在学生へ

がんプロとは?

宮崎大学大学院医学系研究科 九州がんプロフェッショナル養成プラン

プラン全体の概要

「がん対策基本法」が平成19年4月に施行され、この基本法に則り、
がん医療に関する専門的な知識及び技能を有する医師及びその他の医療従事者を養成し、
九州地区における質の高いがん医療の均てん化を図ることを目的とする。
九州を一つの医療圏として、九州の13大学及び地域のがん拠点病院等の連携により、
効果的かつ効率的な教育を実現する。

組織体制の概要

共同参画する各大学の医学研究科等の長がプログラムの責任者となり、
各大学病院に設置された院内がんセンター等と協力して教育・臨床研究を指導し、
がん診療連携拠点病院・緩和ケア専門病院と連携を行う。
九州の13大学のプラン責任者で組織する「九州がんプロフェッショナル養成協議会」を設け、
プログラム全体の円滑な運営を図り、本プログラム修了者の社会的活動・就職を援助するために、
学生の要望と地域のニーズを鑑みて、九州全域のがん医療均てん化のための人材の適正な配置に
ついて協議する。