宮崎大学 医学部泌尿器科教室
プライバシーポリシー お問い合わせ
MiU-NET(前立腺がん/PSAパス)
外来案内
診療科案内
教室案内
研修医・医学生へ
同門会・泌尿器科医会
トップページ
交通アクセス
宮崎大学トップページ

宮崎県泌尿器科医療連携(Miu-NET)
以下のボタンをクリックしていただきますと初回登録用紙がダウンロード できます。
初回登録用紙
それぞれ以下のボタンをクリックしていただけますとPSAパスがダウンロードできます。
前立腺癌手術後 PSAパス 前立腺癌放射線治療後 PSAパス 前立腺癌内分泌治療 PSAパス PSA高値経過観察 PSAパス
 宮崎大学病院は「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されており、県下の他の「地域がん診療連携拠点病院」、すなわち、県立宮崎病院、国立病院機構都城病院、県立日南病院、県立延岡病院の4病院との連携を求められています。あまりに多様化している泌尿器科疾患治療に対して、これら全病院がそれぞれで全てのオプションをそろえることはほぼ不可能であり、限られた医療資源を有効に活用するために地域連携を組織的に進めていくことは必須と考えられます。「宮崎県泌尿器科医療連携(Miu-NET)」はこのような観点から、泌尿器科疾患の診療を基幹病院と地域の医療機関で役割分担をすることを目的としています。
説明画像1
 宮崎県の泌尿器科疾患における地域連携として平成23年1月より宮崎県泌尿器科医療連携を開始致しました。Miyazaki Urological Networkの文字を使ってMiu-Netという名称にしております。まずは前立腺癌診療の地域連携でありますPSAパスを開始致しました。

 地域連携とは、患者さんを中心に地域の医療機関と情報交換を行い、よりよい医療と安全を提供する仕組みです。それぞれの医療機関の間での患者さんの情報交換には「地域連携診療計画書(地域連携クリニカルパス)」を用います。地域連携クリニカルパス(地域連携パス)は各医療機関が一緒に作った“診療計画書”のことです。
説明画像2
 これまでは基幹病院の主治医が診断・治療を行い、退院時にはかかりつけの先生に治療の継続をお願いしておりましたが、地域連携パスを用いることで、退院後も定期的に病院へ受診していただき、かかりつけの先生より退院後の情報を得ながら、緊急時には病院で対応ができる形をとります。つまり患者さんにとっては主治医が複数になることになります。
説明画像3
地域連携のメリット
 基幹病院では治療の専門性や救急時の対応ができるという利点がありますが、予約外では主治医が診察できない、通院には時間と通院方法に制限ができるなどの欠点もあります。
その点、かかりつけの先生ではいつでも近くですぐに診察していただけるという安心があります。それぞれの病院での利点を使うところが、地域連携パスのメリットです。
説明画像4
説明画像5
 前立腺癌診療に地域連携パスが必要な理由と致しましては、以下の点が挙げられます。

1. 患者数の増加
2. 生検陰性患者の増加
3. 患者の高齢化
4. 疾患の進行が長期で緩やかである。
5. 治療方法の多様化
6. 国の政策(がん連携拠点病院の役割)

前立腺癌の診断・治療の流れは、PSA高値で泌尿器科を受診し、その後生検、病期診断、治療となります。それぞれ治療を行った後は、再発の有無に関し経過観察となり、この経過観察にPSAパスを適応することになります。
以下の各内容に関して、PSAパスとして統一した方法で経過観察と治療を施すことを行います。
  • 基幹病院で治療を施行した(前立腺全摘術、放射線治療)患者の一定期間経過後の経過観察をしていただく。原則年1回は基幹病院を再受診し、再発が疑われる際も再受診していただく。(前立腺癌手術後 PSAパス/前立腺癌放射線治療後 PSAパス)

  • 進行前立腺癌のホルモン治療をかかりつけ医の先生に継続していただき、一定期間の治療中(原則年1回)または再燃が疑われる際には、基幹病院に再受診していただく。(前立腺癌内分泌治療 PSAパス)

  • PSA値高値にて紹介いただいた患者が精密検査(前立腺生検など)でがん陰性であった際に、紹介元の病院および診療所にPSAの経過観察を行っていただき、ある基準値を超えるPSA値になった際に、基幹病院に再受診していただく。(PSA高値経過観察 PSAパス)
  将来的には宮崎県全県の内科開業医の先生とも、情報交換を密にし、特にその経過観察においては、患者さんが最も受診しやすい環境を整備することを目指します。
説明画像6
説明画像7



トップページへ   ページの先頭へ

宮崎大学 医学部泌尿器科教室  〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町木原5200(代表)0985-85-1510
 
Copyright © 2008 Faculty of Medicine, University of Miyazaki. All rights reserved.
 
一覧を見る