外来のご案内

診療内容(内科)

主な症状 疑われる疾患 循環器内科 腎臓内科 肝臓内科 血液内科 神経内科 呼吸器内科 内分泌/代謝/糖尿病内科 膠原病/
感染症内科
消化器内科
食物が胸につかえる。胸やけ、吐き気、げっぷ 食道疾患
腹痛 上腹部痛 鈍痛の場合が多く、摂食により軽快又は増悪。食欲不振、悪心、胸やけを伴うことも多い 胃・十二指腸疾患
右季助部(脇腹の上)~上腹部 キリキリ痛む。激しく痛む(気持ちが悪い。吐き気がする。普段は鈍痛のことも多い。油物などを食べた後急に起こることが多い。発熱や黄疸を伴うこともある)右肩や背中に放散する痛み。 胆道(胆石、胆のう)・膵臓・胃疾患
その他 左右下腹部、腹部全体の痛み、不定の症状 大腸疾患
便通異常 便秘と下痢の繰返し。便秘(慢性)下痢。便が細い。便に赤~黒いもの、粘膜がつく。 大腸・直腸疾患、痔
吐血、下血、その他 胃・十二指腸疾患
赤(黒)色の血を吐く、黒色便(下痢のことも多い)が出る。便に赤い血、赤黒い血のようなものがつく。 食道静脈瘤破裂、肝臓疾患小腸・大腸疾患、痔
胸が締め付けられる、痛い、圧迫される 虚血性心疾患  ○
寝ていると胸が苦しい、息苦しい 心不全  ○
脈が速くなる、脈が飛ぶ、意識を失う 不整脈、心臓神経症  ○
蛋白尿・血尿 腎炎  ○
浮腫(むくみ)・乏尿 ネフローゼ症候群・腎不全  ○
高血圧 高血圧症  ○  ○
黄疸、腹水 倦怠感、食欲不振、尿が濃い、発熱を伴うこともある。お腹がはる、むくみがある、体重増加。大量飲酒に伴うことがある。 肝臓疾患  ○
めまい、動悸、息切れ、顔色不良 貧血
鼻血、歯ぐきからの出血、青あざ、皮膚の出血斑、紫斑、関節出血 出血傾向を伴う血液疾患  ○
食物がのどにつかえる、胸やけ、吐き気、げっぷ リンパ腺疾患
発熱、リンパ節腫脹、発疹、倦怠感咳、痰、血痰、呼吸困難、息切れ、胸痛 感染症(呼吸器疾患を含む)
リンパ節膨張  ○
発熱、皮疹、関節痛、脱力、手指の寒冷時の蒼白化(女性に多い) 膠原病及び類縁疾患
関節痛、関節の腫れ、手のこわばり 関節リウマチ
コレステロールの高値、中性脂肪の高値 高脂血症  ○
尿酸が高い、痛風発作 高尿酸血症  ○
検診の
二次検査
胸部レントゲン異常 呼吸器疾患
胃、大腸検査の異常 消化器疾患
腹部超音波(エコー)検査の異常 肝臓・胆道・膵臓疾患  ○
内分泌の異常 肥満、発育異常、高血圧、全身倦怠感(元気がない) クッシング病、下垂体疾患  ○
口渇、多飲、多尿、やせ 糖尿病、尿崩症  ○
前頸部腫脹、眼球突出、動悸、手のふるえやせ、暑がり、寒がり、体がだるい、顔が腫れぼったい 甲状腺疾患  ○
月経異常 婦人科疾患以外の内分泌障害  ○
神経の
異常
手足のしびれ 多発性神経炎  ○
視力障害、眼球運動の異常 脳神経障害、多発性硬化症  ○
頭痛、肩こり 片頭痛、筋緊張性頭痛  ○
急性、亜急性、慢性の運動障害 脳血管障害、ギランバレー症候群、中毒性神経障害、多発性硬化症、進行性筋ジストロフィー症、多発性脳炎、筋萎縮性側策硬化症  ○
筋肉の異常、力がはいらない、筋肉痛 多発性筋炎
身体のふらつき、歩行の異常、歩きにくい パーキンソン病、脊髄小脳変性症  ○
易疲労性(疲れ易い)、複視(ものがふたつに見える、まぶたが下がる) 重症筋無力症、  ○
呼吸の
異常
咳、痰 気管支炎、肺気腫、肺炎、喘息、肺結核  ○
発熱 肺炎  ○
息苦しい、息切れ 肺炎、肺気腫、喘息、間質性肺炎  ○
胸痛、レントゲン異常 気胸、胸膜炎  ○
ベーチェット病、エリテマトーデス、サルコイドーシス、強皮症、多発性筋炎、関節リウマチ
原発性胆汁性肝硬変、劇症肝炎、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病  ○  ○
特発性間質性肺炎  ○
潰瘍性大腸炎、クローン病
パーキンソン病、多発性筋炎、脊髄小脳変性症、シャイ・ドレーガー症候群、筋萎縮性側策硬化症、重症筋無力症、副腎白質ジストロフィー、スモン、ハンチントン舞踏病、後縦靭帯骨化症、クロイツフエルト・ヤコブ病、亜急性硬化性全脳炎、ファブリー病、神経線維症  ○
遺伝性膵炎