です。特に本院のような地域中核病院では、重症患者の受け入れが常時おこなわれており、さらにコンプロマイズトホストが多く存在するため、必要充分な院内感染対策を行うことが強く要求されています。また関係法令の遵守、有効な組織作り、標準予防策と感染経路別予防策の遂行、サーベイランスの実施および職員の教育を的確に行う必要があることはいうまでもありません。本院における院内感染対策は、感染対策委員会およびインフェクションコントロールチーム(ICT)が指導を行い、感染対策マニュアル作成や教育啓蒙活動を行いますが、これのみで実効ある対策を行うことはできず、全職員で協力して行う必要があります。

 

感染制御部(CIC)は、医師、看護師、薬剤師、検査技師、事務職員によって構成し、日常の感染症のサーベイランス、抗菌薬の適正使用指導、集団院内感染(アウトブレイク)の兆候の発見、働きかけ、感染対策に関する教育・研究活動等を通して、本院の感染対策の実働部隊として、本院各部署の感染対策活動の支援を行う組織です。また保健所、医師会、関係医療機関と協力しながら、地域の医療施設の感染対策の推進にも貢献したいと考えております。皆様のご支援、ご指導、ご協力をよろしくお願いします。