学部案内

医学部長挨拶

 

宮崎大学医学部医学科は昭和49年に設立された宮崎医科大学が前身であり、平成13年には看護学科が併設されました。平成15年10月年に旧宮崎大学と統合して、宮崎大学医学部の医学科および看護学科として、現在まで多くの優秀な医療人・医学研究者を世に送り出しています。わたくしたちは、日頃から統合後の新生宮崎大学のスローガンである『世界を視野に地域から始めよう』のもと、地域社会はもとより広く世界に通用する医療人、医学研究者の育成を目指しています。医学科の卒業生は、臨床医、医学研究者、あるいは医学教育者として幅広い分野で活躍し医学の発展と福祉の向上に寄与しています。また、看護学科の卒業生は、人間性豊かな看護師、保健師、または助産師として人々の健康への援助を実践し、看護学の発展ならびに社会福祉に貢献しています。

看護学科では、1年生では共通科目の履修と同時に専門基礎科目および専門科目の講義が始まり、進級するにしたがって専門基礎科目や専門科目を重点としたカリキュラムが設定されています。また、1年生2年生の時は単発的な臨床実習を経験しますが、3年生の後期からは、附属病院や関連する病院や施設に本格的な臨床実習が始まります。一方、医学科では、1年生より看護学科と同じように共通科目の履修と同時に専門基礎科目の講義が始まり、2年生からは基礎医学科目が加わり3年生までに基礎医学科目の履修はほぼ修了します。4年生では臨床医学科目を履修し5年生からは附属病院や関連病院での臨床実習が始まります。看護学科および医学科の4年間・6年間のそれぞれの学生生活後、国家試験を経て社会へ飛び立つことになります。

大学を卒業後、あるいは社会人となった人でも、もっと専門的な分野を深く学問的に追究したい、あるいは医学研究者の道を歩きたいなどの希望者のために、医学獣医学総合研究科(修士課程及び博士課程)及び看護学研究科(修士課程)を設置しており、意欲に満ちた学びとを広く募集しています。これまで医学部では、多くの世界的な研究プロジェクトが創出されていますが、その中で『生理活性ペプチドと生体システム制御』に関する研究は世界最高レベルで進行しており、多くのすばらしい業績を世に送り出しています。また、宮崎県内を一つの周産期医療ネットワークとして構築し、周産期医療体制を万全な体制に確立し、なおかつそのシステムによる発達期脳障害の研究をスタートし、あるいは宮崎スポーツメディカルサポートシステムを全県的に確立して医療界や行政をも網羅したスポーツ医学の啓発を行い、スポーツ立県の目標を支えており、地域に根ざした臨床・研究活動も盛んに行われています。さらに寄附講座として地域医療・総合診療医学講座を設置しており、地域医療に関する専門的な研究を開始するとともに、地域に密着した医療提供を阻害する諸問題に関する解決策を発信していくことだろうと期待しています。

このような環境の下で医学を学び、世界のあらゆる分野に飛び立ちたいと考える意欲に満ちた学生諸君の入学を歓迎し、その今後の活躍を期待したいと思います。