宮崎大学医学部附属病院 難聴支援センター

新生児聴覚スクリーニングセンター

新生児聴覚スクリーニングセンターは、宮崎県内の分娩取り扱い施設(産科)、NICU、市町村保健センター、各診療科などと連携して、乳幼児期の難聴のあるお子さんの早期発見につとめています。

赤ちゃんの難聴の多くは先天性難聴です。先天性難聴の場合は、「新生児聴覚スクリーニング検査」を受けることで生後間もない時期でも難聴を見つけることができます。「新生児聴覚スクリーニング検査」で「Refer(リファー)」となった赤ちゃんは、新生児聴覚スクリーニングセンターを介して、耳鼻咽喉科ですぐに精密検査を受けられるようにしています。

お子さんの難聴の中には、「新生児聴覚スクリーニング検査」は「Pass(パス)」で異常がなかったのに、成長の段階で難聴が見つかる場合があります。このような難聴を遅発性難聴といいます。市町村が実施する乳幼児健診で、ことばの遅れや呼びかけの反応が悪いことなどから見つかることがあります。保育所や幼稚園の先生から指摘されて見つかることもあります。お子さんの聴覚検査は総合病院の検査設備でないと正確な診断ができません。遅発性難聴の場合でも、新生児聴覚スクリーニングセンターに連絡すると、耳鼻咽喉科ですぐに精密検査を受けられるようにしています。

新生児聴覚スクリーニングセンターは、新生児聴覚スクリーニング検査がReferであったお子さんだけでなく、難聴が疑わしいお子さん、ことばの遅れが気になるお子さん、新生児聴覚スクリーニング検査を受けなかったお子さんなどの聴こえの相談も受け付けています。

ページトップへ