外来のご案内

女性いきいき外来について

女性外来(女性いきいき外来)を開設しました

女性いきいき外来は、女性医学の外来です。「女性医学」ってどんな特徴があるのでしょうか?簡単に説明します。

もともと、西洋医学は「要素還元論」的にアプローチします。簡単に言えば、なぜ病気が起こるのかを因子に分解して研究し、いろいろな証拠に基づいて治療を考えることをします。そのために総合的に診察することが難しくなってきました。

この様に書くと難しいのですが、例えば、「体がだるくて食欲がなく、眠れない」ということで病院に行ったとします。まず胃が大丈夫か消化器内科を受診し、うつ病でないか精神科を受診して、脳神経が大丈夫か神経内科や脳神経外科など、あちこちを受診するような経験はありませんか?

女性医学は総合的に女性をまず診察しましょうという外来です。

メモ:男性医学ではなくて、なぜ女性医学が注目されるようになったのか?

女性医学のきっかけ

歴史的なきっかけは治験に性差があるのではないかという問題です。

「証拠に基づいて」治療するためには、お薬が本当に効くかどうか確認するためにボランティアの方にお薬を飲んでいただく「治験」が絶対的に必要です。皆様が今使用しているお薬はすべて治験を行って安全性や有効性が確認されたお薬です。ところが、治験する場合は、「妊娠している、もしくは妊娠の可能性のある女性はのぞく」という文があるため、結果的に大部分が男性で行われます。つまり、皆様が通常使用しているお薬は、男性のデータに基づいて量が決められています。「本当に女性は男性と同じ量のお薬を使用してよいのか」は治験の段階でわかっていないのです。(もちろん大部分は大丈夫だとは考えられているのですが・・・)

治験について、もっと知りたい場合は宮崎大学医学部附属病院 治験管理センターこちらをご覧下さい。

つまり、女性医学とは、男性と女性の違いに注目して、総合的に治療を考える医学です。「女性医師の外来が女性外来」と誤解されていることがありますので、ご理解ください。

また、「女性外来」であるからといって、女性であれば全ての科の治療が出来るという意味ではありません。皆様が、総合病院を受診する場合、どの科を受診すればよいのか、困ることがあると思いますが、その時にあらかじめ話を聞いて、どの科を受診すればよいか振り分けてくれる医師がいると良いと思いませんか?「女性外来」はそのような側面もあります。つまり、お話を聴いた上で、専門と思われる別の科をご紹介することがあります。

診療内容

女性特有の症状で悩んでいる方のために、医師および看護師がじっくり相談に乗り、プライバシーに配慮した診察を行います。

具体的には

  • 月経異常や月経痛(生理痛)で悩んでいる女性の外来:思春期外来
  • 避妊で悩んでいる女性。ピルについて知りたい女性:ピル外来
  • 更年期障害だと思うのだけど、どこに行っても治らなくて困っている女性:更年期外来
  • 漢方薬に興味があるのだけど、どこを受診すればよいかわからない女性:女性漢方外来

などをおこなっています。

診療時間

毎週金曜日 午後1時から(完全予約制です)

診療申込み

総合予約室
受付時間 月~金(祝祭日除く)午前8時30分~午後5時
電話番号 0985-85-1225

お問い合わせ

産科婦人科外来
受付時間 月曜・水曜・金曜(祝祭日除く)午後1時~3時
電話番号 0985-85-9332