新しい認定看護師が誕生しました

日本看護協会の認定看護師は、専門性を発揮して実践や、安全で安楽な看護ケアを行うための教育・指導を行っています。また、院内・外の研修講師や、看護部主催の公開講座の講師としても活躍しています。
当院では、新たに2名の認定看護師が 誕生しましたので、ご紹介致します。

がん化学療法看護認定看護師(三輪真砂子・新坂ともみ・荒川環・川野理沙)

  

○安心・安全・確実な抗がん剤の投与管理を行い、抗がん剤の曝露予防に努め安全な職場環境を目指します。抗がん剤治療の選択や治療過程における患者・家族の意志決定支援やセルフケア支援を行います。院内外のさまざまなご相談に応じています。

 皮膚・排泄ケア認定看護師(児玉裕子・望月祐美・竹生まゆみ・竹入恵美

 竹入さん

○ 院内スタッフと連携し褥瘡予防を中心に活動しています。他にストーマや失禁ケアなどを行っています。

緩和ケア認定看護師(日髙麻希・西村亜希)

 3西村亜希さん(笑顔)

○ 疾患に伴う身体的、精神的、社会的、スピリチュアル面の苦痛を緩和し、患者・家族のQOLの向上を目指します。

感染管理認定看護師(福田真弓・筧春奈・中山雄貴・荒武舞

  救命中山さん 2微笑み 荒武さん

 

○ 患者や医療従事者、病院を訪れる人々を感染から守ることを責務とし、感染対策活動を実践します。

救急看護認定看護師(川越由紀・吉田亜希子)

 

○確実な救命技術を実践し、危機状況にある患者家族への精神面の援助を行っています。また、看護実践を通し、他の看護職者に対しての指導や相談を行っています。

 小児救急看護認定看護師(野崎久美)

○子どもの権利を尊重しながら、救急時の子どもの病態に応じて迅速な看護実践を行います。また、虐待など、小児を取り巻く様々な医療問題に取り組み、子供の健やかな成長発達のために、家族を含め支援します。

集中ケア認定看護師(児嶋明彦)

 

 

 

○院内外の重症患者を受け入れている集中治療部(ICU)で勤務しています。重症な患者・患者を支える家族に寄り添い、看護実践を行なっています。更には、看護スタッフへの指導・相談を受けれられるような存在になれるよう励んでいます。

ページの先頭へ