ようこそ、上地ラボのHPへ!

 医学生物学分野では、細胞内のタンパク質合成工場と呼ばれる「リボソーム」を研究対象としています。よく知られているようで、謎だらけのリボソーム。多くの参考書で、鏡餅のように描かれるリボソームですが、実は80種類以上の因子(RNAとタンパク質)で構成される複雑な構造体です。それぞれの因子の役割を明らかにすることで、タンパク質合成の未知のメカニズムに迫りたいと考えています。

 最近20年の間に、リボソームの構成因子の異常が様々な疾患と関連することがわかってきました。わたしたちは、ゼブラフィッシュの疾患モデルを作製し、疾患の発症機序を解析することで、リボソームの機能を理解しようとしています。

これまでの研究活動・イベントフォトはこちらでチェック!