学部案内

医学部長挨拶

宮崎大学医学部医学科は昭和49年に設立された宮崎医科大学が前身であり、平成13年には看護学科が併設されました。平成15年10月に旧宮崎大学と統合して、宮崎大学医学部の医学科および看護学科として、現在まで多くの優秀な医療人・医学研究者を世に送り出しています。わたくしたちは、日頃から統合後の新生宮崎大学のスローガンである『世界を視野に地域から始めよう』のもと、卒前・卒後の一貫教育と宮崎の地域医療に貢献できる優秀な医療人の輩出に全力を尽くすと共に、広く世界に通用する医療人、医学研究者の育成を目指しています。医学科の卒業生は、臨床医、医学研究者、あるいは医学教育者として幅広い分野で活躍し医学の発展と福祉の向上に寄与しています。また、看護学科の卒業生は、人間性豊かな看護師、保健師、助産師、看護学研究者あるいは看護学教育者として人々の健康への援助を実践し、看護学の発展ならびに社会福祉に貢献しています。

医学科は、平成30年度に日本医学教育評価機構による医学教育分野別認証を受審し、機構による実地訪問調査を経て、国際基準に沿った医学教育を行っている機関として認証されました。1年生では基礎教育科目の履修と同時に専門基礎科目及び基礎医学科目の講義が始まり、3年生からは臨床医学科目が加わり、4年生後学期からは約2年間のクリニカル・クラークシップ(診療参加型臨床実習)が附属病院や関連病院で始まります。国立大学法人としては全国初の取り組みである指定管理制度を利用した地域医療機関(宮崎市立田野病院)と介護老人保健施設(さざんか苑)の運営や地域自治体および医師会との密接な関係を最大限活用し、さまざまな地域医療機関での診療参加型臨床実習を必ず経験するカリキュラムとなっています。特に、地域包括ケアシステムの構築が急務となっている昨今の状況に鑑み、上記の指定管理医療機関と介護老人保健施設を医学生・看護学生向けの地域医療教育及び地域包括ケアを学ぶ場として積極的に活用しており、地域医療・総合診療医学講座(寄附講座)が中心となって、地域で活躍できる総合医の養成を行っています。卒前医学教育における医学教育分野別認証評価の導入、臨床研修制度の見直し、新専門医制度の開始など、医学教育・医師養成制度は現在大きな変革期を迎えております。本学部では、卒前・卒後を通して一貫した医師養成を支援・実践するための医療人育成支援センターを設立しており、きめ細かく学生と研修医のニーズの応えるとともに、多くのシミュレーターによる充実したシミュレーション教育も行われています。

看護学科は、1年生では基礎教育の科目の履修と同時に専門基礎科目および専門科目の講義が始まり、進級するにしたがって専門基礎科目や専門科目の講義が始まり、専門に重点を置かれて、経年的に知識・技術が積み重ねられるカリキュラムになっています。また、1年生、2年生の時には単発的な臨地実習を経験しますが、3年生後学期からは、附属病院や関連する病院や施設に本格的な臨地実習が始まります。

さらに、医学科と看護学科共に、世界を視野に入れた国際感覚を持った医療従事者の育成のため、医学科研究室配属(3年生)、医学科クリニカル・クラークシップ、看護学科臨地実習(4年次)等における海外関連施設への学生派遣や海外学生の受け入れに積極的に取り組んでおり、そのための充実した英語教育カリキュラムも整備されています。

大学を卒業後、あるいは社会人となった人でも、専門的な分野をより深く学問的に追究したい、あるいは医学研究者の道を歩きたいなどの希望者のために、医学獣医学総合研究科(修士課程及び博士課程)および看護学研究科(修士課程)を設置しており、意欲に満ちた学びを広く募集しています。これまで本学部では、多くの世界的な研究プロジェクトが創出され、すばらしい業績を世に送り出してきました。更に、医学獣医学が融合した総合研究科は全国でも初めての試みであり、医学部と農学部獣医学科との連携による特色ある世界レベルの先端的な研究を推進しています。

また、地域での先進的な取り組みとして、宮崎県内を一つの周産期医療ネットワークとして構築し、周産期医療体制を万全な体制に確立し、なおかつそのシステムによる発達期脳障害の研究をスタートしている一方、宮崎スポーツメディカルサポートシステムを全県的に確立して医療界や行政をも網羅したスポーツ医学の啓発を行い、スポーツ立県の目標を支えております。さらに、宮崎の特性を活かしたHTLV-1感染からATLへの包括的研究医療推進、ロコモティブシンドロームの病態解明・対策(地方創生・ロコモザワールド宮崎の構築)および血液・血管先端医療学講座(寄附講座)を中心とした東九州メディカルバレー構想における血液や血管に関する医療等の医療機器開発等地域に根ざした臨床・研究活動も盛んに行われております。

このような環境の下で医学および看護学を学び、世界のあらゆる分野に飛び立ちたいと考える意欲に満ちた学生諸君の入学を歓迎し、その今後の活躍を期待したいと思います。