看護実践支援室

 看護職員一人ひとりの看護実践支援やキャリア支援、メンタルサポートを行い、専門職としての成長をサポートします
メンタルサポートについてはこちらから宮崎大学安全衛生保健センターにもリンクできます。

看護実践支援室の構成メンバー
・教育担当(看護師長1名、教育担当副看護師長1名)
・医療情報担当(副看護師長1名)
・褥瘡担当(皮膚・排泄ケア認定看護師1名:副看護師長)

 

 

 

 

 

 

 

教育の支援内容
1.看護実践支援

現任教育研修の企画、実施、評価を行なっています。病棟ラウンドを行い、新人看護師を含めた全看護職
員の看護実践の支援やメンタルサポートを行なっています
2.専門職としての成長のサポート
リフレクションを取り入れた看護師への支援

 活動の紹介
看護実践支援室・教育担当は2人で活動しています。(新人看護師の1ヶ月目の振り返り会に参加)

新規採用者(新卒者・既卒者)の入職時に技術トレーニングの支援をします

褥瘡対策担当
専従の褥瘡対策担当看護師として、医師や看護師、その他の部門と連携して、院内の総合的な褥瘡対策を行います。
また、創傷ケア、瘻孔ケア、ストーマケア、失禁ケアなど皮膚・排泄ケア認定分野の相談を受け、ケアの実践や指導を行い、患者さんによりよいケアが提供できるようにスタッフの支援をしています。
院内研修として新規採用者対象の褥瘡予防ケア、各看護単位の褥瘡予防担当者の教育、院内認定スキンケア看護師を育成しています。
皮膚・排泄ケア認定分野の専門的な知識・技術を用いて、実践・指導・相談の役割を果たし、質の高い看護を提供することを目指しています。

医療情報担当
医療情報部や医療情報システム委員会と連携して、病院情報管理システム(Cumnavi )の機能を有効活用した看護実践ができるよう支援します。また、クリニカルパスの作成・活用の推進、医療データの収集と分析、看護部ホームページの拡充を行なっていきます。

ページの先頭へ