教授挨拶

宮崎大学医学部解剖学講座組織細胞化学分野ホームページにようこそ。
当教室では組織細胞化学を基盤とした形態科学を中心に研究を行っています。
具体的には、一つの受精卵が細胞増殖・分化あるいは細胞死を繰り返しながら様々な器官・組織を形成し個体を構成していくという「生命の不思議」を理解するために、in situハイブリダイゼーション、サウスウェスタン組織化学、免疫組織化学といった分子組織細胞化学的方法論を用いて、分子・細胞・組織レベルで遺伝子・転写因子・蛋白質等の物質の発現動態を解析しています。また、医学部学生に発生学・組織学を中心に講義・実習を担当しています。
当教室には、日本のみならずモンゴル、ミャンマー、タイ、アフガニスタン、ベトナム、インドネシア出身の教員、大学院生が在籍しており、国際色豊かなメンバーがそろっています。
私たちは、お互いにそれぞれの国の多様な価値観と文化的背景をリスペクトしながら、宮崎の地から世界に向けて人々の役に立つ研究成果をどんどん発信していきたいと思っています。

白水慎一郎先生が発表されました。

第63回日本組織細胞化学会総会・学術集会(東京都文京区)にて白水慎一郎先生が発表されました。

Read more

山隈優先生が「優秀ポスター発表賞」を受賞されました

第39回分子病理学研究会(石川県金沢市)にて山隈優先生が「優秀ポスター発表賞」を受賞されました。 おめでとうございます。

Read more