受験生へ

医科学専攻教育方針

教育方針(アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー)
医科学看護学研究科 修士課程(医科学専攻)

教育理念

<基本理念>

広い視野に立った精深な学識を教授し、専攻分野における研究能力又は高度の専門性を有した人材を育成することで、医学・医療の発展と社会福祉に貢献する。

<教育目標>

他の学問分野の知識・技術を身に付けた人材が医学的な思考方法を修得し、将来、医学・医療分野において研究及び教育に参画し、今後の医学・医療のさらなる発展に貢献する能力を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

広い視野に立って精深な学識を修得し、専攻分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うことを目的とし、医学の発展と社会の福祉の向上に寄与する人材の育成を使命としています。したがって、本課程では、次のような人を求めています。

  •  医学の基本的知識や研究手法を修得することで、これまでに培った専門分野での研究・技術開発に新たな視点から取り組むことを志す人
  •  他の学問分野の専門知識・技術を基盤として、新たな視点で医学・医療、福祉分野での問題解決に取り組むことを志す人
  •  他の学問分野で培った専門知識・技術を基盤として、学際的視野から生命科学研究の発展に寄与することを志す人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

入学当初に医科学の基礎知識を修得し、後半からは基礎実習を行い、基礎的研究手技を習得させ、理解を深めます。その後は、配属された研究室において指導教員の指導により専門領域の知識・技術を身につけます。
他の学問分野の知識・技術を生かし、新たな視点から医科学研究に取り組むことにより、今後の医学・医療のさらなる発展に貢献する人材を養成します。

ディプロマ・ポリシー (修了認定・学位授与に関する方針)

本学の規定する修業年限以上在学し、指導教員の指導の下、所定の単位を修得するとともに、学位論文の審査及び最終試験に合格した学生に修士(医科学)の学位を与えます。