• 在学生の方へ
  • 共用試験

共用試験(OSCE,CBT)の取り扱いについて

共用試験(OSCE,CBT)の取り扱いについて(平成19年度以降入学者)

共用試験は、平成17年度から正式実施となった医歯学の臨床実習開始前の学生の知識と技能を、全国で標準化して評価する試験です。(社)医療系大学間共用試験実施機構が管理しているが、実際の試験は各大学がそれぞれのカリキュラムに合わせて自主的に実施し、評価結果の活用方法も各大学に任されています。

医学科では5年次への進級判定に使用しています。主として知識を評価するCBT(Computer-based testing)と技能・態度を評価する客観的臨床能力試験(Objective structured clinical examination,OSCE)とに分かれています。

なお、共用試験を受験するためには受験料25,000円(令和2年度現在)が必要となります。