病院紹介

救命救急センター

部署サイトへ


  • 連絡先 0985-85-9094

高度な医療又は特徴的な医療

  • 重症患者の受け入れ
    治療対象は交通外傷(多発外傷)、広範囲熱傷、急性薬物中毒、ショック、破傷風などの重篤な救急患者で、遠隔地からの患者搬入を可能にするためヘリポートを備えています。
  • 各診療科との協力による総合診療体制
    救急部と院内18診療科が協力して救急患者を診療します。複数の診療科にわたる重症救急患者にも対応可能で、高度の救命医療が行えます。
  • 3次救急医療施設
    救急車からの搬送依頼に加えて、初期救急医療機関及び二次救急医療機関の後方病院として、これらの医療機関からの紹介患者を常時受け入れています。

特徴的な医療機器等

1.搬送用及び重症呼吸不全用人工呼吸器

ニューパック社:ベンチパック5.レスピロニクス社:BiPAP.シーメンス社:サーボ300

2.搬送用生体監視装置

NEC三栄:プロパック.日本光電:BSM2102

3.換気力学モニター

バイコア社:CP100

スタッフ及び担当分野

センター長(併) 落合 秀信 教授 (脳神経外科・外傷外科・脊髄外科)
副センター長(兼) 伊達 晴彦 准教授 (循環器)
(医局長) 金丸 勝弘 助教 (病院前治療・ヘリコプター救急治療・外傷)
松岡 博史 助教 (集中治療・麻酔)
今井 光一 助教 (呼吸器)
病棟医長・外来医長 白尾 英仁 助教 (集中治療・小児・外傷)
安部 智大 助教 (救急一般・病院前救護)
矢野 公一 助教 (消化器外科・肝胆膵外科)
遠藤 穣治 助教 (循環器外科・心臓血管手術)
池尻 洋史 助教 (救急外傷・下肢外傷)
猪俣 尚規 助教 (救急外傷・脊椎外傷)
中村 嘉宏 助教 (外傷外科・関節外科・下肢外傷)
山口 奈美 助教 (救急外傷・スポーツ外傷)
船元 太郎 助教 (救急外傷・下肢関節外傷)