研修・教育プログラム

Miyazaki Ear-Nose-Throat Oriented Residency(MENTOR)Program

1. プログラムの目標

MENTORプログラムは、耳鼻咽喉科・頭頸部外科専門医としての知識・技能・医療倫理を兼ね備えた医師を養成しつつ、宮崎県の地域医療充実と質の向上に貢献することを目的とします。本研修プログラム「MENTOR」のもとで育まれた専攻医が、専門医、さらには指導医(mentor)となって新たな専攻医を迎え、「宮崎ブランド」の耳鼻咽喉科専門医療技術を発展的に継承していく場になることを目指します。

2. プログラムの流れ

MENTORプログラムでは、専門研修基幹施設である宮崎大学医学部附属病院と地域医療を担う病院群(宮崎県立宮崎病院、宮崎県立延岡病院、国立病院機構都城医療センター)、計4カ所の研修施設において、それぞれの特徴を生かした耳鼻咽喉科研修を行い、日耳鼻研修到達目標や症例経験基準に掲げられた疾患や手術を経験します。
4年間の研修期間のうち、最初の1年は宮崎大学病院で耳鼻咽喉科の基本手技を習得し、2~3年目には地域医療病院にて実践的耳鼻咽喉科外来診療や手術を幅広く経験します。地域医療病院群はCommon diseaseの症例数が豊富で、救急疾患も多く、地域に密着した医療に貢献することが可能です。県内2カ所の関連研修病院に配属される予定ですが、配属先や期間については個々に相談して決定します。
宮崎大学病院では先端医療や重傷例に対する医療とともに専攻医教育に相応しい耳鼻咽喉科領域全般の手術が経験できます。中でも耳科手術の件数は全国でもトップクラスであり、最新の人工聴覚器治療や難聴支援センター部門と連携した聴覚管理を学べる環境です。また、頭頸部がん診療においては宮崎県の拠点病院となっており、定期的に行われるcancer boardなど形成外科や放射線科などとの合同カンファレンスも充実しています。サブ領域展開プログラムを希望する専攻医はこれらの専門チームに加わりつつ基本的専門研修要項がカバーできるよう配慮します。専門医所得後には希望に応じて国内外の専門施設(がんセンターなど)への留学や社会人大学院「高度臨床医育成コース」進学に繋げることも可能です。
また、基礎研究に興味がある専攻医には、社会人大学院「研究者育成コース」に進学できる基礎研究展開コースを用意しました。研修期間中の基礎医学教室との連携については関係教官との合議の上決定します。
4年間の研修修了時にはすべての領域の研修到達目標を達成できるよう、最終年度は原則、宮崎大学病院に戻り、専門研修に不足部分があれば補填し専門医試験に備えます。4年間の研修中には認定学術集会において少なくとも3回以上の学会発表、筆頭著者として1編以上の論文執筆を行い、専門医としての科学的思考とプレゼン能力を身につけるよう指導します。

3. 研修プラン

上記研修プラン以外にも、相談の上希望に応じて個々に研修プランの対応を致します。

【基本研修コース】

4年間の研修期間のうち、最初の1年は宮崎大学病院で耳鼻咽喉科の基本手技を習得し、2~3年目には地域医療病院にて実践的耳鼻咽喉科外来診療や手術を幅広く経験する。4年間の研修修了時にはすべての領域の研修到達目標を達成できるよう、最終年度は原則、宮崎大学病院に戻り、専門研修に不足部分があれば補填し専門医試験に備える。

【サブ領域展開コース】

国内トップクラスの聴覚専門チームや、県内の拠点である頭頸部癌専門チームなどに加わりつつ基本的専門研修要項がカバーできるよう配慮する。専門医所得後には希望に応じて国内外の専門施設(がんセンターなど)への留学や社会人大学院「高度臨床医育成コース」進学に繋げることも可能である。

【基礎研究展開コース】

基礎研究に興味がある専攻医には、社会人大学院「研究者育成コース」に進学できる基礎研究展開コースを用意した。研修期間中の基礎医学教室との連携については関係教官との合議の上決定する。

4. 研修の週間計画

 

午前 手術
特殊外来
症例検討会 手術
聴覚支援外来
MENTOR 朝ゼミ
抄読会
手術
特殊外来
初診外来 初診外来
午後 手術
特殊外来
手術
特殊外来
外勤
手術
外勤
症例検討会
病棟総回診
放射線科合同カンファ
頭頚部合同
Cancer Board
難聴支援
カンファレンス
医局会
MENTOR夕ゼミ
  • MENTOR朝ゼミ:専門医試験対策
  • MENTOR夕ゼミ:関連施設配属専攻医も含めた全専攻医が集うセミナー
  • 院内合同カンファレンス(頭頸部がん、画像、難聴支援)

5. 連携施設

地域医療を担う病院:指導医1名以上、スタッフ1名以上、年間手術件数150件以上

宮崎県立宮崎病院(年間手術平成26年度411件、バランス良い一般診療)
指導管理責任者・指導医:鍋倉 隆(診療科長・医長)

宮崎県立延岡病院(年間手術平成26年度436件、地域救急基幹病院)
指導管理責任者・指導医:後藤 隆史(診療科長・医長)

国立病院機構都城医療センター(年間手術平成26年度407件、頭頸部手術が豊富)
指導管理責任者・指導医:外山 勝浩 (診療科長・医長)

6. 入局のすすめ

耳鼻咽喉科の特徴

五感、すなわち視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のうち視覚を除いて耳鼻咽喉科の守備範囲です。耳鼻咽喉科は人間が人間らしく生きる上でもっとも基本的かつ重要な機能を扱っています。扱う疾患、手技が多岐にわたるため、個々の興味、能力、体力などに応じて、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の中で、自分にふさわしい分野 (サブスペシャリティー)を見つけることができます。

女性医師について

日本耳鼻咽喉科学会会員の約20%は女性医師です。さらに女性医師は年々増加傾向にあります。小児難聴をはじめ従来から女性医師が活躍してきた領域も多く、高い専門性を保ちながら医療の第一線で活動を継続している女性医師が多いのも耳鼻咽喉科の特徴です。
特にサブ領域展開コースでは、手術だけではなく感音難聴外来などの特殊外来での研修を行い、子育てしながらでも可能なカリキュラムが選択できます。

7. 詳細

詳細は宮崎大学医学部附属病院研修プログラムホームページにアクセスしてください。

ページトップへ