• ホーム
  • 患者さん・ご家族の皆さまへ
  • 治験部門について
  • 製薬会社の皆さまへ
  • 治験審査委員会

患者さん・ご家族の皆さまへ

治験とは?

新しい「くすりの候補」を開発するにあたり、人を対象とした試験の中で、医薬品の承認申請を目的とする試験を「治験」といいます。ひとつの「くすり」が出来るまでには、多くの試験を行い、安全性や有効性を確認します。

基礎研究 2~3年
「くすり」になる可能性のあるものを探します。

例:植物・動物などの自然界に存在する物質や化学物質

非臨床試験 3~5年
動物を対象とした試験

試験管による品質試験や、動物を使った試験により、「くすり」の候補の効き目と安全性を詳しく調べます。その試験で問題がなかったものだけが、臨床試験や治験を行うことが出来ます。

治験
人を対象とした試験

医薬品の開発段階で健康な人や患者さんに実際に「くすり」をご使用いただいて、効果と安全性を確かめる臨床試験を「治験」といいます。

  • 第 Ⅰ 相試験
  • 第 Ⅱ 相試験
  • 第 Ⅲ 相試験
厚生労働省の承認
医薬品として販売されます。