受験生へ

看護学専攻教育方針

教育方針(アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー)
医科学看護学研究科 修士課程(看護学専攻)

教育理念

<基本理念>

生命の尊厳を基盤に生活者のQOLの向上を目指し、批判的思考や高度な問題解決能力を持って、看護介入の方法を探究・実践・開発できる人材を育成し、地域の保健医療福祉の向上と看護学の発展に寄与する。

<教育目標>

各種の医療機関、保健・福祉施設、教育・研究機関等において、倫理観を基盤にした批判的思考や問題解決能力を有し、看護実践・指導・研究・教育ができる人材を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

問題解決能力を有する看護実践者の育成と看護学の教育・研究者の素地育成を目的として、各種の医療機関、保健・福祉施設、行政、教育・研究機関などにおいて、看護実践・指導・研究・教育ができる人材の育成を使命としています。したがって、本課程では、次のような人を求めます。

  1. 専門職業人として看護実践の質向上を図るために、より高度な問題解決能力や実践成果の検証方法の探究を志す人
  2. 看護の分野において、専門的知識と学識及び基本的研究能力を培い、看護領域の教育者・研究者を志す人
  3. 他の分野で培った専門知識・技術を基盤として、地域の保健・医療・福祉分野での実践、教育、研究の発展に寄与することを志す人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

教育理念・目標に基づき豊かな人間性と倫理性を身につけ、幅広い知識と高度な専門技術を修得し、各種の医療機関、保健・福祉施設、行政、教育・研究機関において、看護実践・教育指導・研究を担う人材を育成するため、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成・実施します。

  1. すべての学生が幅広く専門知識を修得するため、共通科目を設置する。
  2. ヒューマンケアとしての看護学を理解するため、「看護倫理実践論」を必修科目として設置する
  3. 専門的な高度の知識や技術を体系的に学ぶため、各専攻分野に必修科目と選択科目を設置する。
    (修士論文コース)
    1)基盤看護学分野は、看護の対象者の理解を基盤に、人間の個体としての特性や様ざまな看護現象、及び生活者の精神的健康、広域的・社会的健康特性を重視した教育・研究を行なう能力を育成するための科目を設置する。
    2)実践看護学分野は、ライフサイクルの視点から対象者の健康生活現象を捉える研究と看護介入に必要な理論・技法を探究し、先進的な看護実践能力を育成するための科目を設置する。
    (専門看護コース)
    ・専門看護師として身につけるべき機能(実践・教育・相談・研究・ケア調整・倫理的調整)に関する教育内容を科目として設置する。
  4. 獲得した知識や技術を統合し、課題の解決と新たな価値の創造につなげていく能力や態度を育成するため、「特別研究」を設置する。
  5. 成績評価基準に基づき、適切な評価を行なう。

ディプロマ・ポリシー (修了認定・学位授与に関する方針)

本学の規定する修業年限以上在学し、以下の素養を身につけるとともに、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文審査及び最終試験に合格した学生に、修士(看護学)の学位を与えます。

  1. 幅広い専門知識と高い倫理性及び社会に対する責任感を持ち、地域・社会に貢献できる。
  2. 専門職業人として看護実践の質向上を図るため、より高度な問題解決能力や実践結果の検証方法を用いることができる。
  3. 看護活動の拡大・専門化に応じて、主体的に課題・問題を探究し、看護実践・教育・研究の場で活動できる。