診療科・部門

救命救急センター

業務内容

救命センターについて

救命救急センターは、ドクターヘリ・ドクターカーによる重症患者受け入れに加え、初期救急医療機関及び二次救急医療機関の後方支援として、紹介患者を常時受け入れています。また、宮崎県内の救急車受入れ要請に応え、災害時にはDMAT(災害医療チーム)を被災地に派遣しています。救命センターでは、入院時より患者支援センターの看護師、メディカルソーシャルワーカー(MSW)と連携し、転院調整や様々な社会的背景のある患者さんへの対応を行い、常に救急患者の受け入れができるようにチームで取り組んでいます。

ご紹介下さる医療機関の皆様へ

  • 緊急性が高い症例が多いと思われますのでまずは下記連絡先までお電話でご相談下さい。
  • 症例によっては他の専門診療科をご案内する場合がありますことをご了承ください。
  • 可能な限り診療情報提供書をご準備して頂くようにお願い致します。

ドクターヘリによる搬送を依頼される医師の皆様へ

  • 転院搬送先の選定は原則として依頼される医療機関で選定して頂きます。
  • 搬送先が確定した後にドクターヘリによる搬送を下記連絡先にお電話で御相談下さい。
外来窓口

8時〜17時 総合受付を通してご連絡ください
時間外     時間外受付

連絡先

8時〜17時 TEL. 0985-85-1510
時間外     TEL. 0985-85-1220

外来担当医表

当科では曜日毎の外来担当者は決まっておりません。その日のフロアマネージャー(病棟・外来統括医師)が重症度、緊急度に合わせて必要な医師を配置し診療を行います。

主な対象疾患や特徴的な医療

救命センターでは主に下記のような疾患・外傷を対象として診療します。救急科医師が生命を維持するために必要な気道・呼吸・循環の状態を安定化させ、専門診療科と協力し根本治療まで行います。

  • 重症外傷、多発外傷
  • 脳血管障害、急性心筋梗塞、致死的不整脈
  • 敗血症、多臓器不全
  • 急性呼吸循環不全
  • 急性代謝性疾患
  • 劇症肝炎、重症肝不全
  • 神経及び筋疾患の急性期
  • 急性薬物中毒
  • 重症熱傷
  • その他の緊急を有する重症疾患

スタッフ紹介

救命センター長 落合 秀信 教授  救急専門医・指導医、脳神経外科専門医、脳卒中専門医、外傷専門医、脊椎脊髄外科専門医
副センター長 金丸 勝弘  講師 救急専門医・指導医、病院前救急医療、腎臓内科
  松岡 博史  助教 救急科専門医、集中治療専門医、麻酔指導医
医局長 長野 健彦  助教 救急科専門医、ER型救急、教育
教育医長 佐々木 朗  助教 救急科専門医、ER型救急、集中治療専門医
病棟医長・外来医長 畠中 健吾  助教 救急科専門医、中毒診療
  齋藤 勝俊  助教 救急・集中治療一般
  工藤 陽平  助教 救急・集中治療一般
  井之上 晃  医員 救急・集中治療一般
  東雲 崇之  医員 救急・集中治療一般
  田中 早紀  医員 救急・集中治療一般
  岩本 和樹  医員 救急・集中治療一般
  戸村  祐理子   医員 救急・集中治療一般
  三宅 良博  医員 救急・集中治療一般