病院紹介

脳神経外科

講座サイトへ


  • 外来 0985-85-9351
    FAX  0985-84-4571
  • 医局 0985-85-9354

●当科の診療分野及び診療日割

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診
再診
特殊外来 頭痛・めまい・しびれ 頭痛・めまい・しびれ 頭痛・めまい・しびれ
脳卒中予防外来 脳卒中予防外来 脳卒中予防外来
顔面けいれん・三叉神経痛 顔面けいれん・三叉神経痛
脊椎・脊髄疾患 脊椎・脊髄疾患

●高度な医療又は特徴的な医療

  • LINACによる定位的放射線治療
    脳腫瘍や脳動静脈奇形に対し、直線加速放射線照射装置を用いてガンマナイフに匹敵する効果を上げる治療法です。
  • NBCAによる脳血管閉塞術
    脳動静脈奇形や硬膜動静脈奇形に対してマイクロカテーテルを挿入し、そこから塞栓物質であるNBCAを注入する治療法です。
  • 離脱式コイルによる血管内治療
    脳動脈瘤や硬膜動静脈瘻を閉塞させる目的で、マイクロカテーテルにより離脱式コイルを脳動脈瘤や静脈洞内に塞栓させる治療法です。
  • 悪性脳腫瘍の遺伝子診断
    手術により摘出した悪性脳腫瘍の遺伝子を解析することで、最も適した治療法を選択します。
  • 神経ナビゲーションを用いた脳腫瘍手術
    手術用ナビゲーションシステムを用いて、安全かつ確実に腫瘍を摘出する治療法です。
  • 神経内視鏡による治療
    神経内視鏡を使用した低侵襲な方法で、脳腫瘍摘出や組織生検、水頭症の治療を行います。
  • 閉塞生脳血管障害に対する急性期再開通療法
    脳血栓・脳塞栓症急性期において、マイクロカテーテルや血栓溶解薬などを用いて閉塞した血管を再開通させ、脳梗塞に陥る範囲を最小限に食い止める治療法です。
  • 経皮的血管形成術
    バルーンカテーテルやステントなどを用いて、血行再建を必要とする脳ならびに頸部血管狭窄を拡張させ、脳梗塞を予防する治療法です。
  • 脊椎固定術
    トラブルのおこった脊椎を金属などで固定し、脊椎の安定性を確保します。

スタッフ及び担当分野

科長 竹島 秀雄 教授 (脳腫瘍、機能的脳神経外科(三叉神経痛・片側顔面けいれん)、脊髄腫瘍)
副科長 上原 久生 准教授 (脳腫瘍、脳血管障害)
医局長 横上 聖貴 講師 (脳腫瘍、脳血管障害、血管内治療、脊椎・脊髄疾患)
病棟医長 山崎 浩司 助教 (脳神経外科一般、血管内治療)
外来医長 川添 琢磨 助教 (脳神経外科一般、血管内治療)
山下 真治 助教 (脳神経外科一般)
二見 宗智 助教 (脳神経外科一般)
松元 文孝 助教 (脳神経外科一般)
杉本 哲朗 助教 (脳神経外科一般)
 医員 水口 麻子 医員 (脳神経外科一般)

当科へ紹介される場合の留意点

ご紹介くださる医療機関の皆様へ

外来日は月・水・金ですが、緊急の場合はいつでも対応しておりますので、遠慮なくご連絡下さい。