頭頸部がん

頭頸部とは、脳と眼を除く首から上の全領域のことで、頭蓋底から鎖骨上までの範囲となります。この頭頸部領域の悪性腫瘍を頭頸部がんといいます。代表的な疾患は、咽頭がん、喉頭がん、甲状腺がん、舌・口腔がん、鼻副鼻腔がん、唾液腺がん、甲状腺がん、頸部食道がん、リンパ節の悪性腫瘍です。頭頸部領域は、発語などの構音・発声機能、摂食・嚥下などの嚥下機能、鼻腔、口腔などの上気道に関する呼吸機能などが関わるところです。また顔貌など美容にも深く関わる領域のため、治療に関しては、機能温存、整容形態の保持が重要となります。そのため治療は、お腹、胸、背中、大腿、前腕などの皮弁を移植する再建手術や抗癌剤を併用した放射線治療、まず抗癌剤治療を行いその効果を見て手術、放射線治療に向かう治療など多岐にわたりますから、患者様の病状に応じてオーダーメイドで治療を進めていくことが重要です。

宮崎大学医学部附属病院は都道府県がん診療連携拠点病院として宮崎県のがん治療の中心的役割を担っています。頭頸部がん治療におきましても、当教室はがん治療の中心的役割を果たしており、県内の頭頸部がん患者の紹介を受け、治療方針の決定、集学的治療を行っています。具体的には、紹介を受けた患者様を、精度の高い内視鏡やエコーを用い診察を行い、がん病巣の観察を行います。その後CT/MRI/PET-CTを用いて病期診断します。その結果を、放射線科画像診断部、放射線治療部、歯科口腔外科、形成外科、病理診断部とキャンサーボードを行い、より詳細な病期診断、治療方針の決定、術後病理結果、術後経過の報告を行います。必要に応じて、消化器外科、脳神経外科、皮膚科と連携し境界領域のがん治療を共同で行うことによって更なる集学的治療が可能となっております。更に緩和ケアの必要な頭頸部がん患者様につきましても精神科、麻酔科、緩和ケア看護師を中心としたPCT(pain control team)に相談し、患者様の精神的、肉体的苦痛の軽減を図っております。当施設の特徴としては、放射線治療はより照射による有害事象を抑えるために強度変調放射線治療(IMRT)を導入、咽喉頭の表在癌、早期がんに対する経口的内視鏡手術、進行がんに対する拡大再建手術を行っており、これが大学病院の県内他施設の治療と異なる唯一の治療内容です。また専門医養成のための県内唯一の頭頸部がん専門医認定研修施設でも有ります。

ご不明な点などありましたら、当科では毎週火曜日全日、木曜日午前中頭頸部外来にて専門的に診療を行っておりますので詳しくはそちらにてご相談下さい。

平成27年度頭頸部癌手術件数

悪性

106
頸部郭清(片) 49
下咽頭部分切除 1
下咽頭喉頭全摘+再建 3
中咽頭がん摘除+再建 4
口腔癌+再建 5
喉頭全摘 3
上顎全摘+再建 5
鼻腔がん摘出 2
経口中咽頭切除 4
経口口腔癌摘除 8
経口的下咽頭喉頭切除 4
甲状腺半切 7
甲状腺全摘 2
耳下腺全摘+再建 1
耳下腺全摘 2
外側側頭骨切除 2
前頭蓋底手術 3
副咽頭間隙悪性腫瘍摘出 1

再建皮弁

前腕皮弁による再建 1
腹直筋皮弁 6
前外側大腿皮弁 4
遊離空腸 4
大胸筋皮弁再建 6

良性

鼻腔腫瘍摘出 4
顎下腺摘出 4
神経鞘腫摘出 1
気管切開 8
副咽頭間隙腫瘍摘出 1
耳下腺浅葉切除 11
耳下腺深葉切除 1
気管孔開大 1
プロボックス留置 5

生検

上咽頭生検 2
上顎生検 4
ラリンゴ 15
リンパ節生検 11
ページトップへ