宮崎大学小児科
患者さん・一般の皆様へ

小児腎臓

先天性の腎・尿路系疾患から腎炎、ネフローゼ症候群、各種疾患に合併した腎障害、急性および慢性腎不全など小児期の腎疾患全般の診療に取り組んでいます。

また、宮崎県の小児腎臓病治療の向上を目的として研究会の開催なども行っています。

実際の診療では、検尿の異常があり腎炎が疑われれば腎生検による組織診断を行い、診断がついた症例には積極的に治療を行い長期予後の改善をはかっています。また、難治症例に対しては血漿交換療法やLDL吸着療法などに積極的に取り組んでいます。

また、急性腎不全症例には、持続携帯腹膜透析(CAPD)や血液透析、血液ろ過透析などを症例ごとに選択して治療しています。最近では心臓病の術後や腫瘍性疾患の合併症(腫瘍崩壊症候群)など腎疾患以外の合併症としての急性腎不全が増えており集学的治療の一環として血液浄化療法を行っています。慢性腎不全へ進行した症例に関してはCAPDを中心とした維持透析を行っています。

また、CAPDの長期化は合併症の問題が多いため腎移植(移植施設での)をすすめています。移植後は内科的管理を行っています。