病院紹介

病院長挨拶

この度、平成28年4月に宮崎大学医学部附属病院の病院長を拝命しました。宮崎県民皆様からの信頼と期待に思いを馳せる時、その責任の重さに身の引き締まる思いです。精一杯努力しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮崎大学は地域活性化の中核となる大学として様々な改革を推進しています。大学病院にも、地域活性化、医療における地域貢献、地域で活躍する医療人の育成、県内の最後の砦としての高度な先進的医療の提供等がこれまで以上に要求されています。

わたしたちは、「診療、教育、研究を通して社会に貢献します」を大学病院の理念として掲げています。この3領域は大学病院の礎となる3本の柱として重要であり、それぞれの領域で優秀な人材を輩出し、世界に発信できる業績を積み上げることが責務であることは言を俟ちません。これに加えて今回、3領域のいずれであっても地域貢献に繋がるか、という視点が問われています。今後、大学病院の役割として地域貢献、地域活性化という方向性を明示し、県内唯一の特定機能病院として、県民の皆様の健康を支え、命を守る活動を推進していく所存です。

大学病院は県内唯一の特定機能病院として、これまでも地域の診療所や病院から高度な管理を要する患者さんの受け入れに努めて参りました。このような関係の中で培ってきた連携を基盤として、今後は若手医療人育成のためにさらなる連携が必要となります。地域で活躍する医療人の育成は、地域活性化の中核となるものです。地域の診療所や病院で活躍する若手医療人に、温かい理解と、愛情のこもった叱咤激励をお願いいたします。

わたしたちは、自ら掲げた大学病院の理念の実践に努め、県民の皆様の期待に応え、信頼に沿うべく努力を続けていきます。宮崎大学医学部附属病院を今後とも宜しくお願いいたします。