宮崎医科大学・宮崎大学医学部医学科同窓会 篠懸会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

宮崎医科大学・宮崎大学医学部医学科同窓会会則

第1条 本会は、宮崎医科大学・宮崎大学医学部医学科同窓会(篠懸会)と称する。
第2条 本会は、会員相互の親睦を図るとともに母校の発展に協力し、併せて医学界の振興に寄与することを目的とする。
  2. 本学は、前項の目的を達成するため、次の事業を行う。
    ⑴ 会誌の発行
    ⑵ 会員名簿の発行
    ⑶ その他、役員会等で必要と認めた事業
第3条 本会の本部は、宮崎大学医学部学内に置く。支部を都道府県又は地区ごとに置くことができる。
第4条 本学の会員は、正会員、準会員及び特別会員をもって組織する。
    ⑴ 正 会 員 宮崎医科大学・宮崎大学医学部医学科の卒業生
    ⑵ 準 会 員 宮崎大学医学部医学科の在学生
    ⑶ 特別会員 宮崎医科大学・宮崎大学医学部医学科で現・旧の講師以上の教官とする
    ⑷ 賛助会員 本会の目的に賛同する準会員の保護者である宮崎大学医学部医学科後援会会員
第5条 本会に役員及び評議員を置き任務は次のとおりにする。
  2. 役員
    ⑴ 会 長 1 人 本会を代表し、会務を総理する。
    ⑵ 副会長 2 人 会長を補佐し、会長に事故があるときはその任務を代行する。
    ⑶ 理 事 若干名 会務を分担処理する。
    ⑷ 監 事 1 人 本会の事業及び会計を監査する。
  3. 評議員 若干名 会員を代表し、評議員会を組織して本会の重要事項を審議する。
第6条 役員・評議員の任期及び選出方法は次のとおりとする。
  2. 役員及び評議員は2年とする。ただし、再任を妨げない。
  3. 役員は、評議員会において正会員(宮崎周辺在住の会員)の中から選出する。ただし、監事は、正会員または準 
    会員以外から選出する。
  4. 評議員は、原則として卒業年度ごとにそれぞれ1人を選出する。
第7条 本会の支部に支部長を置き、支部長は支部会員の推薦によって会長が委嘱する。
  2. 支部長は、本部との連絡を円滑にし、本会の目的達成に尽力するものとする。
第8条 本会の会議は、総会、役員及び評議員会とする。
  2. 総会は、原則として年一回本部において開催する。
  3. 総会は、役員会において承認された当該年度の事業計画、予算及び決算案を議決する。
  4. 役員会は、会長が必要と認めたとき、これを招集する。
  5. 評議員会は、会長が認めたとき又は評議員在数の3分の1以上の要請があったとき招集する。
  6. 総会、役員会及び評議員会は、構成員の半数以上の出席により成立する。ただし、委任状による出席を認める。
  7. 議決は、出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合は、議長がこれをきめる。
  8. 総会が開催されない場合は、評議員会の決議をもって最終決議とすることができる。
第9条 本会の経理は、入会金、会費、寄付金及びその他の収入をもって充てる。
  2. 入会金 正会員及び賛助会員は入会時に入会金として、5千円を納入する。入会して3ヶ月経過後の退会につい
    ては入会金は返還しない。
  3. 会 費 正会員及び賛助会員の会費は毎年度5千円とし原則として退会に伴う会費の返還は行わない。準会員及 
    び特別会員の会費は要しない。
  4. 寄付金 本活動の趣旨に賛同する方から随時募る。寄付金は1口5千円とし口数に制限を設けない。
第10条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月末日までとする。
第11条 会員は、氏名、住所、職業等に異動が生じた場合は、その都度本部又は支部に連絡すること。
第12条 本会の事務上必要な事項についての細則等は、役員会の承認を得て、会長がこれを定める。
第13条 この会則の改正は、役員会の審議を経て総会の承認を得るものとし、第8条8項の適用範囲とする。
第14条 本同窓会活動において特に顕著な功績のあったものに対し、評議員会で推薦し、総会で決議をもって、名誉会
     員(会長経験者は名誉会長)の称号を贈る。それに伴う金銭の贈呈は行わない。

    附  則
  1. この会則は、昭和55年3月25日から施行する。
  2. この会則は、昭和59年6月7日から一部改正施行する。
  3. この会則は、平成15年10日1日から一部改正施行する。
  4. この会則は、平成16年11月26日から一部改正施行する。
  5. この会則は、平成26年11月15日から一部改正施行する。