肝疾患センターTOPページ > 肝炎インターフェロン治療および核酸アナログ製剤治療に対する医療費助成

 「B型またはC型肝炎ウイルスの除去を目的として行うインターフェロン治療」および「B型肝炎に対する核酸アナログ製剤治療」について、患者さんの世帯の所得に応じて医療費が軽減されます。
 以下の書類が必要となりますので、お近くの保健所にお問い合わせください。
 @ 肝炎治療受給証交付申請書
 A 医師の診断書
 B あなたの氏名が記載された被保険者証等の写し
 C あなたの属する世帯の全員について記載のある住民票の写し
 D 市町村民税課税年額を証明する書類

インターフェロンフリー治療不成功のC型慢性肝炎、代償性肝硬変患者さんに対する
インターフェロンフリー再治療に係る医療費助成意見書に関するお知らせ

 インターフェロンフリー治療不成功のC型慢性肝炎、代償性肝硬変に対して再治療を行う場合には医療費助成の申請に際して、肝疾患診療連携拠点病院である当院の日本肝臓学会肝臓専門医が作成した意見書の提出が必要です。意見書を希望される先生は患者さんを紹介される際に下記の、肝炎医療費助成に係るインターフェロンフリー再治療のための診療情報提供書をダウンロードしてご利用ください。
  1. インターフェロンフリー再治療のための診療情報提供書(PDF)

 

Copyright(C) 2010 miyazaki
宮崎大学のホームページへ宮崎大学医学部のホームページへ
〒889-1692 宮崎郡清武町大字木原5200