6階西病棟

Ⅰ 病床数

50床(呼吸器 神経 内分泌・代謝・糖尿内科46床、共通病床4床)

Ⅱ 看護師数

30名(看護師長1名、副看護師長3名、看護師26名)

Ⅲ 主な疾患

呼吸器疾患:肺癌、間質性肺炎、慢性呼吸不全、サルコイドーシス
内分泌・代謝疾患:糖尿病、下垂体腫瘍、甲状腺腫瘍、クッシング症候群
神経疾患:パーキンソン病、髄膜炎、多発性硬化症、重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症、

Ⅳ 看護の特殊性

1.パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)で看護を行っています。
2.糖尿病療養指導士(1名)、3学会合同呼吸療法認定士(2名)が、専門的知識・技術を他の看護師に伝えることで、看護の質の向上を目指しています。
3.在宅酸素療法やインスリン注射による治療等、長期に自己管理を必要とする患者さんが多いです。
4.退院後の生活に支援が必要な患者さんについて、毎週退院支援カンファレンスを行っています。
主に退院支援カンファレンスを通して、地域医療連携センターと連携を図ることによって、
退院後の生活が安全で安心なものとなるよう活動しています。
5.呼吸器、内分泌・代謝、神経の分野ごとに勉強会グループを作り、医師の支援も受けながら、
定期的に勉強会を開いています。
6.糖尿病の患者さんを対象に毎月、医師、薬剤師、管理栄養士と連携し、糖尿病教室を開いています。

 

 

 

 

 

患者さんへの呼気介助

ページの先頭へ