病院紹介

小児科

講座サイトへ


    • 外来 0985-85-9881
      FAX 0985-85-9882
    • 医局 0985-85-9263

●当科の診療分野及び診療日割

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診 ◎(循環器のみ) ◎(循環器のみ)
再診
特殊外来 小児感染・免疫 小児感染・免疫 発達・総合外来(初診のみ) 循環器 小児感染・免疫
内分泌・代謝 循環器 内分泌・代謝 (先天性心疾患・不整脈・川崎病) 内分泌・代謝
腎臓 (先天性心疾患・不整脈・川崎病) 腎臓 血液・腫瘍 小児神経
小児神経 血液・腫瘍 小児神経 発達(再診のみ)
発達(再診のみ)

●高度な医療又は特徴的な医療

  • 先天性心疾患のカテーテル療法
    カテーテルを用いて、肺動脈狭窄などを経皮的に拡大させ、
    手術せずに先天性心疾患を治します。
    先天性心疾患の手術前後の客観的心不全評価、治療効果に
    関し迅速BNP測定系を用いることにより、より確実なものと
    している。
  • 特殊感染症と原発性免疫不全の診断と治療
    各種免疫不全の分子生物学的診断と治療。
    インフルエンザ脳症などアポトーシスを病態とした疾患の治療。
  • 先天性甲状腺機能低下症と肥満の分子生物学的アプローチ
    臨床検査医学講座と共同で甲状腺の発生、機能の解析を行
    います。肥満症や「食べない子」の診療の栄養状態を評価し、
    診療に役立てています。
  • 在宅人工呼吸管理
    重症心身障害児や神経筋疾患の患者さんに、在宅人工呼吸管
    理も行い、QOLの向上に役立てています。
  • 末梢血幹細胞移植術
    予後不良な小児がんに対して超大量化学療法を行い、その
    後末梢血幹細胞移植を行い、がん細胞を根絶、小児がんの
    完全治癒を目指していきます。
  • 小児がんの分子生物学的診断と微小残存腫瘍の検出
    染色体で転座異常のある小児がんの診断と骨髄、血液中に
    がん細胞が残っているかを迅速、正確、かつ高感度(100万
  • 腎生検による組織診断と血液浄化療法を用いた治療
    腎生検によって各種腎疾患の組織診断を行い、組織障害に
    応じた治療を行います。また、難治性のネフローゼ症候群
    や慢性腎炎に対して血漿交換やLDL吸着療法を用いた積極的
    治療を行っています。

スタッフ及び担当分野

科長 布井 博幸 教授 (小児感染免疫アレルギー・血液疾患)
副科長 盛武 浩 准教授 (小児血液疾腫瘍)
医局長 高木 純一 講師 (小児循環器)
外来医長 今村 秀明 助教 (小児腎臓病)
病棟医長 中原 彰彦 助教 (小児神経)
澤田 浩武 講師 (小児内分泌・代謝)
此元 隆雄 助教 (小児腎臓病)
下之段秀美 助教 (小児血液腫瘍)
池田 俊郎 助教 (小児神経)
近藤 恭平 助教 (小児循環器)
澤  大介 助教 (小児血液疾腫瘍)
医員・大学院生 医員 13 名 大学院生 1 名

当科へ紹介される場合の留意点

ご紹介くださる医療機関の皆様へ

診療がスムーズに行えるよう事前に予約をお願い致します。
ご紹介いただく施設で行われた検査等ありましたら結果を持参頂ければ幸いです。