肥満・エネルギー代謝調節機構の解明 摂食・エネルギー代謝調節を制御する新規物質の探索および機能解析に関する研究を行っています。

研究概要|Research outline

宮崎大学フロンティア科学実験総合センター・生理活性物質研究部門・生理活性物質機能解析分野では、「クロストーク」をキーワードに、肥満およびエネルギー代謝調節に関する生体制御機構の解明をテーマとした研究を行っています。

末梢と中枢のクロストーク、臓器間クロストーク、さらには細胞間クロストーク機構を制御する生理活性物質に焦点を当て、細胞生物学、分子生物学、行動生理学といった広範な視点から、新規肥満制御因子の探索に向けた研究を展開しています。