病院紹介

麻酔科

講座サイトへ


  • 外来 0985-85-9889
  • 医局 0985-85-9357

●当科の診療分野及び診療日割

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診
再診

●高度な医療又は特徴的な医療

  • 硬膜外麻酔を利用した周術期疼痛管理
    手術開始前から硬膜外麻酔を利用して手術侵襲を抑え、術後もこれを利用して疼痛管理を行うことによって、手術からの早期回復を促します。
  • 神経ブロック療法
    交感神経ならびに感覚神経の過剰な興奮を局所麻酔薬でブロックすることで、疼痛を軽減ないし消失させます。
  • パルス高周波療法
    難治性疼痛に対してパルス高周波療法を行い、優れた治療効果を挙げています。
  • 硬膜外自己血パッチ療法
    脳脊髄液減少症疑いの患者に対して脳槽シンチグラフィーによる精査を行い、髄液の漏出が確認できれば硬膜外自己血パッチを行っています。

スタッフ及び担当分野

科長 恒吉 勇男 教授 (周術期管理)
副科長 白阪 哲朗 准教授 (周術期管理)
医局長 森 信一郎 助教 (全身麻酔)
外来医長 田中 信彦 講師 (ペインクリニック)
病棟医長 柏田 政利 助教 (周術期管理)
山賀 昌治 助教 (全身麻酔)
矢野 武志 助教 (周術期管理)
新福 玄二 助教 (全身麻酔)
小田 信子 助教 (全身麻酔)
田村 隆二 助教 (周術期管理)
越田 智広 助教 (周術期管理)
石山 健次郎 助教 (全身麻酔)
鬼塚  信 助教 (全身麻酔)
医員・大学院生 医員 8 名 大学院生 2 名

当科へ紹介される場合の留意点

ご紹介くださる医療機関の皆様へ

帯状疱疹後神経痛では、早期の集中的治療が大切です。睡眠時障害や食欲低下を起こすような強い痛みが持続する時には、早めにご相談ください。
癌性疼痛にも積極的に対応しています。モルヒネなどの医療用麻薬を増量しても痛みがとれないときは、神経ブロック療法も一つの手段です。
抗血小板薬や抗凝固薬を服用しているときには、神経ブロック療法を行えないことがあります。